カナダの住宅は高い?都市別の戸建・タウンハウス・コンドの住宅価格一覧(2017年12月末時点)

更新 | 2017-12-28公開
1186

カナダの家はいくらで買えるのか?

カナダの主要都市別に、一戸建て住宅、タウンハウス(集合住宅)、コンドミニアム(マンション)の平均販売価格をご紹介です。

カナダの都市別住宅価格

それでは、カナダ主要都市の住宅価格一覧のご紹介です。2017年12月末現在、MLSに登録されている実際の販売物件の掲示価格(中央値)を表しています。

MLSとは?

MLS(マルチプルリスティングサービス)とは、カナダ不動産業者協会が運営する不動産物件情報システムです。日本では不動産会社毎に自社で取り扱っている物件が異なりますが、カナダではほとんどの不動産物件がMLSに登録されているため、不動産協会に加盟している全ての不動産会社・不動産エージェントが同じ物件情報を取り扱っています。

 

なお、中央値のデータなので、一部の超高級住宅が平均価格を釣りあげるということがなく、実際に販売されている物件の中心価格となります。

 都市名州 一戸建てタウンハウスコンドミニアム
セントジョンズNL$290,000$300,000
プリンスエドワート島(州全体)(※)PEI$195,000
ハリファックスNS$450,000$408,000$280,000
モンクトンNB$180,000$199,000$150,000
モントリオール(※)QC$470,000$305,000
オタワON$553,000$370,000$298,000
キングストンON$414,000$354,000$270,000
トロントON$1,300,000$799,000$540,000
ミシサガON$1,100,000$653,000$425,000
オークビルON$1,400,000$750,000$558,000
ハミルトンON$580,000$479,000$340,000
キッチナーON$600,000$382,000$325,000
ロンドンON$533,000$325,000$406,000
ウィンザーON$286,000$237,000$195,000
ウィニペグ(※)MB$290,000 –
レジャイナSW$309,000$295,000$224,000
カルガリーAB$535,000$360,000$280,000
エドモントンAB$455,000$300,000$215,000
ケロウナBC$825,000$509,000$380,000
ノースバンクーバーBC$2,300,000$1,300,000$838,000
バンクーバーBC$3,000,000$1,500,000$999,000
ウエストバンクーバーBC$4,400,000$2,100,000$1,500,000
リッチモンドBC$2,200,000$958,000$692,000
ビクトリアBC$999,000$560,000$446,000

データ元:ZoloCREAMontreal Gazette
※プリンスエドワートアイランド、モントリオール、ウィニペグについては、MLSの掲示価格ではなく、2017年第3四半期の販売価格のデータです。

最も住宅価格が高騰しているのは、やはりバンクーバー地域です。バンクーバーの戸建て価格は300万ドル(約2億7千万円)、ウエストバンクーバーでは440万ドル(約4億円)と、極々一部の富裕層でないと手の届かない価格になっています。中央値でこの数字は驚きですね。

また、トロント地域も住宅価格がここ数年高騰しています。トロントでは戸建ての住宅価格は130万ドル(約1億1千万円)、トロント近郊の高級住宅地が立ち並ぶオークビルでは140万ドル(約1億2千万円)となっています。

トロントの物価価格は2017年春に一時下落していたものの、再び上昇が続いており、2018年もさらなる高騰が続くと予想されています。

ちなみに、日本で最も住宅価格が高い都市、東京都の平均住宅価格はというと、世田谷区の新築戸建て住宅で7,655万円。港区の新築分譲マンションで1億4293万円となっています。(2017年1~10月の販売価格)→参考データ:三井住友トラスト不動産

都心部のタワーマンションの価格が高騰しているものの、全体で見れば、東京よりもトロントやバンクーバーの住宅価格のほうがよっぽど高いと言えると思います。

ただ、今回ご紹介している価格は「提示価格」であり、実際に購入された価格とは多少異なります。提示価格よりも低い値で売れることもあれば、人気物件の場合は提示価格よりも高い値で入札されることもありますので、住宅価格の大まかな目安としてご参考ください

カナダの住宅の種類

今回ご紹介した住宅価格データは、一戸建て、タウンハウス、コンドミニアムという3つの住宅タイプに分かれていました。それぞれの住宅は、下記のような違いがあります。

一戸建て(Single Detached)

独立した一戸建て住宅です。シングルハウスやデタッチドハウスと呼ばれています。ほとんどの一戸建て住宅にはバックヤードと呼ばれる裏庭があります。

タウンハウス(Townhouse)

日本の長屋のように、隣同士がつながった集合住宅です。2階建てのタウンハウスの場合、地下から2階までが一つの家になっています。バックヤードと呼ばれる裏庭付きの物件が多く、上下階の騒音も気にする必要がないのでため、一戸建てのような感覚です。

コンドミニアム(Condominium)

コンドミニアムは、言わゆる日本のマンションです。月々の管理費が必要ですが、プールやジム、パーティルームなどの設備が用意されていることが多く、オートロックで防犯面も安心でき、雪かきや芝刈りの手間も不要です。


以上、カナダの都市別住宅価格相場のご紹介でした。

特に都市部ではカナダの住宅価格がいかに高騰しているかがお分かりいただけかと思います。

住宅価格は今後も高騰が続くと言われていますし、金利も上昇しています。2018年からは住宅ローン審査の厳格化も始まります。カナダの住宅購入事情はますます厳しくなる一方ですね。

なお、賃貸住宅に関しては、下記の記事で都市別平均家賃をご紹介していますので、合わせてご参考ください。

 関連記事 

カナダの家賃っていくら?都市別賃貸住宅賃料(2017年11月発表分)

 カナダ生活関連なら下記もおすすめ 

カナダのお金持ちの都市は?州別・都市別の「平均世帯収入」
カナダで家購入!年収いくら必要?都市別住宅価格ランキングと2015年住宅価格の変動状況
カナダの大学留学、気になる全費用は?現大学生2万3千人に聞いたリアルな数字
新移民には特に厳しいカナダの平均所得事情
【2017年版】カナダ移住どこが住みやすい?移民向け都市ランキング
住みやすい国って本当?カナダ移住のメリット・デメリット|①メリット編
海外移住・カナダ移住のメリット・デメリット(②デメリット編) 幸せな国でも辛かった?