2021年版おすすめカナダ留学エージェント5選|バンクーバーとトロントで評判の良い会社はココ!

更新 | 2021-04-02公開

カナダ留学やワーホリ中にお世話になりたい留学エージェント。

余計な手間と時間を省けるのはもちろんのこと、現地にオフィスがあるエージェントを選べば、学校紹介や、手厚い現地サポートが無料になるだけでなく、学費割引になることも。

留学するなら利用しない手はありません!

今回は、留学エージェントの選び方のポイント、そして、バンクーバーとトロントエリアに現地オフィスがある留学エージェントの中でも、おすすめのエージェント5社をご紹介します。また、実際にエージェントを利用した留学生が書いた個人ブログも併せてご紹介するので、リアルな口コミや評判も分かりますよ。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学に関する手続きを代行してくれる留学斡旋会社です。

留学に関する相談から、学校選びのアドバイス、留学プランの提案、ビザ申請、学校入学手続きなどを行ってくれます。留学エージェントを利用することで、時間が大幅に短縮できるだけでなく、不安をサポートしてくれる心強い存在です。

留学エージェントには、主に下記の2タイプがあります。

  1. 日本国内拠点のエージェント
  2. 現地拠点のエージェント

国内エージェントと現地エージェントの比較

国内現地
本社日本現地
特徴大手
国内主要都市にオフィス
世界各国の留学に対応
学校紹介手数料が有料
小規模経営
現地オフィス
特定国に特化
学校紹介手数料が無料
メリット手厚い一括サポート
各国の比較情報が豊富
対面相談ができる
渡航前の無料英語レッスン
サポート料金は無料(空港送迎など一部有料)
現地サポートが充実
現地で紹介できる学校が多い
滞在先、飛行機、保険などは自由
デメリットサポート費用や学費が高額
現地サポートが手薄/有料
紹介できる学校が少なめ
ホームステイ推奨
飛行機、保険などが選べないことも
学校紹介に偏りがあるエージェントも
自分である程度の手配も必要
渡航前の対面相談ができない
時差で回答が遅れることも

 

日本国内エージェント

国内エージェントは、留学フェアや雑誌などでも見かける大手会社が多くなっています。国内型のポイントは3つ。

パッケージ型が多い

学校紹介だけでなく、飛行機やビザ、保険など、まるごと一括でサポートしてくれる、パッケージ型の提案がほとんど。大手の安心感と、手厚いサポートが魅力です。時間がなく、留学に関する手続きを全て任せたいという方にはおすすめ。

各国の情報が豊富

各国の留学情報が豊富なので、渡航先に悩んでいる方は、まずは国内エージェントに相談してみるのがおすすめ。自分にあった留学先を教えてくれるはずです。

留学費用が高め

ただ、留学フェアや各種メディアへの多大な広告費がかかっている分、利用費用は現地エージェントに比べると高額。サポート費用はもちろん、留学先も学費が高めの学校が多いようです。費用が高額な反面、現地では提携先のオフィスを利用することが多いので、渡航中の現地サポートは手薄になりがちです。

現地エージェント

現地型エージェントは、広告費をさほどかけず、現地特化で運営している小規模経営の会社が多くなっています。

斡旋料が無料

国内型と違って、カウンセリングや学校手配が無料です。中には、ビザの申請も無料で提供しているエージェントも。

紹介できる学校が多い

現地に特化しているため、国内エージェントに比べると、紹介できる学校数が多め。

ただし、中には、実績が少なく、提携している学校が限られていたり、会社利益を優先し、偏った学校紹介をするエージェントもいます。学校の選択肢が充実しているエージェントを選ぶことが大切です。

現地サポートが無料&充実

エージェントは、学校側から支払われる紹介料で経営が成り立っているため、現地で受けられるサポートは基本的に無料です。(ただし、空港送迎や、ホームステイ先の斡旋などの一部サービスは有料)

荷物一時預かりや銀行開設サポート、現地オリエンテーション、コピー無料など、留学生活の基盤作りに、現地サポートは大変ありがたい存在です。また、渡航中の緊急事態や、留学中の不安に、現地時間で相談に乗ってくれるのも、現地エージェントならでは。

渡航前のサポートが手薄になりがち

現地エージェントのデメリットとして、渡航前に対面でゆっくり相談できない、渡航前のサポートが手薄になりがち、といった点が挙げられます。

中には、日本オフィスを開いていたり、LINEなどで即回答しているエージェントもあるので、そういったエージェントを選べば、国内エージェントと現地エージェント、どちらのメリットも兼ねそろえることができると言えます。

おすすめ
留学先がある程度絞れている場合は、手数料無料で留学中の手厚いサポートが見込める「現地エージェント」がおすすめ。日本オフィスも構えた現地エージェントなら、渡航前から安心です。

 

バンクーバーのおすすめエージェント

カナダ留学で一番の人気都市、バンクーバー。バンクーバーに直営オフィスを構えるエージェントの中のでも、先ほどのおすすめポイントを踏まえた3社をご紹介です。

カナダ留学コンパス

カナダ留学コンパストップページ

まず、バンクーバーエリアでおすすめなのが、カナダ留学コンパスです。

留学コンパスの一番のメリットが、利益目的の偏った学校紹介をしていないこと。長年の実績から、カナダ全土の学校と強い提携を築いているため、どの学校を紹介しても会社側が得られる報酬に大差がなく、質の高い学校紹介ができるそう。

サポートの手厚さも◎。東京オフィスもあり、留学前からの対面相談が可能ですし(ただし、予約制)、無料荷物一時預かり、コピー無料、毎週のイベントなど、現地サポートも充実しています。渡航前から帰国まで、専属のスタッフが付いてサポートしてくれる点も安心です。

また、留学コンパスは、毎年1000人以上の利用者に対してアンケート調査を実施し、学校ランキングを発表しています。数多くの学校の評判が、留学生の実名/写真付きで公開されているので、留学生の生の声を知りたい方は要チェックです。

個人的に安心できると感じたのが、移民コンサルタント資格を持ったスタッフがいること。ビザ申請のサポートや、カナダ移住を目指した留学も、安心して相談できます。

カナダ留学コンパス公式ページへ

メリット
  • 毎年1000人以上の利用実績で安心
  • 利益目的の偏った学校紹介をしていない
  • 移民コンサルタント有資格者がおり、移民相談もできる
  • 12週以上の学校申込で学生ビザ代行申請が無料
デメリット
  • 東京オフィスでの面談は予約が必要
有料サポート
  • 空港送迎$100
  • ホームステイ手配$230
  • ビザ代行申請$300(12週以上学校申込で$0、8週以上学校申込で$100)
個人ブログでの評判

 

アブロードカナダ

アットホームで親身なサポートでおすすめなのが、アブロードカナダです。

現地に到着してからのオリエンテーション、レジュメ作成サポート、日本の携帯電話への電話などが無料ですし、12週以上学校に申し込んだ方は学生ビザ・ワーホリビザの申請サポートが50ドルになります。

日本オフィスがないため、説明会以外では、渡航前に直接相談する機会がありません。ただ、料金は現地到着後に支払うことも可能なので、現地エージェントに不安を覚える方でも安心です。

アブロードカナダ公式ページへ

メリット
  • 現地サポートが充実
  • アットホームで手厚いサポート
  • 現地払い可能
デメリット
  • 社長含めスタッフ数名の小規模経営
  • 繁忙期はサポートが手薄になる可能性あり
有料サポート
  • 空港送迎$100
  • ホームステイ手配$200
  • ビザ申請サポート$175(12週以上の学校申し込みで$50)
個人ブログでの評判

 

JP Canada 留学センター

充実した現地サポートでおすすめなのが、JP Canada留学センター

留学生同士の交流を図るイベントも豊富ですし、現地オフィスでは日本への国際電話無料、コピー無料、日本の雑誌や本の閲覧など、利用する人には嬉しいサポートです。学校申込でビザの申請サポート費用も無料です(条件は要問合せ)

また、日本にも東京と大阪にオフィスがあり、渡航前から相談に乗ってもらうこともできます。

ただし、申し込みが1か月を切っている場合は緊急手配料、学校申し込み期間が4週間未満の場合は短期手配料、学校申し込み期間が7週間以内だと現地サポートは有料となっています。学校申し込み期間が短期だったり、直前申し込みになる方はご注意ください。

JP Canada留学センター公式ページへ

メリット
  • 東京・大阪にオフィスがあり、渡航前から直接相談可能
  • イベントや現地サポートが充実
  • ビザ申請サポートが無料(条件あり)
デメリット
  • 短期や直前の学校申し込みが有料
  • HP上で有料サービスなどの詳細が分かりにくい
有料サポート
  • 空港送迎・現地オリエンテーション$100~
  • ホームステイ手配$200
個人ブログでの評判

トロントのおすすめエージェント

最近留学生に人気が高まっているトロント。トロントエリアに直営オフィスを持つおすすめ留学エージェントはこの2つ。

Brand New Way

充実した現地サポートでおすすめなのが、Brand New Wayです。

毎日開催される無料英語クラス、トロントオフィスには8000冊以上を取りそろえた無料漫画喫茶、月一回の無料フードパーティ、週一のお菓子の日など、留学生同士の交流イベントやワークショップが毎日開催されています。また、有料ではありますが、ヨガクラス、前髪カット、ネイル出張などもあり、幅広さに驚きます。

あまりに利用しすぎては、肝心の留学本来の目的から外れてしまいますが、留学生活の情報収集の場としては活用できると思います。

また、ビクトリアとモントリオールに直営オフィス、バンクーバーやカルガリーには提携オフィスがあるため、都市を移動しても、継続して現地サポートを受けることができます

ただ、大手ということもあり、有料の手配料は他社よりも少々高め。

Brand New Way公式ページへ

メリット
  • 充実した現地サポート
  • 無料英語クラスや講習会、各種イベントが充実
  • 都市を移動しても現地サポートの継続可能
デメリット
  • 有料サポートの料金が高め
有料サポート
  • 空港送迎$125(4週間以上の学校申し込みで$100)
  • ホームステイ手配$250(4週間以上の学校申し込みで$200)
  • カナダ国外ビザ申請サポート22000円(学校申し込みで割引有)
個人ブログでの評判

 

Go Canada

カナダトロントの留学エージェント「Go Canada」

トロントエリアで安心して留学したい方におすすめなのが、長年の実績があるGo Canada留学センターです。

韓国、中国、ロシア、スペインなど、世界各国からの留学生が集まる大手エージェントの日本部門で、教育機関が選ぶ北米地域における最優秀エージェントにも選ばれています。以前は「WINZ」という社名でしたが、2018年に現在の社名に改名されています。

Go Canadaの特徴は、渡航して体験レッスンを受けた後に学校申し込みができること。渡航後の貴重な時間を費やすため、短期留学の方にはおすすめできませんが、長期留学の方であれば、自分に合った学校を選べるのは安心です。

また、12週以上の学校申し込みで、到着時の空港ピックアップやホームステイ初回手配など、他社では100-200ドルほどするサービスも無料になります。それだけでも大きな節約になると思います。

Go Canada公式ページへ

メリット
  • 長年の実績で安心の大手
  • 現地で体験レッスン後に学校申し込み可能
  • 12週以上学校申し込みでホームステイ初回手配、空港ピックアップ無料
デメリット
  • 会社自体は大きいが、日本人担当者は少ない
有料サポート
  • ビザ申請代行$339~ + 申請料
個人ブログでの評判

まとめ

以上、カナダのバンクーバー・トロントエリアで評判の良い留学エージェントのご紹介でした。ご紹介した内容をまとめると、このようになります。

バンクーバーエリア
 手厚いサポートと学校紹介の質でおすすめ→カナダ留学コンパス
 充実した現地サポートでおすすめ→JP Canada留学センター
 アットホームなサポートでおすすめ→アブロードカナダ
トロントエリア
 日系の充実した現地サポートでおすすめ→Brand New Way
 実績ある大手でおすすめ→Go Canada

 

似ているようで、様々な特色がある留学エージェントです。色々な会社に問い合わせて、自分にあったエージェントを見つけてくださいね。

カナダ留学なら下記記事もあわせてどうぞ!

留学に必要なIELTS対策には下記記事もあわせてどうぞ!

 

IELTS受験者必見!