【2019年版】カナダとオーストラリアの生活費はどっちが高い?トロントとシドニーの生活費試算と物価比較

更新 | 2019-05-01公開
1617

カナダとオーストラリア、物価はどちらが高い?

いずれも留学や移住先として大人気の国。気になるのが生活費ですよね。両国ともに年々物価が上昇しており、日本に比べるとかなり高く感じる品目も多いかも。

今回は両国の最大都市であり、人気の渡航先でもあるシドニートロントの物価を、アイテム別に比較します。

※データはいずれも2019年5月時点のNumbeo.comのものです。また、金額は全て「日本円」に換算して比較しています。

オーストラリアとカナダの住居費、光熱費

シドニー Sydneyトロント Toronto
1か月の光熱費など(85㎡アパートの電気・暖房・冷房・水・ガス・ゴミ)14,300円12,500円
1か月のインターネット料金5,400円5,400円
1か月の1LDK、1DKアパート賃料(都市部)200,000円168,000円
1か月の3LDK、3DKアパート賃料(都市部)355,000円282,000円
1か月の3LDK、3DKアパート賃料(郊外)230,000円213,000円
1平米当たりのコンドミニアム価格(都心部)1,098,000円859,000円
1平米当たりのコンドミニアム価格(郊外)687,000円674,000円
住宅ローン金利(20年固定)4.35%3.74%

 

賃貸アパートの賃料や住宅価格、光熱費などを比較すると、インターネットを除き、住居関連費用は総じてシドニーが高くなっていますね。

シドニーは家賃が高い

最も大きく差が開いたのが、賃貸住宅の家賃。シドニーの方が断然高くなっています。

1LDK や1DKの家賃は、シドニーが約20万円、トロントが約16万7千円となっています。3LDKタイプの家族用になると、シドニーが約35万5千円、トロントが約28万2千円です。

これは東京の相場よりも高め。両都市共に、ルームシェアでも月400~800ドルは覚悟したほうが良さそうです。

住宅購入は両都市ともに日本よりも厳しい

住宅購入価格もやはりシドニーのほうが高め。

比較データの平米当たりの単価を元に計算すると、例えば、60㎡の広さのコンドミニアム(=マンション)の場合、シドニーが約6600万円、トロントが約5100万円です。これらは東京都心部と同じくらいですね。

ただ、日本は、郊外に行けばいくほど住宅価格が半値以下まで下がるのに対し、カナダもオーストラリアも、郊外に行っても住宅価格も高いのが特徴です。

さらに、住宅ローン金利も日本が20年固定が1%台に対して、オーストラリアでは4.35%、カナダが3.74%と高いことからも、両国ともに、住宅購入は日本に比べるとハードルが高いと言えそうです。

オーストラリアとカナダの外食費・食費

シドニー Sydneyトロント Toronto
低価格レストランでの1人分の食事1530円1630円
牛乳1L120円220円
食パン500g210円260円
米1kg200円350円
卵12個350円290円
チーズ1kg710円1600円
鶏むね肉1kg810円1370円
ジャガイモ1kg250円360円
水1.5L150円230円

 

日常的に購入するような生鮮食料品を中心に比較してみましたが、食費は総じてシドニーのほうが安いという結果に。

これは、国土に対する農地の差も影響しているのかもしれません。オーストラリアは国土の半分以上が農地なのに対し、寒冷地カナダでは国土のたった6%しかないそうですよ。

カナダは鶏肉、チーズが高い

特にカナダは鶏肉の高さが目立ちます。豚肉や牛肉は日本よりも安いくらいなのですが、鶏肉は日本の3~4倍くらいする印象です。また、乳製品、特にチーズも、日本と比べても2倍ほど高くなっています。

オーストラリアとカナダのアルコール・タバコ代

シドニー Sydneyトロント Toronto
ビール500ml缶380円240円
ボトル入りワイン1380円1460円
タバコ(マルボロ20本入)2300円1220円

 

アルコールとタバコのような嗜好品は、オーストラリアが高め。特にタバコは高くて、1箱2300円!留学や海外移住を機に禁煙する人が多いのも頷けます。

ビール類もオーストラリアは高くて、ロング缶でで400円ほど。お酒好きにとっては辛いところですね・・。

オーストラリアとカナダの交通費

シドニー Sydneyトロント Toronto
公共交通機関の片道券320円260円
公共交通機関の1か月定期券16,600円11,900円
ガソリン1L115円93円

 

公共交通機関の乗車券、定期券、ガソリン価格、いずれもシドニーのほうが高くなっています。

オーストラリア・カナダの娯楽費・衣服費

シドニー Sydneyトロント Toronto
映画チケット1,530円1,220円
1か月のフィットネスクラブ会費5,500円4,400円
ジーンズ(Levis 501)7,690円5,740円
スニーカー(ナイキ)10,900円8,700円

 

洋服や映画のチケット、フィットネスジムなどの施設も、シドニーが2割ほど高め。カナダは洋服の物価は20年間ほとんど上昇しておらず、日本よりも安い印象です。

オーストラリアとカナダの保育費・教育費

シドニー Sydneyトロント Toronto
私立幼稚園のフルタイム月謝160,000円124,000円
私立インターナショナルスクール小学部年間授業料1,496,000円1,814,000円

 

私立の幼稚園に週5日フルタイム(=9~15時くらいまで)で通った場合、シドニーが16万円、トロントが12万4千円です。日本と比べると、本当に高いですよね。

デイケアと呼ばれる保育園も同様に高く、子供が公立の幼稚園、小学校に入学できる年齢になるまで、子育て世帯の家計を圧迫しています。

シドニーの方が物価は高い!

ここまで両都市の生活費用をアイテムごとに比較しましたが、まとめてみると、レストランや食料品を除く多くの項目で、シドニーの方がトロントよりも高いという結果でした。

  • 賃貸住宅の家賃:シドニーの方がトロントよりも17.66%高い
  • レストラン:シドニーの方がトロントよりも1.7%安い
  • 食料品:シドニーの方がトロントよりも11.44%安い
  • 嗜好品:シドニーの方がトロントよりも48.07%高い
  • 交通費:シドニーの方がトロントよりも17.93%高い

シドニーとトロントの生活費はいくら必要?

ただ、シドニーは生活の基本となる食費が安いこともあり、生活パターンによっては、シドニーとトロントの生活費は同じくらいになることも。それぞれの都市で、毎月の生活費をいくつかのパターンごとに試算してみます。

1人世帯、必要最低限の生活費

  • シドニーで外食・娯楽・嗜好品無し、郊外シェアハウス:13万9千円
  • トロントで外食・娯楽・嗜好品無し、郊外シェアハウス:13万6千円

シドニーもトロントもほぼ同じ月額となりました。

これは、食費は全て自炊、娯楽や嗜好品などは一切無し、衣服代も最低限、公共交通機関の1か月定期を購入するという生活スタイルで、郊外のシェアハウスのオウンルーム(1人部屋)に暮らした場合の生活費です。

オウンルームではなく、2~3人部屋やリビングシェアという形を取れば、月10万円ほどに抑えられると思います。

1人世帯、余裕を持った生活費

  • シドニーで外食月6回、娯楽・嗜好品あり、都心部シェアハウス:20万円
  • トロントで外食月6回、娯楽・嗜好品あり、都心部シェアハウス:15万6千円

都心部のシェアハウス(オウンルーム)に住み、外食やカフェ、嗜好品などもたしなむ生活スタイルを送る場合、生活費はシドニーで20万円、トロントで15万6千円ほどです。

2人世帯の生活費

  • シドニーで外食月3回、娯楽・嗜好品あり、都心部1ベッドルーム:34.2万円
  • トロントで外食月3回、娯楽・嗜好品あり、都心部1ベッドルーム:31.5万円

車を持たずに、移動は公共交通機関に頼り、都心部1ベッドルームに2人暮らしで住む場合の試算です。

4人世帯の生活費

  • シドニーで外食月3回、娯楽・嗜好品あり、車あり、郊外3ベッドルーム:50.6万円
  • トロントで外食月3回、娯楽・嗜好品あり、車あり、郊外3ベッドルーム:50.8万円

4人家族が車1台を所有し、郊外の3ベッドルームアパートを借りて暮らす場合の試算です。トロントは、郊外に行っても家賃がシドニーよりも下がりにくいことや、ガソリン価格が低いことなどから、トロントのほうが高い結果になりました。


 

以上、シドニーとトロントの物価比較、生活費比較のご紹介でした。

シドニーのほうが物価は高めでしたが、生活費で試算すると、その差はそこまで大きくない、もしくは同じくらいになること分かりました。

ただ、もう一つ大事なことが、オーストラリアの給与水準の高さです。給与の比較に関しては、次回の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ合わせてご確認ください。

カナダ留学&移住を考えている方へ

最後に。私自身、大きな不安を抱えて飛び込んだカナダ。同じようにカナダへの移住や留学を考えている方に、何か役立てることがあれば、とても嬉しいです。質問やご相談などあれば、お気軽に問い合わフォームもしくはLINEでご連絡くださいね。

実経験と現地在住者の目線で、できるだけ疑問や不安が解消するよう、お答えさせていただきます。皆さまからのご相談がブログ記事のアイデアにもなっています!

ただ、私の方でお答えできるのは、あくまで「自身の経験に基づくこと」や「カナダ生活の一般的なこと」。留学や永住権に関して「確実なアドバイス」が必要な方は、専門家に相談することをおすすめします。

エージェントがたくさんいて悩みますが、私の知り合いが移住・留学エージェントをやっているので、よかったら一度相談してみてください。私も留学事情などアドバイスを求めることがありますが、裏話を含め、カナダ事情に熟知しているので、答えも的確ですし、とても親身になってくれる方です。「ハピバナのブログを見た」と伝えいただくと、良いことがあるかも、です!