カナダ国内の住みやすい都市ランキング

更新 | 2019-04-24公開
16525

カナダは世界的に見ても、とても住みやすい国であり、住みやすい国ランキングでは上位常連国となっています。では、カナダ国内で見ると、どの都市が住みやすいのでしょうか?

カナダの金融雑誌MoneySenseが毎年発表している「カナダの住みやすい街ランキング」より2018年版のランキングをご紹介です。

カナダ国内の住みやすい都市ランキングベスト10

トップ10入りしている都市を順に見ていきます。

オークビル(Oakville)

1位はトロントとハミルトンのちょうど中間に位置するオークビル。両都市に通勤圏内でありながら、住宅環境の良い郊外で、ベッドタウンとして人気です。

オークビルはこれまで富裕層が多く住むエリアとして有名でした。この点は世帯収入や住宅価格の高さにも表れています。

ただ、最近ではお手頃な価格のタウンハウス(集合住宅)や高層マンションなどの集合住宅も増え、「富裕層だけでなく、幅広い層が住みやすい街」へと変化しています。ここ10年で、ビジブルマイノリティ(非白人)の割合が18%から31%まで高まっていることからも、新移民にとっても住みやすい都市と言えます。

✅高評価された点
経済的豊かさ、人口増加率、治安、気候、医療、文化施設

  • 昨年順位:15位
  • 人口: 209,039
  • 過去5年の人口増加率: 7.9%
  • 失業率: 5.7%
  • 世帯収入(中央値): $112,207
  • 平均世帯資産: $1,742,036
  • 平均固定資産税: 2.6%
  • 20°C以上の日数: 107
  • 0°C以上の日数: 222
  • 犯罪率: 2,133/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 91
  • 平均住宅価格: $1,218,967

 

オタワ(Ottawa)

ここ数年常に1位、2位に選ばれている首都オタワ。今年も2位にマークしています。

オタワの特徴は、悪い評価がなく、全評価項目が平均以上であること。総合的に住みやすい街と言えます。中でも高評価なのが、交通アクセス、医療アクセス、文化施設、そして雇用面です。

オタワ市内は川沿いなどに緑豊かな自転車専用パスが多く用意されており、徒歩や自転車で通勤通学している人も多くいます。また、2019年にはオタワ市を横に横断するライトレールも開通予定で、交通アクセスの良さにさらに期待されています。

また、首都オタワには政府系の仕事が非常に多いだけでなく、カナダのシリコンバレーとしても有名で、IT企業やハイテク企業が多く集まっています。その結果、給与水準も水準より高く、失業率も低くなっています。

✅高評価された点
経済的豊かさ、交通アクセス、気候、医療、文化施設

  • 昨年順位:1位
  • 人口: 999,183
  • 過去5年の人口増加率: 6.7%
  • 失業率: 5.1%
  • 世帯収入(中央値): $93,975
  • 平均世帯資産: $695,242
  • 平均固定資産税: 2.4%
  • 20°C以上の日数: 117
  • 0°C以上の日数: 216
  • 犯罪率: 3,782/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 142
  • 平均住宅価格: $510,363

 

ラッセル(Russell Township)

Russel ON 1

首都オタワから車で30分、郊外にある小さな街ラッセルが3位に。

ラッセルはオンタリオ州内のフランス語圏となっており、英仏バイリンガルの人が多く住んでいます。また、オタワへも通勤圏内でもあるため、オタワにあるカナダ政府機関に勤務している人が多く、世帯収入が高めです。

それでいて住宅価格は都市部に比べるとお手頃。収入と住宅価格のバランスの良さが住みやすさの大きな魅力の一つです。

✅高評価された点
住宅価格の低さ、治安

  • 昨年順位:21位
  • 人口: 17,155
  • 過去5年の人口増加率: 6.30%
  • 失業率: 5.1%
  • 世帯収入(中央値): $112,644
  • 平均世帯資産: $509,564
  • 平均固定資産税: 2.2%
  • 20°C以上の日数: 78
  • 0°C以上の日数: 210
  • 犯罪率: 2,540/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 142
  • 平均住宅価格: $403,638

 

サン・ブルノ・ド・モンタルヴィル(Saint-Bruno-de-Montarville)

Hotel de ville st bruno 2010

4位はケベック州のサン・ブルノ・ド・モンタルヴィル(Saint-Bruno-de-Montarville)です。

モントリオール郊外に位置し、モントリオールまで車で30分で行けることから、ベッドタウンとして人気のある街です。2017年のランキングでも6位となっており、今回も失業率の低さや世帯収入の高さ、交通アクセスの良さが高評価となっています。

✅高評価された点
経済的豊かさ、住宅価格の低さ、交通アクセス、治安、文化施設

  • 昨年順位:6位
  • 人口: 27,171
  • 過去5年の人口増加率: 2.6%
  • 失業率: 4.9%
  • 世帯収入(中央値): $96,757
  • 平均世帯資産: $864,221
  • 平均固定資産税: 2.6%
  • 20°C以上の日数: 118
  • 0°C以上の日数: 206
  • 犯罪率: 3,724/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 96
  • 平均住宅価格: $454,278

 

ラクーム(Lacombe)

5位はアルバータ州エドモントンから南に130キロほど離れた小さな街、ラクーム。

石油やガスなどの資源に加え、農業が盛んな街で、世帯収入も高い街です。経済や失業率の回復に加え、お手頃な住宅価格や低い固定資産税などが考慮され、住みやすい街として選ばれています。

人口増加率もカナダ平均よりかなり高く、街の経済成長が表れています。

✅高評価された点
経済的豊かさ、住宅価格の低さ、人口増加率

  • 昨年順位:299位
  • 人口: 13,906
  • 過去5年の人口増加率: 9.10%
  • 失業率: 4.9%
  • 世帯収入(中央値): $97,800
  • 平均世帯資産: $754,291
  • 平均固定資産税: 1.8%
  • 20°C以上の日数: 81
  • 0°C以上の日数: 156
  • 犯罪率: 7,932/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 99
  • 平均住宅価格: $353,740

 

ミルトン(Milton)

6位はオンタリオ州ミシサガのお隣、ミルトン。

トロントにも近く、GOトレインでも通勤できる一方、治安や住宅環境が良いよいことから、トロントのベッドタウンとして人気が高まっています。その人気は人口増加率にも表れており、過去5年間の人口増加率は22.4%と、カナダトップクラスです。

✅高評価された点
経済的豊か、人口増加率、治安、気候、医療、文化施設

  • 昨年順位:151位
  • 人口: 120,556
  • 過去5年の人口増加率: 22.4%
  • 失業率: 5.7%
  • 世帯収入(中央値): $111,875
  • 平均世帯資産: $1,129,276
  • 平均固定資産税: 2.0%
  • 20°C以上の日数: 120
  • 0°C以上の日数: 196
  • 犯罪率: 2,133/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 91
  • 平均住宅価格: $1,146,379

 

キャンモア(Canmore)

7位はアルバータ州の山岳リゾート地キャンモア。

カナディアンロッキー観光の宿泊地として有名で、スリーシスターズと呼ばれる3つの山頂が街のシンボルとなっている街です。観光業で支えられた活発な経済を反映して、世帯収入や世帯資産が高くなっています。その一方、固定資産税などの税金の安さも際立ちます。

✅高評価された点
経済的豊かさ、人口増加率、税金の安さ、交通アクセス

  • 昨年順位:29位
  • 人口: 14,930
  • 過去5年の人口増加率: 8.9%
  • 失業率: 5.1%
  • 世帯収入(中央値): $75,848
  • 平均世帯資産: $1,478,315
  • 平均固定資産税: 1.2%
  • 20°C以上の日数: 64
  • 0°C以上の日数: 159
  • 犯罪率: 7,482/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 138
  • 平均住宅価格: $912,436

 

ウエストマウント(Westmount)

Avenue Greene, Westmount (île de Montréal) 2005-11-10

8位はケベック州のモントリオール市に囲まれた街、ウエストマウントです。

古くから英語を母語とする富裕層が多く住むエリアとなっており、現在でもケベック州内の英語圏の一つになっています。

高級住宅街を反映して、世帯資産も$4ミリオンと桁外れ。失業率はカナダ平均よりも高めですが、経済的な豊かさやモントリオールへの交通アクセスの良さなどから住みやすい街に選ばれています。

 

✅高評価された点
経済的な豊かさ、交通アクセスの良さ、医療

  • 昨年順位:52位
  • 人口: 21,083
  • 過去5年の人口増加率: 3.3%
  • 失業率: 7.5%
  • 世帯収入(中央値): $117,755
  • 平均世帯資産: $3,953,205
  • 平均固定資産税: 2.7%
  • 20°C以上の日数: 117
  • 0°C以上の日数: 218
  • 犯罪率: 4,594/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 124
  • 平均住宅価格: $1,588,535

 

サン・ランベール(Saint-Lambert)

Victoria Avenue (Saint-Lambert) 2014モントリオールの対岸の街、サンランベールが8位です。

モントリオールのベッドタウンとなっており、住宅街が広がっています。モントリオールへのアクセスや、住環境の良さ、治安の良さなどが評価されています。

✅高評価された点
経済的な豊かさ、交通アクセス、治安、文化施設

  • 昨年順位:55位
  • 人口: 22,432
  • 過去5年の人口増加率: 2.5%
  • 失業率: 4.9%
  • 世帯収入(中央値): $83,626
  • 平均世帯資産: $881,272
  • 平均固定資産税: 2.7%
  • 20°C以上の日数: 118
  • 0°C以上の日数: 206
  • 犯罪率: 3,724/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 96
  • 平均住宅価格: $511,602

 

ハルトンヒルズ(Halton Hills)

Main Street Georgetown Ontario 2010 26位ミルトンの北側に位置する ハルトンヒルズが10位です。

グレータートロント(GTA)にも入っており、トロントへも通勤圏内となっていますが、自然も多く、治安が良い街です。文化芸術面での評価も高く、生活品質の高さが魅力的な街です。

✅高評価された点
経済的な豊かさ、治安、医療、気候、文化施設

  • 昨年順位:24位
  • 人口: 65,782
  • 過去5年の人口増加率: 6.0%
  • 失業率: 5.7%
  • 世帯収入(中央値): $108,410
  • 平均世帯資産: $1,190,923
  • 平均固定資産税: 2.6%
  • 20°C以上の日数: 120
  • 0°C以上の日数: 196
  • 犯罪率: 2,133/100,000
  • 人口10万人に対する医師数: 91
  • 平均住宅価格: $1,088,359

州別の住みやすい都市ランキング

出典:moneysense.ca

住みやすい都市に選ばれている都市の多くが、オンタリオ州、ケベック州、アルバータ州に集中しています。特にトップ50の半分はオンタリオ州が占めています。以下、住みやすい都市ランキングを州別に見ていきます。

オンタリオ州

オンタリオ州からは住みやすい都市ランキングトップ50に24都市がランクインしています。カナダ最大都市であるトロントは16位です。

1. Oakville, ON
2. Ottawa, ON
3. Russell, ON
6. Milton, ON
10. Halton Hills, ON
14. Saugeen Shores, ON
16. Toronto, ON
18. King, ON
21. The Nation, ON
23. Newmarket, ON
24. New Tecumseth, ON
25. Whitby, ON
26. Carleton Place, ON
27. Mississippi Mills, ON
31. Burlington, ON
32. Ajax, ON
34. Clarington, ON
35. Markham, ON
36. Aurora, ON
37. Richmond Hill, ON
40. Vaughan, ON
43. Pickering, ON
45. Kingston, ON
46. Caledon, ON

アルバータ州

アルバータ州からは、住みやすい都市ランキングトップ50に11都市がランクインしています。トップ50には入っていませんが、エドモントンは68位です。

5. Lacombe, AB
7. Canmore, AB
11. Camrose, AB
12. Red Deer, AB
19. St. Albert, AB
22. Bonnyville No. 87, AB
29. Lloydminster, AB
30. Calgary, AB
39. Grande Prairie, AB
41. Sylvan Lake, AB
50. Cold Lake, AB

ケベック州

住みやすい都市ランキングトップ50に、ケベック州からは10都市ランクインしています。トップ50には入っていませんが、ケベック最大都市モントリオールは241位、ケベック州都ケベックシティは121位です。

8. Westmount, QC
9. Saint-Lambert, QC
13. Mont-Royal, QC
17. Lévis, QC
28. Boucherville, QC
38. Saint-Constant, QC
42. Mont-Saint-Hilaire, QC
44. Saint-Augustin-de-Desmaures, QC
47. Chambly, QC

ブリティッシュコロンビア州

BC州はトップ50圏内に3都市しかランクインしていません。その他主要都市では、バンクーバー88位、リッチモンド129位、バーナビー182位、ビクトリア264位となっています。

15. Fort St. John, BC
20. Whistler, BC
49. Squamish, BC


以上、MoneySenseが発表している2018年版のカナダの住みやすい都市ランキングをご紹介しました。気になる都市の順位は見つかりましたか?その他の都市や、都市ごとの詳細データは、こちらのMoneySenseのサイトからご確認ください。

ただ、例え住みやすい都市であったとしても、住宅価格などを考慮すると、そこに住めるかどうかは「全く別物」です。留学生や新移民にとっては、家賃の低さや移民の多さなどに重点を置いた「新移民向けの住みやすい都市ランキング」のほうがより現実的かもしれません。新移民向けのランキングは下記からご覧ください。

カナダ留学&移住を考えている方へ

最後に。私自身、大きな不安を抱えて飛び込んだカナダ。同じようにカナダへの移住や留学を考えている方に、何か役立てることがあれば、とても嬉しいです。質問やご相談などあれば、お気軽に問い合わフォームもしくはLINEでご連絡くださいね。

実経験と現地在住者の目線で、できるだけ疑問や不安が解消するよう、お答えさせていただきます。皆さまからのご相談がブログ記事のアイデアにもなっています!

ただ、私の方でお答えできるのは、あくまで「自身の経験に基づくこと」や「カナダ生活の一般的なこと」。留学や永住権に関して「確実なアドバイス」が必要な方は、専門家に相談することをおすすめします。

色々なエージェントがあって悩みますが、私の知り合いが移住・留学エージェントをやっているので、よかったら一度相談してみてください。私も留学事情などアドバイスを求めることがありますが、裏話を含め、カナダ事情に熟知しているので、答えも的確ですし、とても親身になってくれる方です。「ハピバナのブログを見た」と伝えいただくと、良いことがあるかも、です!