2019年版カナダの大学ランキング|世界ランキング順位とともにご紹介!

更新 | 2017-11-23公開
27534

カナダの大学は、そのほとんどが州政府が運営する公立大学であり、いずれの大学も高い教育水準を誇っていると言われています。それでもやはり、研究結果に対する評価や、研究予算、図書予算など、大学間の差は存在するもの。様々な機関が毎年大学ランキングを発表しています。

今回は下記の3つのデータをご紹介したいと思います。

  1. 「Maclean’s」の2018年版の大学総合ランキング
  2. 「Times Higher Education」が発表している2018年版世界大学ランキング
  3. 「Maclean’s」が発表している学部別の大学ランキング

Maclean’sの大学ランキングとは

カナダ国内の大学ランキングと言えば、最も有名なのが「Maclean’s」のランキングです。

Maclean’sは「カナダ版のTimes」と言える情報雑誌ですが、毎年3月には「Canadian Universities Guidebook」を発行しており、カナダの大学情報に精通している雑誌社でもあります。

大学ランキングと一言で言っても、生徒の満足度、研究費用、ノーベル賞などの受賞者数、在学者の高校の成績、論文数など、様々な指標に基づくもの。評価する項目、重点を置く指標によって、ランキングの結果が大きく異なりますが、今回ご紹介するMaclean’sのランキングは、下記の指標に基づいて評価されています。

  • 超エリートを輩出しているか(過去5年間のローズ奨学金やフルブライト奨学金など、澄明な奨学生の割合:10%)
  • 教員への接しやすさ(生徒数と教員数の比率:8%)
  • 生徒の満足度(2万3千人以上の生徒に調査した大学満足度アンケートの結果:10%)
  • 著名な賞の受賞数(過去5年間のキラム賞、カナダ王立協会賞などの受賞の割合:7%)
  • 研究に対する外部支援(獲得自然科学・工学研究機構や人文・社会科学研究機構などの研究機関からの研究費助成額:12%)
  • 世界的な問題への取り組み、世の中への影響(刊行物、論文の数、論文の引用頻度など:5%)
  • 予算(学生一人当たりの利用可能予算:5%、研究予算:6%、大学予算の中の図書サービス予算の割合い:5%、書籍購入予算:4%)
  • 生徒のサポート体制(生徒サポートサービス:6.5%、奨学金制度:6.5%)
  • 評判・名声(教育界やビジネス界など学識経験者による品質、革新性、次世代リーダー育成の3基準に対する評価:15%)

評価項目をご覧いただくと分かるように、単純に「優秀さ」だけを評価した名門ランキングではなく、優秀さに加えて、生徒サポートや生徒自身の満足度なども考慮した総合的なランキングになっています。

2019年版・カナダ大学総合ランキング

Maclean’sのランキングは、①医学部を併設している総合大学②医学部を併設していない総合大学③学士課程の大学の3つに分かれています。それぞれ3つのランキングを、世界大学ランキングの順位とともに見ていきましょう。

医学部のある大学ランキング

順位大学名世界順位
1マギル大学ケベック44位
1トロント大学オンタリオ21位
3ブリティッシュコロンビア大学(UBC)BC37位
4マクマスター大学オンタリオ77位
5クイーンズ大学オンタリオ251-300位
6アルバータ大学アルバータ132位
7ダルハウジー大学ノバスコシア251–300位
8ウェスタン大学オンタリオ190位
9オタワ大学オンタリオ176位
10モントリオール大学ケベック90位
11カルガリー大学アルバータ199位
11ラヴァル大学ケベック251–300位
13シェルブルック大学ケベック601–800位
14マニトバ大学マニトバ401–500位
14サスカチュワン大学サスカチュワン401–500位

 

医学部併設の大学は世界的にも有名な名門大学が名を連ねます。特にトップ3のマギル大学、トロント大学、UBCは、イギリスの教育専門誌Times Higher Educationが発表している世界大学ランキングでも、毎年上位に入っています。

表の右端には2019年版の世界大学ランキングの順位を追加していますが、トップ3以外の大学も、世界ランキングに入っている大学ばかり。マクマスター大学77位、モントリオール大学90位など、100位内に5つの大学がランクインしています。

日本の大学の世界ランキング

ちなみに、日本の大学の世界ランキングは2019年版で下記の通り。

  • 東京大学42位
  • 京都大学65位
  • 大阪大学251–300位
  • 東北大学251–300位
  • 東京工業大学251-300位
  • 名古屋大学301-350位
  • 北海道大学401-500位
  • 九州大学401-500位

この結果からも、カナダのランキング上位大学がいかに優秀かが分かりますね。

医学部を併設しない総合大学

順位大学名世界
順位
1サイモンフレイザー大学BC251–300位
2ビクトリア大学BC301–350位
3ウォータールー大学オンタリオ 201–250位
4ゲルフ大学オンタリオ501–600位
5カールトン大学オンタリオ501–600位
6ウィルフリッドローリエ大学オンタリオ
7ニューファンドランドメモリアル大学NL501–600位
8ニューブランズウィック大学NB
9ヨーク大学オンタリオ351–400位
10コンコルディア大学ケベック601–800位
11ライアソン大学オンタリオ
12ケベック大学モントリオール校(UQAM)ケベック601–800位
13ブロック大学オンタリオ
14レジャイナ大学サスカチュワン601–800位
15ウィンザー大学オンタリオ601–800位

 

医学部を併設しない総合大学になるため、最初のランキングに比べると、多少規模が小さな大学が多くなります。3位のウォータールー大学は、カナダを代表する理工系に強い大学ですが、世界ランキングでは東京工業大学(251-300位)よりも順位が高く、201-250位にランク付けされています。

学士課程中心の大学

順位大学名世界順位
1マウントアリソン大学NB
2ノーザンブリティッシュコロンビア大学 (UNBC)BC801–1000位
3トレント大学オンタリオ 
4アカディア大学ノバスコシア
4セントフランシスゼイヴィアー大学ノバスコシア
6レスブリッジ大学アルバータ
7セントメアリーズ大学ノバスコシア
8レイクヘッド大学オンタリオ
9オンタリオ工科大学(UOIT)オンタリオ
9プリンスエドワードアイランド大学 (UPEI)PEI
11ローレンシャン大学オンタリオ
12ビショップス大学ケベック
13モンクトン大学NB
14セントトーマス大学NB
15ウィニペグ大学マニトバ
16ニピッシング大学オンタリオ
17マウントセントヴィンセント大学ノバスコシア
18ブランドン大学マニトバ
19ケープブレトン大学ノバスコシア

 

学士課程が主の大学になるため、上2つのランキングに比べると、生徒数が少ない小規模大学が多くなっています。学士課程が主ということで、論文発表数なども少ないためか、世界大学ランキングにはランクインしているのは2位のUNBCのみとなっていました。

2019年版・学部ごとのランキング

ここまでの3つのランキングは、全学部をひとくくりにした大学総合ランキングでした。ここからはMaclean’sが発表している選考分野別のランキングをご紹介したいと思います。

なお、このランキングは、論文発表数、論文引用数、学識経験者からのコースや研究に対する評価などを指標に順位付けされています。先ほどの大学総合ランキングと違って、大学のサービスやサポート体制、生徒の満足度などは含まれていませんので、純粋に「学部の優秀さ」を競ったランキングだと言えます。

心理学分野

1. ブリティッシュコロンビア大学
2. トロント大学
3. マギル大学
4. ウォータールー大学
5. ウェスタン大学
6. クイーンズ大学
7. ダルハウジー大学
8. マクマスター大学
9. アルバータ大学
9. カルガリー大学

数理系分野

1. ブリティッシュコロンビア大学
1. トロント大学
3. ウォータールー大学
4. マギル大学
5. アルバータ大学
6. モントリオール大学
7. マクマスター大学
8. ヴィクトリア大学
9. サイモンフレイザー大学
10. カールトン大学

環境学分野

1. ブリティッシュコロンビア大学
2. トロント大学
3. マギル大学
4. アルバータ大学
5. ウォータールー大学
6. ゲルフ大学
7. ダルハウジー大学
8. サスカチュワン大学
9. ビクトリア大学
10. サイモンフレイザー大学

看護学分野

1. トロント大学
2. アルバータ大学
3. ブリティッシュコロンビア大学
4. マギル大学
4. マクマスター大学
6. 
カルガリー大学
7. ウエスタン大学
8. クイーンズ大学
9. ダルハウジー大学
10. オタワ大学

医学部

1. トロント大学
2. ブリティッシュコロンビア大学
3. マギル大学
4. マクマスター大学
5. カルガリー大学
6. アルバータ大学
7. ウェスタン大学
8. モントリオール大学
9. オタワ大学
10. ダルハウジー大学
10. ラヴァル大学

工学部

1. トロント大学
2. ブリティッシュコロンビア大学
3. ウォータールー大学
4. マギル大学
5. アルバータ大学
6. モントリオール大学
7. カールトン大学
7. マクマスター大学
9. クイーンズ大学
9. ビクトリア大学

コンピューター科学分野

1. トロント大学
2. ブリティッシュコロンビア大学
3. ウォータールー大学
4. モントリオール
5. マギル大学
6. アルバータ大学
7. サイモンフレイザー大学
8. マクマスター大学
9. オタワ大学
10. カールトン大学

経営学分野

1. ブリティッシュコロンビア大学
2. トロント大学
3. ヨーク大学
4. アルバータ大学
5. ウェスタン大学
6. マギル大学
7. クイーンズ大学
8. モントリオール大学
9. マクマスター大学
10. サイモンフレイザー大学

生物学分野

1. トロント大学
2. ブリティッシュコロンビア大学
3. マギル大学
4. アルバータ大学
5. ゲルフ大学
6. マクマスター大学
7. サイモンフレイザー大学
8. ダルハウジー大学
9. カルガリー大学
10. モントリオール大学
10. オタワ大学

学部別ランキングでも、マギル大学、トロント大学、UBCのトップ3はほぼ不動ですね。その他にもウォータールー大学やアルバータ大学も多くの学部で上位に入ってきています。


以上、カナダの大学ランキングのご紹介でした。

カナダの大学は日本での知名度は低めですが、東大、京大よりも優秀な大学もあり、全体的にレベルが高いことがお分かりいただけたかと思います。ランキングだけが全てではありませんが、Maclean’sのランキングは生徒からの満足度や生徒サポート体制など、総合的なランク付けになっているので、留学先の選び方の指標の一つとして、参考になると思います。

なお、カナダの大学は、州ごと、そして学部ごとに、学費が大きくことなります。特に、州による違いは大きく、留学生の場合は州によって年間で190万円も異なるケースもあります。

カナダ留学&移住を考えている方へ

最後に。私自身、大きな不安を抱えて飛び込んだカナダ。同じようにカナダへの移住や留学を考えている方に、何か役立てることがあれば、とても嬉しいです。質問やご相談などあれば、お気軽に問い合わフォームもしくはLINEでご連絡くださいね。

実経験と現地在住者の目線で、できるだけ疑問や不安が解消するよう、お答えさせていただきます。皆さまからのご相談がブログ記事のアイデアにもなっています!

ただ、私の方でお答えできるのは、あくまで「自身の経験に基づくこと」や「カナダ生活の一般的なこと」。留学や永住権に関して「確実なアドバイス」が必要な方は、専門家に相談することをおすすめします。

エージェントがたくさんいて悩みますが、私の知り合いが移住・留学エージェントをやっているので、よかったら一度相談してみてください。私も留学事情などアドバイスを求めることがありますが、裏話を含め、カナダ事情に熟知しているので、答えも的確ですし、とても親身になってくれる方です。「ハピバナのブログを見た」と伝えいただくと、良いことがあるかも、です!

 

 

 

留学に必要なIELTS対策には下記もあわせてどうぞ。

参考情報:
Maclean’s ” University Rankings 2019
Times Higher Education ”World University Rankings 2019”
Maclean’s ”2019 Program Ranking”