海外の大学・大学院の入学平均年齢|世界平均22歳!進学・留学は何歳からでも遅くない!

「事件の容疑者は、A大学男子学生(24歳)」

こんなニュースが流れると、世の中にはこんな厳しい意見も飛び交う日本。

「24歳で大学生って。。。」「浪人したのかな?ダサいなぁ。」

確かに、日本の大学は、18歳に入学して、22歳で卒業する人が多いですもんね。社会人入学も増えているとは言え、まだまだ少数派です。

でも、世界で見ると、大学・大学院へ進学年齢は事情が異なります。

今回は、OECD(経済協力開発機構)が毎年発表している教育統計「Education at a glance」より、世界各国の大学・大学院の平均進学年齢をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

世界の大学・大学院の入学年齢

日本の大学入学の平均年齢は18.1歳。ほとんどの人が、高校卒業と共に大学に進学しています。大学院の博士課程でも入学平均年齢は26歳と、大学卒業後にストレートで大学院に進学する人が多いことが伺えます。

一方、海外を見てみると、OECD先進国の大学入学平均年齢は、日本より約4歳高く、21.9歳です。

世界で最も平均年齢が高いのがスイスで、24.8歳。続いてデンマーク23.9歳、スウェーデン23.7歳、フィンランド22.3歳と、北欧諸国の入学年齢が高くなっています。

また、他の主要国を見ると、ニュージーランド23.4歳、オーストリア22.8歳、ドイツ22.0歳、イギリス21.8歳となっています。

大学院の入学年齢も、修士課程で30歳前後。博士課程になると30歳超えの国ばかりです。社会人経験をしてから、再び学生に戻り、学び始める人が多いのでしょうね。

ちなみに、アメリカの大学入学年齢は、OECDのデータでは「データなし」になっていました。しかし、修士(マスター)、博士(ドクター)の入学年齢は、それぞれ30歳、29歳と、他国同様に日本よりも高め。大学入学年齢も諸外国同様に高くなってそうです。

大学進学年齢が遅い理由

日本に比べると、やはり諸外国の大学進学年齢は高めですね。OECDの調査結果などから、その理由をあげてみると──

国によっては兵役がある

兵役の有無が進学年齢にも影響しています。

例えば、大学入学の平均年齢が最も高かったスイスも、皆兵制度が採用されています。20歳から兵役が始まるそうですが、兵役を終えてから進学となると、入学年齢が24歳を過ぎてしまうのも納得です。

また、韓国の場合も兵役がありますが、大学進学率が非常に高い学歴社会であるため、高校卒業と同時に兵役に就く人は少なめ。大学の進学年齢は18.7歳と、日本とほぼ同じです。

しかし、その後、大学卒業後から29歳までの間に兵役に就く人が多いそうで、大学の大学院の進学年齢は、修士で31歳、博士で34歳と、OECD平均よりも大幅に高くなっています。

高校卒業後に一旦働いて、お金を貯めてから進学する

日本では親のお金で進学する人が多いですよね。奨学金を利用するケースも多いですが、それも、教育費の一部や、1人暮らしの生活費に充てるくらい。全額、自分で稼いだお金で進学するという人はとても少ないように思います。

しかし、海外では自分で資金を稼いで進学する人も多く、進学年齢が遅くなる傾向があるようです。

年齢にとらわれない社会

冒頭にも述べましたが、24歳で大学生と聞くと、「浪人したのかな?」など、疑問を持たれるくらい、「大学生は18歳~22歳」という強い固定観念がある日本。

社会人になってから大学に入ろうとする人には、「18歳の若いこと混じって勉強?!ありえなーい」「サークルにそんなおじさん(おばさん)いらねー」そんな反応すらあります。日本は同調圧力がすごいですもんね・・。

一方、海外では進学や就職に対する「年齢の固定観念」がありません。

飛び級制度が一般的で、若くして大学に通う生徒だっています。カナダの超天才少年、大川翔君も14歳でブリティッシュコロンビア大学に入学したことで有名です。

また、年齢が高くなってからも、新しいことにチャレンジする人が多くいます。

私の知り合いにも、32歳で人材派遣の会社を辞めて、歯科医を目指してメディカルスクールに入ったアメリカ人もいますし、同じく30歳目前でロースクールに入り、今は弁護士として活躍しているアメリカ人の元同僚もいます。

2人とも当時の職業とは全く違う方面だったので、当時日本に住んでいた私には、「えぇぇ?!本当に?!すごいねぇ!!」と、かなりビックリだったのですが、当人や周りの外国人たちの反応は、「ああ、それはいい選択だね」と、ごく自然に受け入れていて、これまたビックリでした。

現在はカナダに在住している筆者ですが、実際に住んでみると、50歳を過ぎて美容専門学校に通ったり、60間近にして看護師を目指す人もいて、皆、年齢にとらわれることなく、やりことに挑戦していて、本当に勇気をもらいます。

卒業後の就職活動で年齢が足かせにならない

年齢が高くなってからの進学は、本人のチャレンジ精神がすごいだけでなく、年齢による上下関係が生まれにくく、年齢よりも実力で判断する社会だからこそ、可能なのだと思います。

就職活動では、年齢ではなく、これまで何を成し遂げたのか、何ができるのかが重要視されます。

体力勝負の仕事などでない限り、仕事が出来るかどうかの判断に「年齢情報」は全くの無意味。面接で年齢を聞くこと自体が禁止されている国もありますが、そもそも、聞く必要すらないのです。

むしろ、修士課程、博士課程を出ていないと、就職が難しかったり、給与面で大きく差が付くことも多いので、収入アップを目指して、社会人になってから修士課程や博士課程に進む人が多く、その分、年齢が上がりがちに。

逆に、日本では就職活動においても、年齢差別が残っているため、大学・大学院卒業時に年齢が高いと就職で苦労することが多いですよね。公務員の就職試験ですら、未だ年齢制限があるくらいです。

特に、文系の場合、院卒であることが、むしろ年齢的な面でデメリットになることも。夫の以前の職場にも東大で博士号まで取得したという同僚がいましたが、年齢が「新卒枠」から外れてしまうため、やはり就職活動では苦労したそうです。

まとめ

以上、世界各国の大学・大学院入学の平均年齢についてご紹介しました。

大学入学年齢はOECD加盟国平均21.9歳に対して、日本が18.1歳と、やはり諸外国のほうが入学年齢が高めですね。

日本よりも進学年齢が遅いのは、下記の理由がありました。

  • 徴兵制度
  • 働いて、お金を貯めてから進学
  • 年齢にとらわれない社会
  • 卒業後の就職活動で年齢が足かせにならない

日本も社会人入学制度がかなり整ってきていますし、今後は社会人になってから進学することがどんどん当たり前になってくることと思います。大学も社会人を積極的に受け入れない限り、少子化で経営難ですしね。

「学生は22歳まで」という固定観念に縛られず、何歳からでも学びたいことや、やりたいことにチャレンジできたらいいですよね。年齢のせいで諦めてしまうのは本当にもったいないことです。

社会や企業の「年齢」に対する受け入れ姿勢を変えていくのは時間がかかるかもしれませんが、専門知識豊富で、実力をもった人であれば、就職のチャンスは大いにあるはず。

また、海外留学を考えているけれど、年齢がネックになっている方がいたら、海外では年齢に対する固定観念はありません。年齢にとらわれず、ぜひ思い切ってやりたいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

参考情報:OECD 「Education at a glance 2016

あわせて読みたい!人気記事