喜ばれるカナダ土産26選!現地在住者が選ぶ「定番」から「変わり種」まで、おすすめ商品まとめ


※おすすめ商品、随時更新中です

カナダのお土産と言えば、メープルシロップ。

でも、それ以外にもおすすめ商品がたくさんあるんです!カナダ在住者目線で、カナダ定番名物から、ガイドブックには載っていない変わり種や、日本では入手しづらい商品まで、実際に家族友人に好評だったお土産をご紹介したいと思います。

スーパーやドラッグストア、コストコで買える商品ばかりなので、お財布にも嬉しいものが多いですよ。(もちろん日本のコストコ会員証はカナダでも使えますよ!)

定番土産「カナダと言えばコレ」

まずは、定番のカナダ名物からご紹介です。

メープルシロップ

やっぱりこれは外せないですね。カナダと言えば、これですもん。

容量や質にもよりますが、スーパーでは5ドル前後から購入できます。

質にこだわるなら、パッケージなどに「Extra Light」や「Light」と記載された、色の薄いものが、いわゆる『高級品』です。風味が軽く、繊細な味です。このランクだと、日本でも手に入りにくい、カナダならではお土産になると思います。

でも・・・。日本の家庭ではメープルシロップを使う用途が限られてて、余らせがちだと、よく耳にします。そのため、少量サイズでも十分かなと思います。

メープルクッキー

メープルクッキーも定番ですね。

空港やお土産屋さんで売られているメープルクッキーは高いけど、スーパーで一般的に売られている箱入りのもので十分ですね。1箱3ドル前後で購入できます。セールになっていたら、1.99ドル

親には、『美味しいけど、一日1個で十分な甘さだね・・。長持ちするわ』と言われました(笑)

メープルバター

メープルバターもカナダならでは。

メープルシロップを煮詰め、その後急速に冷やすことでバターのようなクリーム状になります。そのため、バターと言えど、脂肪分ゼロ。すごく濃厚なのに!!

トーストのお供にも最適。クラッカーにメープルバターを塗って、チーズをのせるのも美味しいくて、パーティーのオードブルなどにもおすすめです。

メープルティ

「メープル」押します(笑)こちらはメープルの甘い香りがするメープルの紅茶です。ミルクティにして飲むのがおすすめ。

ちなみに、写真のメープルティはスーパーではなく、Winnersというアウトレットショップのようなお店で購入したものです。詳細は下記ページにて。

関連記事 カナダ土産やブランド品が半額?!カナダ旅行で絶対行きたいアウトレット店

メープルフレーク

メープル、とどめの一押し(笑)

こちらはメープルシロップをフレーク状にしたものです。砂糖のように使えるので、メープルシロップよりも使い勝手がいいと思います。それでいてカロリーは砂糖よりも低め、且つ、低GIなので健康的。あと、軽いので、持ち帰りやすい点でもおすすめ。

プーティンが作れる「グレービーソース」の素

カナダのB級グルメと言えば、「プーティン」!

プーティンを作るには欠かせない「グレービーソース」がインスタントの素として売っています。これがあえば、日本に帰っても簡単にプーチンが作れます。カナダの味を、日本のご家庭でも!

実際、私もこの商品を買って自宅でプーチンを作ったりしていますが、ファーストフード店、もしくはそれ以上の味が再現できます。セール中なら、2つで3ドルで買えます。

サーモンの缶詰

サーモンの缶詰も、カナダっぽいお土産ですよね。

実際のところ、サーモンの缶詰はアメリカ産やタイ産のものが多いのですが、うちの母曰く、『アメリカもカナダも、お土産には変わらない』らしいので、あまり深く考えずにいきましょう(笑)

 

カナダの会社である「Clover Leaf」の缶詰であれば、アメリカ産、タイ産だとしても、一応『カナダのお土産』になりますね。

ちなみに、サーモンの缶詰は案外高くて、1缶4ドル以上はします。


以上が、定番もののカナダ土産でした。カナダらしい定番商品ではありますが、ありきたりと言えば、ちょっとありきたりですよね。

変わり種のカナダ土産

ここからは、定番ではありませんが、喜ばれること間違いなしの、私がおすすめするカナダ土産の本番!『別にカナダじゃなくても買えるんじゃない・・・?』ていう商品も混じっていますが、日本では買えないものや、手に入りにくくて喜んでもらえるものという目線で選んでみました。

ジンジャーブレッドハウスキット

日本では、お菓子の家を作れるキットってなかなか売ってませんよね。おとぎの絵本の中の世界でしかないというか・・。でも、海外ではジンジャーブレッドハウスと呼ばれるお菓子の家のキットがとても一般的に売られています。しかも、たいていのキットには、飾り付け用のお菓子や、アイシングなど、必要なものがすべて含まれているので、とても簡単に作れます!

販売されているのは、だいたいクリスマスが近い11月あたりから。クリスマスが終わると半額以下のセールになっていたりもしますよ。季節限定商品にはなりますが、もし売られていたら、ぜひお土産におすすめです。

我が家は「アベンジャーズ」のお面になるジンジャーブレッドクッキーのセットや、「アナと雪の女王」のお城になるキットを購入して帰りましたが、お子さんがいる家庭に大好評でした!

大人の塗り絵

大人の塗り絵、大人気ですよね。日本でもかなり人気がありますが、海外のほうが種類豊富に発売されていると思います。ここカナダでも、書店に行くたびに新刊がありますし、塗り絵の月刊雑誌も刊行されているくらい。

有名どころの作品、例えばジョハンナバスフォードの「Secret Garden(ひみつの花園)」や「Lost Ocean(海の楽園)」などは、日本でも一般的に売られていますが、それ以外の塗り絵だと、海外ならではのものも多いです。海外の塗り絵本は可愛いものが多くておすすめです!

カナダ各都市の塗り絵本も多く発売されていますし、赤毛のアンの塗り絵なんかもオススメです。この通り↓、Amazonでも輸入書籍として買えるんですけど・・

 

歯のホワイトニング製品

日本では歯科医にかからないと歯のホワイトニングは出来ませんが、海外では歯科医が使うレベルのホワイトニング製品が市販されています。

カナダではアメリカほどは安くは手に入りませんが、日本で並行輸入品を購入することを思うと、やっぱり安いです。ぜひドラッグスアなどで見てみてください。仲の良い友人や家族、もしくはご自身へのお土産にもいいかもしれません。

私も写真のホワイトニングテープを実際使っていますが、まずまず効果を感じられます。使い方も簡単で、テープを台紙からはがして、歯に張り付けるだけ。薬剤をセットするなど、面倒な手間も不要なので、とても簡単ですよ。

フレーバー付きマヨネーズ

これ、カナダに来て以来、すごく気に入って買っている商品。特に、スモーキーベーコン味が美味しい!日本では見かけたことがなかったです。アメリカやカナダならでは?チューブで使えて便利だし、お土産にしてみました。

Green Beaverの歯磨き粉やデオドラント

ようやく来た、カナダならではの商品。

Green Beaverはカナダの会社で、ナチュラルコスメやシャンプーなど、体に良くない成分は使わず、人や環境に優しい自然派製品を作っています。ここの製品は、もちろんカナダで作られているものだし、パッケージにもビーバーの絵があって、可愛くてお土産にピッタリ!

リップグロス、デオドラント、日焼け止め、歯磨き粉などであればお土産サイズだし、ちょうど良いと思います。いずれも、スーパーのオーガニックコーナーで見つかりますよ。日本で同成分の商品を買うことを思えば、値段もずいぶん安めです。

フレーバー色々なツナ缶

カナダには日本には売っていない、フレーバー付きのツナ缶が売られています。

レモンペッパーや、トマトオニオン、ドライトマト&バジル、スパイシーチリ、オリーブオイル漬けなど、色々なフレーバーがあって面白いです。

これ、サンドウィッチやオードブルなどにとてもおすすめ。特に、スパイシーチリは、ピリ辛のツナ味で、サンドウィッチにしても大人味で美味しいし、サラダうどんやタコ焼き、手巻き寿司などに使っても美味しいです。

セールなら1缶1ドルの時も!通常でも2ドル程度で買えます。

BBQソース


カナダに限らず、海外の人って本当に、BBQ大好きですよね。バルコニーや庭先にBBQグリルが欠かせません。BBQソースも種類豊富に売られています。

日本の焼肉のタレと違って、焼いたお肉に付けて食べるソースではなく、ソースを絡めてからお肉を焼きます。BBQグリルがなければ、オーブンで焼くも良し、お肉を煮込むときに使っても良し。海外のBBQ味をぜひお土産に!

我が家は豚肉をビーフブロスとBBQソースで煮込んで、シュレッドポークにするのがお気に入りです。

パンのお供

さすが、パンが主食の国です。パンのお供、ピーナッツバターやチョコクリーム、チーズクリームなど種類豊富に売られています。

 

特におすすめなのがこれ。ピーナッツアレルギーの方でも大丈夫な製品として人気の「Wowbutter」。炒った大豆で作られているので、その味はまるできな粉ペーストのよう。日本人なら大好きな味、間違いなしです。

「Hardbite」のチップス

「Hardbite」のチップスはカナダ産、パッケージもカナダの名風景なので、お土産に最適。

オーガニックなので、遺伝子組み換え作物は使っておらず、化学調味料も無添加です。味も、「スモークBBQ」「ケチャップ」「スウィートオニオン」など、日本には無いようなものがあるので、喜ばれそうです。

また、日本ではあまり見かけない野菜の、ビーツやパースニップのチップスもあるので、見かけたらぜひお試しを。

「Lay’s」のポテトチップス

同じくポテトチップスですが、Lays’もおすすめです。アメリカの会社ですが、ケチャップ味やプーティン味などは、カナダだけ販売されています。

ちなみに、プーティン味は、正直、これがプーティン??という味です(笑)でも、話題になることは間違いなし。

ただし、袋入りのチップスなので、スーツケースに余裕がない場合は、やめたほうが良いかも。我が家は3つほどお土産に買って帰りましたが、ぎゅうぎゅう詰めのスーツケースに入れた2袋は、ちょっと中身が潰れました・・・。

プリングルズ

同じチップスでも、プリングルズなら割れる心配はなくて安心です。

BBQ味やトルティーヤのサルサ味など、日本では売っていないフレーバーが多いので、変わった味を試してみるのもよいと思います。1本2~3ドルで購入できます。

まるでハッピーターンのケチャップ版?「Crispy Minis」

これもケチャップ大好きな国カナダならではのケチャップ味のお菓子。

全粒玄米で出来たノンフライのライスクリスプなんですが、個人的にはカナダで一番好きなお菓子です。甘じょっぱさがたまらない、「ハッピーターンのケチャップ版」として勝手に個人認定しています。しかもヘルシー。ぜひ試していただきたいおやつです。

関連記事 まるでハッピーターンのケチャップ味?!カナダのスナック「Crispy Minis」がめちゃウマです。

薬としての「HALLS」のど飴

日本では「お菓子」として売られているHALLSですが、こちらでは薬局コーナーで販売されている、効果のある「薬」としてののど飴です。10秒で効果が出るとされるAdvanced Formulaや、成分的に一日2粒までに制限されているものもあります。

袋入りのホールズやフレーバーも珍しいですが、効果の高いのど飴として、これもオススメ。

めっちゃ切れる「缶切り」

カナダに来てみて、びっくりしたものの一つが、この歯車タイプの缶切り。

これ、ものすごく開けやすいんです!『日本で使っていた缶切りって、なんだったの?!』と思うくらい、あっという間にすーーっと切れます。しかも、切り口がギザギザにならずスムーズなので、開けた缶の切り口で、手を切ることもありません。

日本ではあまり一般的には売られていなかったと思うのですが、アマゾンを見る限り、日本製もあるんですね。でも、海外っぽい商品ということで、、、これもおすすめ。日本から遊びにきた姉も、この缶切りを自分のお土産に買って帰りました。

Huggiesのクラッチバッグ式「おしりふきケース」

これ、すごくいいです!日本では、こんなオシャレで便利な「おしりふきケース」はなかなか見かけません。

写真の商品は、赤ちゃん用のワイプこと、おしりふきが入った状態で売られていますが、詰め替えることができるので、おしりふきケースとして、何度でも使えます。カナダのおしりふきは、日本のものよりサイズが一回り大きめなので、日本のどのメーカーのものでも詰め替えられるはず。

いろんな柄もあっておしゃれだし、スナップ付のストラップも付いているので、バッグやベビーカーにも簡単につけられて便利。小さなお子さんがいる方へのお土産にはもちろん、ウェットティッシュ用のカバーとしても、すごくおすすめ!

1ドルショップの英語教材や英語の本

これらはカナダの100円ショップ的存在「Dollarama」で売られている商品です。

英語を勉強している方や、英語を勉強しているお子さんにはぜひ、こんな知育教材もおすすめ。こういった英語の知育教材は日本で購入すると高いので、私自身、英語圏に旅行に行った際は、いつも現地で安く購入していました。

Dollaramaではどれも1.5~3ドル程度で、とても安く買えます。(ちなみに、1ドルショップと言えど、数ドルする商品が多いのでご注意を。。。)

例えば、この本なんかは、Dollaramaで1.5ドルで売られているにもかかわらず、シールを使ったアクティビティや、迷路、線つなぎなどが盛りだくさん!お子さんがいたら、帰りの飛行機で暇つぶしにもなりそう。

また、日本で買うと高い洋書の本なんか、もちろん安く買えるので、本屋さんに行って本を購入するのも良いと思います。お子さん向けのオススメ英語絵本も別の記事で紹介しています。

関連記事 おすすめ英語絵本15選!英語圏の子供が必ず読む定番から最新人気作まで!

関連記事 0~3歳向けオススメ英語絵本9選|読みやすくて子供がハマる絵本はコレ!

子ども用電動歯ブラシ

さすが、歯を大切にする欧米社会。子ども用の電動ブラシが豊富に発売されています。

子どもが大好きなキャラクターものばかりですし、中には歯磨き時間の目安になるように、1分間ピカピカ光ったりするものも。お子さんへのお土産に喜ばれること必須です。ヘッドの交換が出来ないものが多いですが、電池の交換はできるので、毛先がだめになるまでは使えますよ。

しかも値段が安い!1本10ドル以下、セールなら5ドル位で買えます。日本で輸入されたものも売られていますが、2~3倍の値段は必須。下手したら10倍で売られていたりもするから驚きます。

デンタルフロス

オーラルケア関連で、こちらもおすすめ。デンタルフロスです。

なぜおすすめかというと、日本ではわりと少ないフレーバー付きのフロス。しかも大量入り。ミント味が多いですが、子ども用にはグレープ味などもあります。

100本入りで4ドル前後と、とてもお得ですし、GUMのフロスなどはかなり丈夫なので、コストパフォーマンス高し。

1ドルショップの季節限定商品

カナダの100円ショップ的存在「Dollarama」で、その時々の季節商品を購入するのもオススメ。季節ごとの行事・イベントを目いっぱい楽しむ文化なので、季節商品の充実ぶりは本当にすごいです。季節ごとの商品というのは、こんな感じ。

  • 1-2月:バレンタイン商品、ハートのデコレーショングッズ、キャンディ、チョコなど
  • 2-3月:セントパトリックデーにちなんだ緑のグッズ、イースターのウサギグッズやチョコなど
  • 4‐7月:カナダデー用のカナダ国旗入りのマグネットや帽子、文房具などありとあらゆるカナダグッズ
  • 8‐10月:ハロウィンの仮装グッズやデコレーションアイテム
  • 10‐12月:クリスマス関連商品

イースターやバレンタインの頃に売られているチョコやキャンディなどは「ばらまき用のお土産」にぴったりですし、カナダデーの頃に売られているカナダグッズなら、全てが「カナダ土産」になり得ます。

また、ハロウィンの時期もおすすめ。日本では見かけないような本格的な仮装アイテムや、面白いお菓子が豊富に売られています。

 

日本から遊びに来た姉は、血の点滴のようなお菓子を自分の息子への土産に買っていった・・・。そのセンス大好きよ、お姉ちゃん(笑)

まとめ

以上、カナダ名産の定番土産から、ちょっと変わっているけど、お土産に喜ばれたもの、喜んでもらえそうなものをご紹介しました。いいなと思えるお土産が見つかったら嬉しいです。

ただ、実際のところ、カナダの名産といえど、日本で買えるものがほとんどなのも確か。しかも、定番のカナダ名物なんかは、値段も案外安かったりします。

参考サイト カナダお土産専門店CanadianSpirit

もし買い忘れたり、スーツケースに入りきらないなんて言うときは、日本に着いてからカナダ土産をネットで注文するなんていうのもありだと思います。重いメープルシロップなんかは特に。

以上、とても長い記事を最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!カナダ土産の参考になったら嬉しいです!

 

2017/03/23更新
免税店で買うようなコスメや、ブランド品などが「アウトレット価格」で買えるお店もご紹介しています。良かったら、こちらもあわせてご参考ください。

カナダ土産やブランド品が半額?!カナダ旅行で絶対行きたいアウトレット店

6 コメント

  1. こんにちは、HappyBananaさん!毎度楽しく拝読させて頂いております。私の方がノバスコシア歴が長いものの、HappyBananaさんのブログには毎回知らないことが書かれており、非常に参考になっています。

    やっぱり定番のお土産、メープル系を私も持って帰ったりしているのですが、皆反応はいまいちです。笑

    これからのブログも楽しみです!

    • Beanさん!Beanさん!!Beanさん!!!コメント、ありがとうございます!とてもうれしいです!
      というのも、うちの旦那さんがBeanさんの動画を見つけて以来、見させていただいているのです♡英語がものすごく上手だし、参考になるし、すごいなぁと尊敬していました。ブログも拝見させていただいたのですが、日本に帰国していた時期がかなりニアミスですね(笑)
      これからも私もビデオもブログも拝見させていただきますね!

      • コメントに返信して頂いてありがとうございます!ノバスコシアで数少ない日本人の方に知り合えて本当に嬉しいです。( *´艸`)
        こっちに来てから5年以上経ちますが、その割には英語はいまいちです…苦笑 でもありがとうございます!
        他の記事のことになるのですが、ノバスコシアの失業率はかなり深刻だと思います。実際私も現在失業中で、パートナーの稼ぎ無しでは生きていけません。( ;∀;) もうすぐ永住権がおりる予定なので、順調に仕事が見つかればいいんですがね…(;´∀`)

        • Beanさん、私も知り合いになれて本当にうれしいです♪

          Beanさんの英語でいまいちなんて、とんでもない!
          発音もめちゃくちゃきれいで、まるでネイティブ!
          本当に聞きほれてしまいますよ。

          失業率、深刻ですよね・・。
          でもBeanさんの英語力なら、永住権がおりさえすれば、絶対大丈夫ですよ!!
          問題は、私のほうです(-“-)
          英語も問題だし、仕事から離れて何年もたつし、かなり厳しそうです。。

  2. こんばんはー!!
    今まさに日本→カナダへのお土産を考えてる最中で
    逆パターンのカナダ→日本のお土産、興味深かったです^^
    メープルシロップ!名産て思いつくけど
    なかなか家で使いこなすことも結構ない感じですよね。
    って私が料理下手なだけかもですが・・・涙

    我が家が毎回ギフトに一緒に詰めて送ってもらってたのはスナック類でした。
    旦那氏はペパロニ?をいろんなフレーバー送ってもらってて
    あとお気に入りのチップス送ってもらってました。
    私は北米で人気のLay’sのチップスで日本からは撤退してしまった
    ソルト&ビネガー味をよくリクエストしてましたよ。
    旦那のお気に入りのチップスは名前忘れてしまったんですが
    ケルト系の堅いチップスでオーガニックだか自然派だかそんな感じのでした。
    結構身近な食べ物系がお土産にもってこいですよね♪

    ってハギーズのクラッチすごい!!!かわいい!!!!
    カナダいったら真っ先に探して姉や子育て中の友達に送っちゃおうかしら。

    • そっかー。
      カナダにご家族友人がいると、お土産も用意しなきゃですもんね!
      いいお土産が見つかりますように☆
      少し前にUPした日本のお土産の記事にも紹介したけど、もしお酒飲む方だったら、アルコール入りチョコのBacchusとかRummy、カナダ人に好評でしたよ♡
      カナダからは身近なスナック系もいいですね。軽いし♪

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA