2021年版フィリピン留学エージェント比較|アフターコロナでおすすめ5社は?特徴、強み、注意点は?

更新 | 2021-02-01公開

 

格安留学で人気のフィリピン。アフターコロナでの留学は、エージェント・語学学校の選び方は要注意。

今おすすめのエージェントは?失敗しないエージェントの選び方とは?現地の語学学校のコロナ対応状況を発信している会社は?

フィリピン留学エージェントの選び方

良い留学エージェントを選ぶことが、満足いく留学の秘訣です。特に、アフターコロナの留学では、失敗やリスクを避けるために、下記5つのポイントが重要。

  • キャンセル・変更対応がしっかりしている
    「渡航規制の場合、変更・キャンセルに手数料はかかる?」
    「留学中に再度休校になったら?」
    今後、コロナウィルスが収束し、留学可能となっても、再度渡航規制がかかったり、ロックダウンになる可能性も。アフターコロナの留学では、キャンセル対応は再重要確認事項です。キャンセル規定は学校毎に異なるものの、独自のキャンセル料金や変更手数料を徴収しているエージェントも。語学学校のキャンセル・変更規定をしっかり教えてくれること、そして、エージェント側も良心的な対応をしていることが、今後のフィリピン留学の大前提と言えます。
  • 資金力、資金繰りできるエージェント
    コロナ禍で、語学学校や留学エージェントの規模縮小や倒産が相次いでいます。今後、留学が再開されたとしても、経営が不安定になる可能性もあります。キャンセル対応しかり、長年の実績があり、資金力のある大手エージェントや、フィリピン留学以外の他事業で資金繰りできている会社を選ぶのが無難です。そういったエージェントは、コロナ禍でも継続して情報発信していることが多いです。
  • 個人エージェント
    上記と全く正反対になりますが、現地在住者などが個人で運営しているエージェントも、このご時世こそメリットが。オフィスを持たず、人件費も最小限で、倒産の可能性が少ないから。ただし、個人の場合こそ、信頼できるかどうかが大切に。手配実績が多く、現地情報に詳しいエージェントを選びましょう。
  • 倒産保証がある
    語学学校が倒産した場合の保証もあると安心です。ただし、ややこしい条件を書いていて、結局保証してもらえない、なんてこともあるので、倒産保証の条件は要確認です。
  • 現地に直営のオフィスがある
    ここまでが同じ条件であれば、やはり現地に直営オフィス&現地スタッフをかかえるエージェントがおすすめ。
    理由①現地の最新情報に精通している
    クラス開設状況、学校運営状況、新型コロナウィルスの対応、国籍率など、現地にいないと分からないことばかり。現地スタッフが最新の現地情報に基づいて、具体的にアドバイスしてくれるのは、大きなメリットです。
    理由②留学中のサポートが安心
    留学中には、なにかとトラブルが発生するもの。病気になったり、スリにあったなどの相談はもちろん、マンツーマン講師との相性が悪い、部屋を変えてほしいなど、学校との交渉も、現地エージェンがいると心強いです。

おすすめフィリピン留学エージェント5社

新型コロナウィルスの影響で学校が一斉休校になって以降、情報発信が止まっているエージェントがほとんど。この状況下ですし、倒産や運営停止しているエージェントもあると思います。

そんな中、2021年現在でもコロナウィルスや学校の状況などの情報を発信していて、先ほどの選び方のポイントを押さえた留学エージェントはこちら。

  1. セブイングリッシュ
  2. CEBU21
  3. セブナビドットコム
  4. フィリピン留学ラジオ
  5. セブ島留学マスター

会社ごとに詳しくご紹介です。

セブイングリッシュ

セブイングリッシュ公式ウェブサイト

設立2009年
オフィスセブ
特徴、強み現地情報に詳しい、特典が多い
コロナ対応語学学校の開校状況掲載、現地のコロナ最新状況アップデート、キャンセル対応記載

  公式サイト  

セブイングリッシュはセブ島にオフィスがある、現地エージェントです。

  • コロナの最新情報に詳しい
    セブイングリッシュはセブの現地情報にとても詳しいエージェントですが、コロナ関連の情報も豊富。現地の語学学校のコロナ対策や、学校の再開情報、街の様子など、最新情報を頻繁にアップデートしています。コロナ禍でも現地情報が得られる貴重なエージェントです。
  • コロナ禍の留学に正直な意見

    「留学のお申込み、航空券の予約は【学校再開】が確認できてから・どうしても留学をされたい方は、【日程変更が可能な】航空券を予約し、学校が再開していない場合の【キャンセルは全額返金】ができる語学学校をお選びください。」

    「キャンセルは無料だから」と、将来的な留学予約を積極的に手配している会社もある中で、セブイングリッシュは上記のように、とても正直な意見を述べています。エージェント側にメリットがないことも正直に明示する姿勢は、信頼度が高いと思います。

  • 学校情報に詳しい
    現地エージェントでセブの学校情報が豊富で、いずれも新しい情報ばかり。学校紹介ページには掲載情報の確認日、確認者のの情報も載せていて、頻繁にアップデートしていることが分かります。学校の状況を詳しく把握しているので、学校選びで悩んでいる人には、心強い存在です。
  • 最低価格保証&割引制度でお得
    全ての学校に対して最低価格を保証していて、同条件で他社エージェントよりも価格が高かった場合、同額以下にしてもらえます。他社との見積比較に利用するのもおすすめ。また、体験談を書く、2人以上で申し込む、2回目の申し込みなど、様々な割引制度が用意されているので、条件によっては、さらにお得に利用できます。
  • 非公開の学校評価を提供
    見積した人限定で、ウェブサイトには掲載されていない、非公開の学校評価情報を提供しています。これまでに実際に留学した人たちの学校評価で、良い点だけでなく、悪い点も網羅しているとのこと。料金面での他社との比較だけでなく、学校のレビューを確認するためにも、利用価値は高いと思います。
  • 特典が多い
    到着時便利セット、ドライヤー・携帯電話電話・電気スタンドの無料貸与など、エージェントを利用して申し込んだ際の特典が多いです。

セブイングリッシュの注意点・デメリット

  • 学費保証はコロナ理由は対象外
    留学中に学校が倒産や運営停止し、授業を受けられなくなった場合、別の学校への振り替えや、残存授業料の返還を保証していますが、新型コロナウィルスを理由とした運営停止の場合は、学費保証は対象外です。コロナによって休校等になった場合の返金は、学校側の規定次第なので、申し込む際には要確認です。
  • 日本にはオフィスがない
    日本にはオフィスがないので、渡航前の対面相談ができません。ただ、オンライン説明会や、メール、電話、スカイプ、LINEと相談手段は幅広いので、気軽に相談しやすいと思います。

 

セブイングリッシュは現地情報に詳しく、価格も抑えて留学できるエージェント。コロナを理由とした休校時や渡航規制時の返金対応については要確認。

CEBU21(セブ21)

セブ21(Cebu21)公式ウェブサイトのトップページ画面

設立2005年
オフィス東京
特徴、強みフィリピンで最も長い実績、カウンセラーの質が高い、学校情報が豊富
コロナ対応コロナ対応のQ&Aページ掲載、今留学できる国の紹介

  公式サイト  

CEBU21は、2005年創業と、フィリピン留学エージェントの中で最も老舗。CEBU21を利用して留学した有名人もいたり、メディアでも度々取り上げられる有名なエージェントです。

  • カウンセラーの質が高い
    カウンセラー全員がフィリピン留学経験者、かつ、NPO留学協会認定のカウンセラーが2名在籍していて、専門知識が豊富で、質の高いカウンセリングを受けることができます。全員の顔写真付きプロフィールも公開されている点も信頼できます。(ウェブサイトが綺麗に作りこまれていても、カウンセラーの情報が全くないエージェントも多い)
  • 学校の体験談が充実
    学校の体験談がかなり充実しています。どの体験談も顔写真付き、そして、授業風景や授業外の様子が伺える写真がたくさん掲載されています。また、良い点だけでなく、悪い点も正直に掲載されているので、学校情報を知りたい人にもおすすめ。
  • コロナ対応Q&Aページを用意
    新型コロナウィルスの対応について、専用Q&Aページが用意されています。これから留学予定の人の向けの内容だけでなく、留学中の人向けの回答を読むと、コロナで突然休校となった際の返金対応やエージェントとしての留学生のサポートがどうだったのかを知ることができます。それを読む限り、エージェントとして誠実な対応をしていたことが分かります。

CEBU21の注意点・デメリット

  • 現地オフィスが無く、現地視察は年4回のみ
    現地にオフィスがない。年4回の現地視察で学校の最新情報を入手しているものの、現地オフィスがあるエージェントに比べると、情報は遅れがち。コロナウィルスに関しても、現地の状況などの情報は発信していません。現地サポートに関しても手薄になりがちですが、留学中はメールとLINEで相談できる体制が整っています。

 

CEBU21は、長年の実績があり、情報も豊富で、安心して申し込めるエージェント。現地エージェントに比べると現地状況が少なめだが、質の高いサポート体制が整っている。

セブナビドットコム(フィリピン・セブ留学ナビドットコム)

セブナビドットコム公式ウェブサイト

設立1997年(留学事業は2013年から)
オフィスセブ、東京、岐阜
特徴、強み特典が多い、現地情報に詳しい、親子留学やジュニア留学に強い
コロナ対応現地コロナ関連情報を定期的に更新

  公式サイト  

セブナビドットコムはAK Englishという語学学校を持つ留学エージェントです。東京、岐阜、セブに現地オフィスがあります。

セブナビドットコムのメリット・特徴

  • 頻繁な学校視察と情報更新
    提携学校には毎月定期訪問し、学校の財務状況や教育環境、カリキュラム、講師の質、食事や寮・提携ホテルなどの生活環境を調査しているそう。学校の紹介ページも「最終更新日」が記載されていて、情報更新も頻繁にされていることが分かります。
  • 現地情報に詳しく、留学中のサポートが手厚い
    直営語学学校と同じ敷地に現地オフィス、そして、現地LINE相談窓口もあり、渡航前だけでなく、留学中のサポート体制が整っています。また、現地でフリーペーパーを発行している会社でもあるので、現地情報にはとても詳しいエージェントです。
  • 学費保証制度
    留学中に語学学校が倒産や運営停止した場合、残りの日数を他の語学学校に振り替えるか、帰国を選ぶ生徒には残授業時間数分のオンライン留学を無料手配する制度があります。いずれも、直営語学学校か、直営語学学校オンラインクラスへの振り替えと思われます。ただし、天災など保証対象外となる事項もあるのでご注意を。
  • 土曜日の無料レッスン
    直営の語学学校で、土曜日のフルレッスンを無料で受けることができます。いつもの語学学校とはまた違ったレッスンを受けられるのは良い刺激になりそうです。学校はショッピングモールから徒歩1分と好立地なので、買い物のついでにレッスンを受けられるのも魅力的。
  • 様々な特典
    Wi-Fiルーター無料貸与、留学中にTOEIC模擬テスト2回無料実施、体験談投稿でキャッシュバックなどの特典が用意されています。

セブナビドットコムのデメリット・注意点

  • 学校紹介は公平?
    直営語学学校があるだけに、学校紹介のページでも直営語学学校AK Englishは上の方に表示されています。語学学校の紹介が公平に行われるか、自分の希望に叶っているかは要確認です。
  • カウンセラーがフィリピン留学経験者ばかりではない
    カウンセラーの写真付きプロフィールが紹介されているものの、実際にフィリピン留学を経験しているカウンセラーは少なめ。現地スタッフがいるので、情報の正確性は高いとは思いますが、日本のカウンセラーの知識量や経験値が不明です。
  • コロナ対応が不明
    新型コロナウィルスに関連する現地情報が掲載されているものの、新型コロナウィルスの影響によるキャンセル対応や返金については不明。申し込む際には要確認です。

 

セブナビドットコムは語学学校も運営するエージェント。土曜レッスン無料や学費保証など、語学学校を持つことの強みを活かしているので、活用次第ではお得。

フィリピン留学ラジオ

フィリピン留学ラジオ公式ウェブサイト

設立2012年
オフィスなし
特徴、強み透明性の高い学校情報、個人相談
コロナ対応

  公式サイト  

フィリピン留学ラジオは、中谷さんが運営している個人エージェントです。もともとは学校体験談を掲載するサイトでしたが、膨大な知識量を元に、毎年500人ほど個人的に相談を受け付ける留学エージェントとして活動されています。

フィリピン留学ラジオの特徴・メリット

  • 全ての情報が正直で、透明性が高い
    学校情報は良い点だけでなく、悪い点も紹介しています。中には、留学を躊躇してしまうような赤裸々な内容も多いです。コロナ禍の留学に対するスタンスも、「入国できるようになっても、コロナの治療薬ができるまではフィリピンには行かないほうがいいです」ときっぱり。また、運営者中谷さんの渡航スケジュールや、個別相談のスケジュールまで公開しているのは驚き。全ての情報を包み隠さず公開する姿勢は、非常に信頼できます。
  • 現地情報に非常に詳しい
    公開されているスケジュールを見ると、毎月、多いときは月の半分以上をマニラやセブに滞在されています。学校視察も頻繁に行っていて、全ての情報を自分の足で集めようとしています。実際に相談した人のレビューを見ても、情報量の豊富さや、インターネットや他社からは得られない裏話を評価している声が多いです。
  • 経営面でのメリット
    ノマド生活をされている個人エージェントなので、余計な人件費、設備費、維持費などがかからない経営スタイルです。コロナ禍でも、倒産の可能性が少なく、留学が再開された際には即活動再開できるのは大きな強みです。

フィリピン留学ラジオのデメリット・注意点

  • サポートデスクがない
    国内滞在中は東京などで説明会を行っていますが、基本的に相談はLINEやSkypeベース。対面で手厚くサポートしてもらいたい、現地でも駆け込み寺的なサポートを期待している方には向かないと思います。
  • 特典がない
    他社エージェントのように、Wifiルーターなどの無料貸与や、到着セットの無料配布などの特典はなし。
  • 気軽な相談は不可
    個人エージェントという立場から、対応できる人数が限られるため、本気で留学したい人のみ相談可能としています。相談内容によっては受け付ける人を選別することもあるようです。

 

フィリピン留学ラジオは、本気で留学したい人、自分にあった学校をしっかり見極めたい人におすすめ。ただし、他社のような手厚いサポートや特典は期待できない。

セブ島留学マスター

セブ留学マスター公式ウェブサイト

設立2008年
オフィスセブ、東京、大阪
特徴、強み国内留学、
コロナ対応国内留学プログラムを開始、キャンセル手数料の免除

  公式サイト  

セブ島留学マスターは、セブ島、東京、大阪にオフィスを持った、旅行会社直営の留学エージェントです。

セブ島留学マスターのメリット・特徴

  • 国内留学事業を開始
    コロナの影響でフィリピン留学ができなくなり、フィリピン留学と同じ宿泊型留学プログラムECヴィレッジを大阪にオープンさせています。本格的な留学プログラムが国内で格安にできるので、コロナ禍でも安全に留学したい人にはおすすめ。また、国内留学事業でフィリピン留学再開までの資金繰りが出来るため、倒産リスクも低くなり、会社としての信用度も高いです。
  • コロナ禍の留学に正直な感想
    ブログの中で、今後のコロナ禍の留学に対して、治安の悪化、医療体制の弱さ、帰国できない可能性、学校の倒産など、様々な不安要素を正直に述べています。セブイングリッシュ同様、留学エージェントにとって不利益な内容も正直に述べる姿勢は信頼できます。また、旅行会社であり、留学のプロでもある立場からのアフターコロナの留学に対する意見は、とても参考になります。
  • 学校情報に更新日記載
    学校毎の紹介ページには「記事の最終更新日」が掲載されていて、いつ時点の情報なのかが分かります。学校毎のコロナによるキャンセル規定も、学校情報の中に記載されています。
  • 学校提携数が多い
    学校提携数70校と、フィリピン留学エージェントとのなかでは最多とも言えます。幅広い選択肢の中かから選ぶことができるのは利用者側にはメリットです。ただ、経営状況など、すべての面で厳選された学校とは言いきれないので、利用者レビューが無い学校や、最終更新日が古い学校は注意した方が良いかもしれません。
  • 航空券手配なども一括おまかせ
    元々は旅行会社で、旅行業の認可があります。留学だけでなく、航空券手配なども一括でお任せすることができるので、手間をかけたくない人には便利。(自分で航空券手配することも可能)

セブ島留学マスターのデメリット・注意点

  • キャンセルに手数料がかかる
    留学プログラム開始29日前まででも、キャンセル手数料として20,000円かかります。ただ、渡航規制や学校休校時には、キャンセル手数料免除となっています。
  • 現地サポートの内容が不明
    「現地オフィスがあり、現地でも手厚くサポート」とあるものの、どんなサポートしてもらえるのか具体的な記述がありません。現地サポートを重視する場合は要確認です。
セブ島留学マスターは、航空券手配から留学まで一括手配可能なエージェント。コロナ禍でも安全確実に留学できる国内留学事業もあり、留学を今すぐ叶えたい人にもおすすめ。

 

 


以上、フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントのご紹介でした。ぜひ、複数のエージェントに相談して、自分と相性のよいエージェントや、希望の学校を見つけてくださいね。

 

留学エージェント選びなら下記記事もおすすめ!

 

留学に必要な「IELTS対策」には下記記事もあわせてどうぞ!

 

IELTS受験者必見!