2021年版オーストラリア留学エージェント比較|42社一覧、おすすめ5社、特徴、強み、注意点は?

更新 | 2021-01-25公開

オーストラリアにある留学エージェントの数は、なんと50社以上!

留学やワーホリを予定している方は、どこのエージェントが良いのか、悩みますよね。私も何社か相談しましたが、親身になってくれた会社、欲しい情報を正確に出してくれた会社はごくわずか。複数の会社に相談することが、満足できるエージェントを見つける秘訣だと痛感しました。

そこで今回は、私が調べに調べた50社以上のエージェントの中から、現地にオフィスがある留学エージェント42社を一挙にまとめました!人気エージェント5社についても、特徴やメリット、デメリットと共に詳しくご紹介です。

この記事の目次

留学エージェントには2種類ある

留学エージェントとは、留学に関する手続きを代行してくれる留学斡旋会社です。

留学に関する相談から、学校選びのアドバイス、留学プランの提案、ビザ申請、学校入学手続きなどを行ってくれます。留学エージェントを利用することで、時間が大幅に短縮できるだけでなく、不安をサポートしてくれる心強い存在です。

留学エージェントには、主に下記の2タイプが。

  • 日本国内拠点のエージェント
    留学誌に掲載されているような大手エージェントが多く、世界各国の留学を取り扱う。一括パッケージ型が多く、費用は高額。紹介できる学校は少なめ。
  • 現地拠点のエージェント
    現地特化型で、小規模経営が多い。学校手配や現地サポートは無料。現地の学校情報に詳しい。出発前のサポートが手薄になりがち。

オーストラリア留学なら現地エージェントがおすすめ

留学先がすでにオーストラリアと決まっているなら、おすすめは「現地エージェント」。

なぜなら────

現地情報に精通している

現地拠点エージェントは、もちろん現地在住者が経営しています。留学先の現地情報にも精通していますし、提携している学校も多く、自分の希望に合った学校を選ぶことができます。

MM私自身、国内拠点の大手エージェント「W」に相談していた際に、重要なビザに関する質問で、間違った回答をもらったことが・・。現地エージェントにも同じ質問をしていたので、間違いに気づくことができました。私自身の状況が複雑だったせいも大きいですが、その国のことを一番よく理解しているのは、現地エージェントだなと思わされる出来事でした。

現地エージェントはサポートが無料

現地エージェントは、留学生を学校に斡旋することで、学校から紹介料を受け取っています。留学生側には代行費用はかかりません。学校の入学手続きだけでなく、面倒なビザサポートも無料代行してくれる会社も。

直営の現地サポートデスクがある

日本国内の留学エージェントは、現地に提携オフィスこそあれど、直営オフィスを設ける会社はごくわずか。高いお金を払ったのに、留学中は、ほとんどなにもしてくれなかった、という不満を抱えている人が多いです。

その点、現地エージェントであれば、現地にオフィスがあるので、留学中に発生する問題や不安、相談など、電話でも、オフィスに駆け込むでも、相談しやすい環境があります。

しかも、現地サポートも無料。渡航直後の現地オリエンテーション(銀行口座開設や携帯電話契約などの案内など)、郵便や荷物の一時預かり、留学中の様々な相談にも無料で対応してくれます。特に留学当初には、心強いサポートになってくれること間違いなし。

エージェントを通しても学費は同じ。むしろ割引も

エージェントを通すことで、学費が上がらない?

そんな不安もありますが、実際には、エージェントを通しても、通さなくても、学費自体は変わりません。むしろ、エージェントを通すことで、授業料割引を受けられることも多いです。特にコロナ禍の現状では多くの学校からプロモーションが出ています。

 

学費も割引になる上に、面倒な手続きを代行してくれ、現地サポートも無料で受けられる────そんな「現地エージェント」に頼るのが最も賢い留学だと言えます。

提携外の学校や、幼小中高留学は有料

ただし、エージェントによって提携校数が異なり、エージェントが紹介できない学校もあります。その場合、サポートは有料になることも。希望の学校が決まっている場合、複数のエージェントに無料で手配可能か確認することをおすすめします。

また、幼稚園、小学校、中学校、高校留学の手配料は、有料のところがほとんど。しかし、50社以上を調べた結果、手配料はエージェントによって様々。3000ドルかかるところもあれば、500ドルの会社もありました。

現地エージェントの選び方は?5つのポイント

オーストラリアは人気留学先とあって、現地エージェントの数も多いです。信頼できるエージェントを見つけるポイントは5つ。

  • エージェントの強みが自分の希望に合っているか
    留学エージェントによっては、ワーホリを中心に扱うところ、TAFE・大学・大学院留学を専門に扱うところ、子供の留学に強いところなど様々。自分の希望に合ったエージェントを選ぶことが、成功の秘訣です。
  • PIER資格の有無
    個人でも比較的簡単に留学エージェントを始められることもあり、エージェントが専門知識を持っているかは分かりにくいもの。オーストラリア政府認定留学カウンセラー資格PIER取得しているかも、判断基準になります。
  • 親身なカウンセラー
    PIER資格などで専門知識は判断できても、親身になってくれるかはまた別。カウンセラーとの相性もありますし、できるだけ多くのエージェントに相談するしかありません。
  • 無料サポートの範囲
    無料でサポートしてもらえる範囲はエージェントによって異なります。特に、空港ピックアップとビザ申請代行、キャンセルや変更手続きなどは、有料になりやすいサービスです。無料サポートの範囲を比較検討することで、留学費用の節約につながります。
  • 支払が外貨建て
    支払いが外貨建てでなく、円建ての場合、支払総額が高くなりがち。なぜなら、エージェントが為替変動による損失リスクを避けるために、為替レートに数円程度の上乗せをしたり、自社の利益を含ませることがあるから。学校に直接支払いが可能なエージェント、外貨建て支払いのエージェント、円建ての場合は銀行レートを使用しているエージェントが良心的だと言えます。

オーストラリアおすすめ留学エージェント5社

先ほどご紹介した選び方のポイントを踏まえて、オーストラリアで人気があり、おすすめの留学エージェント5社を評価したいと思います。

  1. ICNオーストラリア留学情報館
  2. オーストラリア留学センター
  3. エミク
  4. オーストラリア留学.net
  5. トラトラ

それでは、会社ごとに詳しくご紹介です。

ICNオーストラリア留学情報館

オーストラリア留学エージェントICN留学情報館

設立2005年
サポートデスクシドニー、メルボルン
国内オフィス東京
紹介対象語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院、高校
オーストラリア全土、全教育機関の紹介が可能
特徴、強み高い実績、時間をかけたコンサルタント、永住権を目指した留学、ビザの専門知識
相談窓口電話、メール、Skype、Line
資格公認ビザコンサルタント1名、PIER資格多数
無料サポート条件4週間以上の学校申込
注目のサポート学生ビザ申請はビザコンサルタントがマンツーマンでサポート
滞在中のビザ切替サポート
銀行口座開設スタッフ同行
日本の書籍を実費+送料1冊300円で取寄せ
授業料支払いドル建てで、学校へ直接支払い

  公式サイト  

ICN留学情報館は、実績や評判の高さや、口コミ評価の良さから、オーストラリアで最も人気のあるエージェントの一つと言えます。

ICN留学情報館のメリット

  • オーストラリア全土、全教育機関学校に対応
    手配可能な学校は、語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院、高校など、オーストラリア全土の教育機関。ウェブサイトには学校情報が詳しく掲載されているので、学校情報を得るためにもウェブサイトは要チェックです。
  • 公認ビザコンサルタント在籍
    ICN留学情報館の代表がビザコンサルタント(移民書士)の資格を保持。ビザの申請サポートはもちろん、複雑なビザケースも安心です。また、永住権を目指して留学する場合も、可能性の高い方法を教示してもらえます。
  • 質の高いカウンセリング
    カウンセラー全員の学歴・経歴が詳しく開示されており、PIER資格保持者、オーストラリアの大学・大学院卒業者ばかり。また、プロフィールを見て、気になるカウンセラーがいれば、直接問い合わせることもできます。時間をかけたカウンセリングも特徴の一つで、ICN留学情報館の口コミでは、カウンセリングを評価する声が多いです。

私自身、家族移住を目標に大学院留学を検討していた際に、ICN情報館代表の廣瀬さんに相談しました。返信が遅い時もありましたが、ビザのことも、大学院ものことも、知識が豊富で、率直な意見で答えてくれるので、信頼できるエージェントだと感じました。また、ビザコンサルタントとして、直近のニュースや永住権の最新動向を考慮した上で、アドバイスしてくれたのも心強かったです。

無料サポートの範囲

4週間以上の学校申込で無料サポートを受けられます。ただし、サポート範囲は、学生ビザか、ワーホリ・観光ビザかによっても異なります。

4週間以上の学校申込で無料

  • 学校手続き、見学手配
  • (ワーキングホリデービザの場合)日本語申請マニュアル配布
  • 納税者番号(TAX FILE NUMBER)の取得サポート
  • 在留届の案内
  • 携帯レンタル電話案内
  • インターネット使い放題
  • 手紙・郵便預かり
  • 荷物一時預かり
  • 日本から書籍の取寄せ(実費+送料300円) (シドニーオフィスのみ)

学生ビザの場合、上記に加え下記も無料

  • 学生ビザ申請マンツーマンサポート
  • 現地でのビザ切替サポート(観光・ワーホリビザ→学生ビザへの切り替え)
  • 現地オリエンテーション
  • 銀行口座開設スタッフ同行
  • 家探しアドバイス
  • 到着時の一時滞在先(ユースホステル、ビジネスホテル)の手配
  • 英文履歴書サンプル配布

下記サポートは有料

  • 大学申請は3大学目まで無料、4大学目から3万円
  • コピー(20¢)、FAX送信、スキャン(20¢)
  • 空港ピックアップ
  • ホームステイ先手配
  • 学生寮斡旋($100)、スチューデントハウス斡旋($200)

ICN留学情報館のデメリット

口コミの評価も高く、信頼できる留学エージェントですが、気になる点が2つ。

  • ウェブサイトの情報が古め(学校情報除く)
    ウェブサイトの作り自体も古いですが、学校情報以外のページでは掲載内容が更新されていない箇所があります。「2014年時点では」といった記述が多く、中には2010年時点の情報で止まっているものも。最新の情報は、ブログ「ICNオーストラリア留学情報館マガジン」やSNSで入手するか、直接問い合わせる必要があります。
  • コロナ対応が分かりにくい
    ブログには新型コロナウィルスの現地状況が掲載されているものの、エージェントとしてのコロナ対応や、今後の見通しに関する情報はなし。ただ、ICN留学情報館は、授業料は学校に直接払いであり、学校ごとにキャンセル対応が異なることから、仕方がないとも言えますが。アフターコロナのキャンペーン中の学校であれば、各学校紹介ページにキャンセル・延期などの取り扱いについての記載があるので、学校ページを要確認です。

ICN留学情報館はどんな人におすすめ?

ICN留学情報館は、学生ビザを取得して、長期間語学学校に通う人や、専門学校、大学、大学院を目指す人におすすめ。ビザサポートが安心ですし、高学歴で自身の経験も豊富なカウンセラーに相談することができます。

無料サポートの条件は「4週間の学校申込」と、他社に比べると条件は緩め。ワーホリや観光ビザで短期間しか学校に通わない人にもおすすめです。ただし、ワーホリ・観光ビザの場合は、無料サポートの内容が限定されますし、ファーム情報や旅行情報などが入手しづらいので、他社とも比較検討してみてください。

 

ICN留学情報館は専門知識豊富で、満足度の高いエージェント。学生ビザを取得し、長期留学する人には特にオススメ。ただし、コロナの影響によるキャンセル対応などは要確認。

オーストラリア留学センター

オーストラリアの留学エージェント「オーストラリア留学センター」

設立1996年
サポートデスクシドニー、メルボルン、ブリスベン、パース、ゴールドコースト、アデレード
国内オフィス東京
紹介対象語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院、高校
オーストラリア全土、全教育機関の紹介が可能
特徴、強み高い実績、豪州6拠点に直営デスク、誠実なコロナ対応、Zoomによるオンライン相談
相談窓口電話、メール、Zoom
資格カウンセラー全員にPIER資格取得を義務付け
無料サポート条件ワーホリ・観光ビザで8週以上学校申込:就学期間中
10週以上学校申込:ビザ期間中
注目のサポート日本からの荷物&郵便物到着前保管、タックスリターン相談
授業料支払いドル建て。学校へ直接払うか、現地オフィスで支払い

  公式サイト  

オーストラリア留学センターは、現地エージェントの中でも規模が大きめで、情報量が豊富な留学エージェントです。

オーストラリア留学センターのメリット

  • オーストラリア全土、全教育機関学校に対応
    手配可能な学校は、語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院、高校など、オーストラリア全土の教育機関。TAFE、大学、大学院留学は専門ページも用意されていて、学校情報・進学の流れ・体験談など、内容が非常に充実しています。
  • コロナ情報が充実
    新型コロナウィルスに対する会社としての対応、現地の状況、今後の見通し、留学プランアドバイス、Q&Aが充実。(→【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について) 特に、Q&Aは、現地留学生・留学を予定している人には気になる内容ばかり。オーストラリア留学を考えている人は必見です。コロナの影響による延期キャンセルの場合、エージェント側からはキャンセル料の請求はなし。ただし、ホームステイや学校側からキャンセル料が請求される場合もあるようです。
  • 6都市に直営デスク
    オーストラリア留学センターは、シドニー・メルボルン・ブリスベン・パース・ゴールドコースト・アデレード、全6都市に直営のデスクがあるのは、他社にない強み。無料サポートの恩恵を最大限に受けることができます。

無料サポートの範囲

8週間以上の学校申込で無料サポートを受けられます。ただし、サポート期間は、8週以上で就学期間中、10週以上でビザ期間中となっています。

8週間以上の学校申込で無料

  • 学校手続き
  • 学費支払方法サポート
  • ビザ申請サポート(状況によって外部ビザコンサルタントの紹介)
  • 各種保険手続きサポート
  • 生活オリエンテーション
  • 携帯電話手続きサポート
  • 交通機関の案内
  • 生活相談
  • シェアハウス探し方相談
  • タックスリターン相談
  • 銀行口座開設案内
  • 荷物&郵便物到着前保管
  • 私書箱サービス
  • 盗難時等のアドバイス
  • 英文履歴書作成サポート
  • TFN申請サポート
  • OSHC延長手続きサポート
  • 学生ビザの延長手続き
  • 学校延長・転校手続き

下記サポートは有料

  • 空港ピックアップ($150~)
  • 学生寮・ホームステイ先手配($260)
  • 仕事マッチングサポート

オーストラリア留学センターのデメリット

サポートが充実していて、口コミでも満足度が高いエージェントですが、気になる点が2つ。

  • 8週未満の学校申込では現地サポートが受けられない
    無料サポートの条件が他社より厳しく、8週以上の学校申込で「就学期間中のみ」。10週以上の学校申込で「ビザ期間中」です。つまり、8週未満の学校申込では、現地サポートが受けられません。ワーホリや観光ビザで入国し、短期間だけ学校に通いたい場合には、エージェントを利用するメリットが限られます。
  • 複雑なビザサポートは不可
    ETAS、ワーキングホリデービザ、学生ビザの申請は手伝ってもらえるものの、公認ビザコンサルタントが在籍していないため、ビザの種類や申請状況によっては、他社のビザコンサルタントが紹介され、別途費用が発生します。

オーストラリア留学センターはどんな人におすすめ?

無料サポートの条件が厳しいので、10週以上の学校に申込する人におすすめ。ワーホリで学校に通う予定が無い場合は、他社を選んだ方が無難です。

また、留学エージェントが少ないブリスベン、ゴールドコースト、パース、アデレードにも現地直営オフィスがあるので、これらの都市を希望している人にもおすすめです。

ただし、ビザコンサルタントが在籍していないため、複雑なビザケースや、永住権を目指した留学は、他社に相談するほうが確実です。

 

オーストラリア留学センターは、カウンセラーの質が高く、無料サポートも充実したエージェント。「10週以上学校申込」や「地方都市への留学」におすすめ。ただし、ビザサポートは限定的。

エミク

オーストラリア留学エージェントのエミクのトップページ

設立2002年
サポートデスクシドニー
国内オフィスなし
紹介対象語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院、高校、親子留学
特徴、強み高い実績、永住権を目指した留学、ビザの専門知識
相談窓口電話、メール
資格公認ビザコンサルタント2名
無料サポート条件学校申込
注目のサポート学生ビザ申請はビザ申請代行
授業料支払い外貨建てで、エージェントへ支払い

  公式サイト  

EMic(エミク)は、ワーホリ、語学留学から専門留学まで、総合的に扱っている現地エージェントです。特に、ビザ関連に強いエージェントとして人気です。

エミクのメリット・特徴

  • 公認ビザコンサルタントが2名在籍
    社内にビザ専門部門「オーストラリアンビザネット」があり、経験豊富な公認ビザコンサルタントが2名在籍しています。留学エージェントではビザコンサルタントが1名在籍しているだけも珍しいですが、2名も在籍している会社はなかなかありません。留学相談だけでなく、ビザのことも無料で相談できるので、永住権を目指した留学に最適。また、複雑で取得が難しいと思われるビザケースの取得実績も豊富なので、ビザサポートの面ではかなり信頼できます。
  • 学生ビザの申請代行
    多くの留学エージェントが提供している「無料ビザサポート」は、アドバイスをもらえるものの、結局申請は自分自身で行います。エミクでは、学生ビザで渡航する場合、ビザコンサルタントが無料で「申請代行」してくれるので、ミスがなく確実。手間も省けます。
  • 対応が迅速
    口コミ評価が高く、信頼されているエージェントですが、特に対応の迅速さを評価する声が多いです。
  • 現地サポートの条件が緩い
    現地サポートの条件は「学校申込」だけ。他社と違って、就学期間のしばりがありません。短期間だけ学校に通いたい人もサポートを受けられるのは大きなメリットです。

 

私自身、エミクには何度も何度も相談しました。現地の下見に行った際には、現地オフィスに訪れたことも。オーストラリアへ家族で移住したくて、家族を連れて大学院留学→永住権を目指していたので、質問内容は、夫の就労ビザや子供の学校のことなど、多岐にわたりました。メールの宛先とCCには、常にカウンセラーとビザコンサルタントの両方が入ってくれ、内容に応じて、それぞれが返答してくれたのが、とても心強かったです。返答が早い・的確・誠実、と私にとっては一番信頼できるエージェントだと感じ、エミクで留学予定でした。(留学準備途中で、カナダのスキルドワーカープログラムが発表され、これまでの自分の経歴だけで永住権申請できることになり、オーストラリア留学は急遽中断しました)

無料サポートの範囲

学校申込で下記のサポートが無料です。

学校申込で無料

  • 学校手続
  • 学生ビザ申請代行
  • 健康診断予約サポート
  • ビザ相談
  • インターネット利用
  • 掲示板利用
  • 紅茶・コーヒーサービス
  • 銀行口座開設アドバイス
  • 仕事探しアドバイス
  • ピッキング情報提供
  • 英文・和文履歴書サポート
  • 日本の雑誌閲覧
  • アコモデーション探しアドバイス
  • 携帯電話契約サポート
  • 在留届提出サービス
  • 納税者番号取得方法紹介
  • IELTS試験会場紹介
  • 海外留学保険の加入手続

下記サポートは有料

  • 空港ピックアップ
  • ホームステイ先手配
  • スキャン/Fax/印刷
  • 私書箱サービス
  • 日本へ荷物郵送

エミクのデメリット・注意点

ビザサポートの面や、信頼度の高さで人気のエミクですが、デメリットと言えるのが下記2つ。

  • コロナ対応が分かりにくい
    ブログには、新型コロナウィルスの現地状況や、学校のコロナ禍キャンペーンの情報が順次掲載されているものの、会社としてのコロナ対応のページはなし。問い合わせの際には、今後の留学の見通しや、キャンセル延期の取り扱いなど、要確認です。
  • カウンセラーのプロフィールや資格情報がない
    ビザコンサルタント2名のプロフィールや写真は掲載されているものの、留学カウンセラーの情報がほとんどなく、PIER資格取得済みで専門知識の有無、オーストラリア留学経験、カウンセラーとしての実績などが不明。実際に相談してみて、信頼できるかどうか判断する必要があります。
  • 斬新なサービスがない
    留学エージェントで最近一般的になってきたLINEでの問い合わせや、Zoomでのカウンセリング、などには対応していません。ウェブサイトの作りも古く、情報も少なめ。

エミクはどんな人におすすめ?

ビザの専門家でもあるので、永住権を目指して留学する人や、学生ビザで渡航予定の方は、相談してみる価値大です。(学生ビザは申請代行も無料)

また、無料現地サポートの条件の緩さから、ワーホリや観光ビザで短期間だけ学校に通いたい人にもおすすめです。

 

斬新さはないものの、永住権留学・専門留学・短期留学のそれぞれにメリットのある、総合的に優れたエージェント。ウェブサイトは、学校情報はじめ、情報が限られるため、問い合わせるか、自力で情報収集する必要あり。

オーストラリア留学.net

オーストラリア留学ネットの公式トップページ

設立2012年
サポートデスクシドニー
国内オフィス大阪
紹介対象語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院、高校
オーストラリア全土、全教育機関の紹介が可能
特徴、強み斬新なサービス、誠実なコロナ対応、学費宿泊費最安値保証
相談窓口電話、メール、Line、Skype、Zoom
資格カウンセラー全員がPIER資格取得
無料サポート条件6週間以上の学校申込
注目のサポート出発まで無制限の無料オンライン英会話レッスン
無料のオンラインスキルアップクラス
フィリピン、オーストラリア2ヶ国留学サポート
大学・大学院出願手続き無料

24時間緊急連絡サポート
有料サポートホームステイ手配($280)
空港送迎
授業料支払い外貨建て・円建て選べる。エージェントへ支払い

  公式サイト  

オーストラリア留学ネットは、「WATERFRONT AGENCY LIMITED」という香港の会社が経営しているエージェントです。比較的新しい会社で実績は少なめですが、斬新なサービスで人気です。

オーストラリア留学.netの特徴・メリット

  • オーストラリア全土、全教育機関学校に対応
    手配可能な学校は、語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院、高校など、オーストラリア全土の教育機関。ただし、ウェブサイトは語学学校の情報が中心で、専門学校や大学などの情報は少なめです。
  • 無料英会話レッスン、スキルアップレッスン
    渡航前に無料でオンライン英会話レッスンや、動画やブログ、プログラミングなどのスキルアップが無制限に受けられます。新型コロナウイルスの影響で留学を延期した方に、毎日オンライン英会話レッスンがサービスを無料提供中です。(無期限、無制限)
  • コロナの影響によるキャンセルは全額返金
    新型コロナウィルスの現状や、今後の見通し、留学プランの立て方などが、会社としてのコロナ対応が明記されています。また、コロナの影響による渡航制限で留学キャンセルになった場合、学費・宿泊費含む支払い金額の100%が全額返金保証されます。(自己都合のキャンセルは除く)先行きが不透明な状況ですが、これから留学プランを立てる場合でも、費用リスクが一切ないので安心です。

無料サポートの範囲

6週間以上の学校申込で下記のサポートが無料です。2~5週間の学校申込の場合、無料サポートは学校手続き・宿泊先手配のみに限られます。

6週間以上の学校申込で無料

  • 英会話レベルチェックテスト
  • 学校手続き
  • 学校見学/トライアルレッスン手配
  • オンライン英会話レッスン
  • スキルアップクラス
  • 海外留学保険の加入手続き
  • SIMカード案内
  • 留学準備マニュアル、海外生活のしおり送付
  • 英語履歴書作成サポート
  • ボランティア/インターンプログラム紹介
  • 海外留学生保険(OSHC)手続き
  • ビザ申請サポート
  • GTE添削
  • 生活オリエンテーション
  • 携帯/SIMカード契約手続き
  • 銀行口座開設案内
  • 在留届申請サポート
  • TFN申請サポート
  • RSA取得サポート
  • 公共交通機関の案内
  • 求人紹介
  • ファーム求人情報紹介
  • 住まいの探し方の案内
  • 現地観光スポット紹介
  • 24時間緊急連絡サポート
  • 帰国後のキャリア/人生相談
  • ビザ延長の相談
  • 進学・就学延長・転校手続き

下記サポートは有料

  • 空港ピックアップ
  • ホームステイ先手配($280)

オーストラリア留学.netのデメリット・注意点

渡航前の無制限英会話レッスンや、全額返金保証など、魅力的なサービスを提供しているエージェントですが、気になる点が3つ。

  • 現地サポートデスク・・?
    国内には大阪にオフィスがあるものの、現地オフィスの情報が皆無。香港にある親会社のページには、シドニー支店の住所が掲載されていますが、地図で確認すると、セントラル駅からバスで約40分のブロンテビーチの近くの小さなアパートでした。オフィスが実在するとしても、現地オフィスに出向いてのサポートは期待できません。郵便一時預かりなどのサポートがないのも納得です。
  • カウンセラーのプロフィールがない
    カウンセラーは全員PIER資格取得しているようですが、写真やプロフィールは一切なし。スタッフブログもないので、どのような人が対応してくれるのか全く分かりません。ウェブサイトは綺麗にまとまっていて、体験談も多く掲載されているものの、エージェント側の人間味は感じられません。
  • 永住権の相談は不可
    公認ビザコンサルタントが在籍していないため、永住権に関する相談はできません。外部のビザコンサルタントを紹介されます。

オーストラリア留学.netはどんな人におすすめ?

オーストラリア留学.netは、コロナの影響による授業料返金制度があるだけでなく、渡航日まで無制限の英語レッスンも用意されているので、コロナ禍でも留学プランを進めたい人にはおすすめです。

また、学費・ステイ先の最安値保証、渡航にかかる費用も最安値保証をかかげているので、他のエージェントとの料金比較、相場確認として利用するのもおすすめです。

 

オーストラリア留学.netは、渡航前の無料英語レッスンが魅力。英語留学費用を抑えつつ、コロナ禍でも準備を進められるエージェント。ただし、現地サポートは他社現地エージェントに比べると手薄。

トラトラ

オーストラリア留学エージェントのトラトラ

設立1997年
サポートデスクシドニー
国内オフィスなし
紹介対象50校以上の語学学校・専門学校
特徴、強みワーホリ滞在者に人気、旅行手配、レートの良い両替、ビザコンサルタントによるビザ切替・延長サポート
相談窓口電話、メール、Line
資格オーストラリア移民法書士資格1名、PIER資格2名
無料サポート条件現地オフィスや無料セミナーは誰でも利用OK
注目のサポート学校申込でビザサポート無料
有料サポート3種類のワーホリサポートパックあり(滞在費込み、授業料別)
✔スタディプラン($1560)
  学校見学+ホームステイ4週間+空港送迎+銀行開設同行や荷物預かりなど現地サポート
✔ワークプラン($715)
ユースホステル1週間+空港送迎+仕事探しなどの現地サポート
授業料支払いドル建て。学校へ直接払うか、現地トラトラオフィスで支払い

  公式サイト  

トラトラは、ワーキングホリデービザ滞在者に非常に人気のあるエージェントです。

トラトラのメリット・特徴

  • ワーホリ向けサービスが豊富
    滞在費付きワーホリサポートパック、自社独自プランの携帯・格安SIM手配、旅行手配、ファームジョブ情報など、ワーホリ滞在中に気になるサービスが豊富です。特にパッケージ旅行は数多く取り扱っているので、ワーホリ中に旅行を楽しみたい方は必見。
  • 学校は現地で申込
    学校への申し込みは、現地到着後が基本。実際に自分で見学して決められるので、学校選びの失敗が防げます。授業料の支払いは学校へ直接支払い、もしくは、トラトラ現地オフィスでの支払いとなります。
  • 毎日無料セミナー実施
    シドニー到着セミナー、ピッキングファーム探しセミナー、仕事探しセミナー、初めての海外生活セミナー、英会話セミナー、シェアーハウス探しセミナー、就職セミナーなど、毎日様々なセミナーが無料で開催されています。
  • 日本人留学生が集うオフィス
    現地オフィスは1日300人もの日本人ワーホリ・留学生が集うコミュニティセンターのような存在になっています。飲み会やBBQなども定期開催されているので、有益な情報交換の場、友達作りの場として活用できます。
  • 公認ビザコンサルタントによるビザ切替・延長サポート
    公認ビザコンサルタント(移民書士)が在籍しているので、渡航前のビザ申請や、現地でのビザ切替・延長サポートも安心です。料金は200ドルかかりますが、学校申込で無料です。

トラトラのデメリット・注意点

  • 紹介できる学校が限られる
    紹介できる学校が限られていて、シドニーの語学学校を中心に、提携校は50校ほど。ワーホリで、短期間だけ語学学校に通いたい人や、渡航後にすぐに働きたい人にはおすすめですが、高校、大学、大学院、TAFEなどに留学したい人には向きません。
  • 渡航前のサポートが限られる
    Lineの相談窓口はあるものの、現地オフィスでの対面サポートを重視しているので、渡航前のサポートは限られます。

 

トラトラは、ワーホリを専門とし、現地の駆け込み寺的存在のエージェント。他社エージェントを利用した人も、現地オフィスは利用可能。セミナーや情報収集などに訪れる価値あり。

オーストラリア留学エージェント37社一覧

ここまでで紹介した5社のほかにも、オーストラリアには留学エージェントはたくさんあります。その他の現地エージェント37社を都市別に一挙にご紹介です。(一部、現地オフィスが提携先の会社もあり)

気になるエージェントがあったら、できるだけ多くのエージェントに相談してみてください。見積を比較することができますし、自分にあうエージェントが見つかりますよ。

シドニー拠点の留学エージェント一覧

  • AIC オーストラリアインフォメーションセンター
    国内(東京・横浜・名古屋・大阪)、現地(ブリスベン・ゴールドコースト・シドニー・パース・メルボルン・ケアンズ)に直営オフィス。語学留学、ワーホリ専門。ビザ代行申請が無料。
  • オーストラリア留学ワールド
    シドニー、フィリピン・セブに直営オフィス。語学学校、専門学校、大学、大学院など幅広くサポート。フィリピンとの二カ国留学、コロナによるキャンセル対応あり。
  • iae留学ネット
    シドニー、メルボルン、パースに直営オフィス。iaeグローバルジャパン(iae留学ネット)のオーストラリアの代理店。語学学校、専門学校、大学、大学院、小中高留学、親子留学など幅広くサポート。
  • シドニー留学センター
    シドニー、東京、大阪、名古屋に直営オフィス。世界9都市でオフィスを運営する大手エージェント。主に語学学校、専門学校、高校留学をサポート。渡航前後の無料英語レッスンあり。
  • 留学のチカラ
    シドニー、メルボルン、ブリスベンに直営オフィス。語学学校中心に手配。2カ国留学、250分の渡航前無料英会話レッスンあり。
  • スマ留
    11カ国24都市に提携オフィス。(オーストラリア国内はシドニー、メルボルン、ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ、パース)新しい会社ながら、他社の最大半額の格安留学で有名になったエージェント。語学留学、ワーホリが専門。
  • ラストリゾート
    サポートが有料から無料に変わった国内大手エージェント。国内43拠点、オーストラリアにはシドニーに直営オフィス。語学留学、ワーホリ、ホームステイが専門。
  • アイエス留学ネットワーク
    シドニーに直営オフィス、ゴールドコーストに提携オフィス。語学学校、専門学校、中学高校、大学、大学院と幅広く対応。24時間緊急サポートあり。
  • JP-AUS.com
    東京とシドニーに直営オフィス。語学学校、専門学校、大学、大学院、幼・小・中・高校、親子留学、シニア留学などをサポート。看護留学に強み、幼小中高の手配料が500ドルと他社より安め。
  • オーストラリア留学ネットワーク(JEIC)
    シドニーに直営オフィス。幼稚園・小中高校、語学学校、専門学校、大学などをサポート。ただし、TAFE、2校目以降の大学手配などは有料。
  • エクセルエデュケーション(XL Education)
    シドニーに直営オフィス。語学学校、専門学校、大学、大学院への留学をサポート。
  • KOKOsオーストラリア大学.com
    シドニー、東京に直営オフィス。大学・大学院・TAFEを主に取り扱う、進学専門エージェント。
  • リズム留学センター
    シドニーに直営オフィス。語学学校、専門学校、大学、大学院、親子留学など幅広く対応。公認ビザコンサルタントが在籍し、ビザの取得代行が無料。ウェブサイトは最新の情報が少なめ。
  • ジャパンセンターオーストラリア
    シドニーに直営オフィス。語学学校、専門学校を中心に手配。TOEIC公式テストセンターにもなっている。
  • マイステージ(MyStage)
    シドニーに直営オフィス。オーストラリアの留学エージェントだが、現在は他国の留学も取り扱う。語学学校、専門学校、大学、大学院、小中高留学、親子留学、インターンシップなど幅広くサポート。
  • DK留学サービス
    シドニーを専門とする外資系エージェント。語学学校、専門学校、大学、大学院などを取り扱う。シドニーと東京に直営オフィスがあるが、現地生活サポートはなし。JTBグローバルアシスタンスが利用か。
  • ジャパマイト
    シドニーに直営オフィス。バスケ留学、ダンス留学、語学留学を主に取り扱う。提携校は少なめ。
  • デザインプラス(Design Plus)
    シドニーに直営オフィス。語学学校、専門学校、中学高校、大学、大学院と幅広くサポート。携帯電話会社Optusと代理店契約していて、格安プランに加入できる。
  • Hiko留学ネット
    シドニーに直営オフィス。1995年開設の老舗エージェント。
  • ASP留学情報センター
    シドニーに直営オフィス。ワーホリを中心に、語学学校、専門学校、大学、大学院をサポート。小中高校は有料手配。
  • エデュケーションサービスオセアニア
    東京に直営オフィス、シドニー、メルボルン、ブリスベンに提携オフィス。語学学校、専門学校、大学、大学院、中学、高校などをサポート。
  • ラララ・オーストラリア
    現地オフィスは提携先。主に語学学校、専門学校をサポート。最安値保証、ビザ代行申請無料が強み。
  • YAC Agency
    東京に直営オフィス、シドニーに提携オフィス。語学留学、ワーホリが専門。
  • アクティブウーマン留学センター
    東京に直営オフィス、現地にオフィスはなし。女性専用エージェントで、語学学校中心にサポート。ワーホリ・学生ビザ代行申請無料。

メルボルン拠点の留学エージェント

  • インジョイオーストラリア(Engjoy Australia)
    メルボルンに直営オフィス。親子留学、中高生留学、シニア留学を中心に取り扱い、手厚いサポートを提供。
  • オーストラリア留学交流協会・MTSC
    メルボルンに直営オフィス。語学学校、専門学校、中学高校、大学、大学院などをサポート。現地で長い実績のあり、フィリピンとの二カ国留学にも対応。
  • タイムスタディ(Timestudy)
    メルボルンに直営オフィス。外資エージェントの日本部門。語学学校、専門学校、中学高校、大学、大学院、小中高留学など、幅広くサポート。公認ビザコンサルタント在籍。
  • ユーアンドアイグローバル(U&I global)
    メルボルンに直営オフィス。語学学校・専門学校・TAFE・大学・大学院などをサポート。ウェブサイトの情報は少ないが、アメブロに最新情報あり。
  • ユアオージーライフ(Your Aussie Life)
    メルボルンに直営オフィス。語学学校・専門学校・TAFE・大学・大学院などをサポート。移民で作られたアットホームな新しい会社。空港ピックアップ無料。
  • TJ Network
    メルボルンに直営オフィス。ワーホリ、語学学校を主にサポート。携帯や銀行開設に同行サポート。

ブリスベン、パース、ゴールドコースト、アデレード拠点の留学エージェント一覧

 

留学に必要な「IELTS対策」には下記記事もあわせてどうぞ!

カナダ留学なら下記記事もおすすめ!

 

 

IELTS受験者必見!