ホーム タグ カナダのニュース

タグ: カナダのニュース

【11/18更新】シアーズカナダ全店閉店セール!今週の割引率は?Sears Homeの情報も!

全店完全閉店することになったSears Canada。10/19から始まった閉店セール、今週は一体どれくらいの割引なのか?11月18日現在の商品の割引率やセール情報などをご紹介!特にSears Homeはいよいよ閉店間近になり、「超」お得です!!

20年間デフレに苦しむ日本、年々物価が上昇するカナダ

最近、色々な物が値上がりしていませんか?20年間も物価が変わらない日本ですが、カナダは年々物価が上昇中です。今年は特に食品価格が上昇中!今回の記事では、最新の統計を元に、カナダの物価上昇率や都市別・品目別の推移などをご紹介します。

Amazon第2本社はどこになる?!誘致合戦や各誌の予想が面白い!

米アマゾンが第二本社候補地の公募を発表してから、莫大な経済効果を狙って北米都市では熾烈な誘致合戦が!都市の面白い誘致アピールや、ビジネス各誌の出した候補地予想もご紹介です。一体第二本社はどこになるのか。トランプ大統領の宿敵であるAmazonのCEOジェフ・ベゾス氏はカナダを選ぶかも?!

【2017年版】カナダ移住どこが住みやすい?移民向け都市ランキング

カナダに移住するなら、どの都市が一番住みやすいのか?失業率、給与水準、家賃相場、移民比率、治安などの指標から、「新移民が住みやすい都市」をご紹介です。

【2017年版】カナダ国内の住みやすい都市ランキング

住みやすい国ランキング常連国カナダ。カナダ国内で見たら、どの都市が住みやすいのでしょうか?「2017年版 カナダ国内の住みやすい都市ランキング」をご紹介です。

大阪梅田ツタヤでカナダ建国150年記念フェア開催中!カナダ産オマール海老スープを味わいながら、カナダを発見しよう!

カナダ観光局と蔦屋書店がコラボしたカナダフェアが大阪梅田ツタヤで開催中です。写真家吉村和敏のカナダ写真展に、特産品、留学説明会、そして遠山正道のトークイベントなどなど、お近くの方はお見逃しなく!

2017年はカナダ観光がお得!建国150周年で国立公園・史跡が全て無料ですよ!フリーパスの入手情報もまとめます。

カナダ建国150周年を迎える2017年は、カナダ観光の大チャンス!入場料10~20ドルするような公園や施設が無料?!フリーパスの入手情報やおススメの公園・史跡もご紹介。

カナダ大西洋側で魚介類が謎の大量死!一カ月以上続き、事態は悪化だそうです・・

カナダの大西洋側NS州で、ニシンなどの魚や、カニ、ロブスター、ヒトデ、ホタテなど、何千もの魚介類が大量死しています。ひと月以上続き、事態は悪化する一方だそう・・・。気になる原因は?!

ノバスコシアからボストンへ100年前の感謝を込めて贈るクリスマスツリー。ハリファックス大爆発とツリー贈呈の理由

ボストンダウンタウンの公園に飾られている、ひと際大きなクリスマスツリー。落ち着いた優しい佇まいのツリーには、ノバスコシアからの100年前の感謝が込められています。背景となったハリファックス大爆発や、モミの木贈呈の伝統についてご紹介です。

2016米大統領選投票率56%!政治の関心は高いのに投票率が低い理由

トランプ対ヒラリーで大注目を浴びた大統領選。政治への関心は強い一方で、意外にも投票率は低いようです。

ケーブルテレビが無くても、海外からでも。日本のオリンピック試合、無料で見れますよ!

リオオリンピックが始まりましたね!ケーブルテレビを契約してなくても、オリンピックを見る方法、そして、海外にいても日本の試合を見逃さない方法とは?

世界の肥満度ランキング発表!日本は痩せすぎ?カナダは本当に肥満国?

痩せすぎが問題になる日本ですが、世界的に見るとどうなのか?カナダはアメリカと同じく、やはり肥満国なのか?世界各国の肥満度ランキングを元に、気になるデータを見てみます。

【2016年版】カナダ移住するならどこがいい?移民向け都市ランキング

カナダに移住するにあたって、どの都市が一番住みやすいのか?失業率だけでなく、家賃相場、移民比率、治安、気候などの指標から、「新移民が住みやすい都市トップ10」をご紹介します。これからカナダ移住する人、どこに住むか悩んでいる人は必見ですよ!

【2016年版】カナダ国内の住みやすい都市ランキング!!

住みやすい国ランキングで毎年上位に入るカナダ。でも、カナダ国内で見たら、どの都市が上位に入ってくるのか?2016年版の「カナダの住みやすい街ランキング」をご紹介します。

全校146人の学校に41人のシリア難民生徒!?カナダ教育現場の現状がマズイ・・・

これまで2万5千人のシリア難民を受け入れたカナダ。支援体制は充実していたはずが、教育現場では資金不足から様々な混乱も発生しています。ニュース記事から、シリア難民を受け入れたカナダの教育現場の現状をご紹介します。

IELTS受験者必見

新着記事