大人の塗り絵『ひみつの花園』9月は、花畑の中にある井戸の絵です!

| 最終更新日:2017-11-13
887

我が家のカレンダーは、大人の塗り絵でとても有名な「ひみつの花園 」の塗り絵カレンダーですが、9月の分もようやく塗り終えました!

今回もなんとかギリギリ間に合ったー。ふぅーーー💦

9月は花畑の中にある井戸

IMG_5790[1]

今回は、お花に囲まれた井戸の絵です。こういう幻想的な絵は大好き。

 

完成作品

IMG_7220 (2)[1]

またいつものように白残しが多いですね(笑)

手抜きしつつも、目立たせたい模様が引き立つ気がして、あえて「塗り残し」を作る塗り方が気に入っています。

今回、私なりに頑張ってみたのが井戸。

IMG_7225 (2)[1]

今までになく、影を取り入れた塗り方にしてみました。陰を入れるだけで、本格的に見える気がして、満足。

また、井戸の色は、既成概念にとらわれずピンクなどで塗ろうかとも思ったけど、やっぱり私の感性では、ごく普通のグレーに収まりました😅でも、影は黒だけでなく、青も入れたりして、幻想っぽくなるよう、あがいてみた(笑)

井戸を塗ってから、その他の模様を何色にするか考えたのですが、過去にあまり使ってこなかった色で塗ってみたいなぁと思い、ネイビーを中心に塗ってみました。あと、茶色も。ずいぶんシックな感じになりました。全然9月ぽっくないですねw

あと、悩んだのが、井戸の下にある砂利のような、ブツブツしたところ。これ、全部塗ってしまうと、重くなるよね?!と思い、結局ここもかなり薄い色で所々だけ塗ってみました。軽く仕上がって、他の花などが目立つので、良かったかなぁ。

さて、今回使った色鉛筆はこちら。IMG_7232[1]

Crayola(クレオラ)色鉛筆を使いました。三菱の色鉛筆に比べると発色は劣りますが、48色あることに大満足。やっぱりカラー豊富なのが使い勝手が良いです。

他の人の作品

さて、今回も気になる他の人の作品を見てみたいと思います。見たら凹むけど、、、やっぱり気になるんですよね。そして、次回への参考に!

ひみつの花園」の著作者である、ジョハンナバスフォードさんのHPにあるギャラリーから、作品の画像を引用させていただきます。ところで、ジョハンナさんの公式HPがとても素敵になっていますね。このギャラリーのページもすごく見やすくなっていて、快適♪

01c117e7de6cec3d0cd4c15c7348a937-1 9f031d0ecf2548b1f71c00c58c8956b3-1 7d7db7e4240bd1bd7a787a9106866871-1 11b251c4b2bcadda16ee51a7d69a6919-1   34ca014172e34332359398b261457eb9-1 67f61adafbd1563995537d4169ce68f0-1 89cdfa265f57ca835616e916936ac123-1 3993ea70f6658970563d792d2a1edf18-1 4537145b78b295d5eb7aabe8f28b4bea-1 6315580ec618f414420b90317e7ace73-1 a64bf4ee6b980bf2fab2d18e652d5a9c-1 a887999ba1e1796af63965571692c586-1 aaa5d97af3bcbf9b877b136775b74474-1 ffc1e1622c91bc6269c32954c86832eb-1 e1f292c12abbdd4a4e090aca11b5a64a-1 beb2be321e7b53daaf201ce7906daaa0-1 aea35988afa617631f8249b42fc85eb2-1 dcb83fa18c37f09d7bb9dfed57f79120-1

ほほーー、そう塗るのね!!自分では思いつかない発想や、真似できない塗り方がたくさんで、感心が止まりません。

特にステキだなぁと感じたのが、この作品。

23b1207cd0b34758949a9b3c98786134-1

こんな可愛らしさ溢れる色使いはぜひ真似してみたいです。最近特に、塗る色を限定して塗ることが多かったので、改めて、色とりどりの塗り絵の良さを実感します。砂利の部分も、全て塗っているけど、花の色が濃いので、しっかり引き立っていますね。この濃さは、やっぱりサインペンかなぁ。

こちらの作品も、優しい色使いがとてもきれいで、ため息が出ます。

32c968d61d246a08aa005ad072cea34e-1

レースの模様の縁取りで飾りたくなるような、ロマンティックな作品です。全体的に淡いカラーでまとめているけど、ここまで細かな色身だと、48色、もしくはそれ以上の本数が入った色鉛筆を使っていそうですね。

部屋に飾ってみた

IMG_7243 (3)[1]

作品の色に合わせて、台紙も変えてみました。(台紙の作り方など、詳細はこちらにて)

これまではパッチワークのように、パターンペーパーで縁取りしていましたが、今回は1つの柄だけにしてみました。これだとシンプルだし、いろんな作品に合わせやすいかな。

全然9月っぽくない作品ですが、、、また今月も壁の印象が変わって、新鮮な気分です。

毎月楽しめる塗り絵カレンダー、出来上がった作品を部屋にも飾れておすすめですよー。