子供作品のおしゃれな飾り方&超省スペース保管方法はコレに決まり!収納にお悩みの方もぜひ~♪

| 最終更新日:2016-04-04
17106

塗り絵、お絵かき、工作、折り紙・・・、日々溜まっていく子供のアート作品たち、皆さんどうやって収納したり、飾ったりしていますか??

せっかく子どもが作った作品、捨てるなんてなかなか出来ないし、とは言え、全部保管していたら、その数や膨大に!!

今回の記事では、限られたスペースに子どもの作品をおしゃれに飾る方法、それでいて、溜まっていく作品を思い切って捨てられる「断捨離!!」が出来てしまう、ナイスな方法をご紹介したいと思います♪

今までのイケてない飾り方

子どもの作品を飾る方法として、これまではこんな風に、木製の洗濯バサミと麻ひもを使って、壁に飾ってきました。でも・・・

IMG_7595[1]

うーん、、、これはイケてなすぎる・・・💦なんとも雑多ですよね。

ただただ吊り下げていくだけだったので、ごちゃごちゃしているし、日々作品は量産されていくので、あっという間にディスプレイスペースは無くなってしまいます。

そのため、古いものから順番にダンボール箱に入れて保管すると言う感じでした。

・・・・・

でも、溜まっていく・・・。ダンボールにもどんどん溜まっていく・・・。

どの作品たちも、子どもが一生懸命作ったものばかり。この年齢の今しか描けない絵、今しか作れない作品ばかりです。そう思うと、なかなか捨てるわけにもいかないんですよね💦

収納スペースの問題は「写真」で解決!

なかなか捨てられずに、溜まりに溜まった作品たち。。。。これでもまだまだ一部です。

IMG_7409[1]

さて、どうするか?!

今までのように、ダンボールに入れて保管しておく?

いやーー、実際、今後どれだけの回数、その保管された作品を見るかって、私の場合、ダンボールを空けるのを面倒くさがって、きっと数年に一度くらいしか、目にする機会はないと思います。。。しかもスペースの都合上、全部の作品を残しておくのは無理ですし。

保管して残しておくのは、ごくごく、ごーーく一部の作品に厳選することにして、残りの作品は保管する代わりに、写真に撮って収めていこうと思います!『思い出を写真に』とはよく言ったもので。

写真に撮っていけば、全ての作品を残してあげることもできるし、さらにきちんとアルバムにしておけば、今後、簡単に振り返って見ることが出来ます。もちろん、実物の感動には勝てないけれど・・。

前々からずっとやりたかったんだけど、なかなか億劫で取りかかれませんでした。でも、あまりに雑多すぎる壁を見て、ため息・・。今回、ようやくお尻を叩いて頑張ってみました!

億劫だったものの、作品を一枚一枚写真に撮っていると、その時のことを思い出しながら作業ができて、案外楽しいもので。1時間くらいで全ての作品を写真に収めることができました。

パソコンに年別に保存すれば、思い出保管完了!

写真でミニ作品集を作ってインテリアに

でも、単に写真に撮って保管するだけではもったいない!

ディスプレイにも使いたくて、ミニサイズで印刷して、ミニ作品集にしてみました♪

IMG_7587[1]

コンパクトにまとまりつつ、昔の作品が懐かしめる~♡スンバらしい!!自画自賛ですw

フォトペーパーを切らしていたので、単なるコピー用紙に印刷しているだけです。

紙一枚ではちょっと貧相だったので、色のついた用紙を台紙にして、レース模様のテープで飾り付けしてみました。レーステープ恐るべし!!これを張るだけで、一気にインテリア仕様に仕上がります♡

こんなミニ作品集を3枚作って、壁に飾ってみました~。

IMG_7590 (4)[1]

気に入った~♡

ディスプレイと言えば、定番のガーランド。本棚などの収納でも紹介したけど、ここでも再び登場。『なんとかの一つ覚え』・・・(笑)?だって、パターンペーパーを切って張るだけ。あっという間に作れて、お手軽なんですもんw

雑多な本棚を改善したい!実用的でおしゃれに本を収納する方法ってないかな・・・

 

ガーランドだけでも良かったんだけど、なんとなく寂しかったので、周りにポストカードも貼ってみました。

IMG_8550[1]

うんうん、ますますいい感じ~♪こうやってまとめると、子どもの作品も立派なアート、おしゃれなインテリアになりますねぇ。

って・・・、息子の作品より、市販のポストカードのほうが大きいし、目立ってるわ。。。

メインはどっちなんだ、という疑問は大いにありますが、まぁいいでしょうw 大きさよりも、心よ~♡

なんたって、息子は、ずいぶん昔の作品から今の作品まで、たくさん飾ってもらえたことに、とても誇らしげなのです!「もっと描いてあげるねーー!」だって♡

子どもにとって、お母さんが自分の作品を嬉しそうに飾ってくれるって、すごく嬉しくて、誇らしいんでしょうね。次なる作品へのやる気にもつながるみたい!

ミニ作品集の作り方

ちなみに、どんな風にこの「ミニ作品集」を作ったかというと。

私は写真を「Excel」に取り込んで、位置を調整して印刷しました。「ペイント」などに張り付けても良いのですが、Excelの方が画像の位置を合わせやすいですし、個別に各画像のトリミングや画質調整もできて便利なので。

他にもいい方法はあるとは思うのですが、私がやった方法を簡単にご説明しますね。

  1. 作品を一枚づつ写真に撮影する
  2. 写真をパソコンに取り込み、Windows標準の「フォト」アプリなどで開く
  3. 右クリックして「コピー」1
  4. Excelの新規ブックを開いて、右クリックで「張り付け」
  5. 位置や大きさを調整する。ドラッグなどの操作でも簡単にできるけど、図の書式設定を利用すると調整しやすいです。
    2

さらに、これはお好みではありますが、「挿入」→「ヘッターとフッター」を開き、ヘッターに子どもの名前や年齢や西暦なども入れてもよいかと思います。私は名前と年数も入れてみました。

これで印刷すればOK~。1枚目は約45分くらいかかて作りましたが、2枚目、3枚目と、慣れてくると30分かからず作成できました。

作品だけを集めてフォトブックにする

今さらに考えているのは、撮った写真をこんな風なフォトブックにすること。

フォトブックにすれば、子供の工作が一冊にきれいにまとまって、振り返りやすいし、まさに「作品集」といった感じになりますよね。超省スペース収納にもなりますし。兄妹それぞれの作品を年齢別のフォトブックにしてあげられたらいいなぁと思っています。

カナダではSuperstoreのPhotolabで12ドルくらいからありました。安いかなと思ったCostcoでは、表紙などもしっかりしているだけあって、30ドル位から。うーん、すごく高い。。日本の安さには全然勝てませんね。。フォトブックが500円とかで作れるのがすごいですよね。

まとめ

以上、子どもの工作、お絵描き作品などを写真にして保存する方法、そして写真にして飾る方法をご紹介しました。断捨離もできるし、インテリアにも使えるし、後から作品を振り返りやすくもなって、個人的にはすごくおすすめです♪

でも、断捨離だなんて言っておきながら、実際に処分した息子の作品はまだ半分くらい。。残りの半分は、捨てられずに残してます(笑) やっぱり、なかなか潔くはいけないものですねぇ。引越しなどが無い限り、当面はこのままキープしてしまいそうな予感w

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA