収納力抜群!IKEAトロファスト「レゴテーブル」をリニューアル!

| 最終更新日:2017-11-13
12922

IKEAのトロファストで収納重視レゴテーブルが完成!

以前、IKEAのTrofast(トロファスト)でレゴテーブルを作ったことについて書いていました。9個の収納ボックスでパーツを仕分けたおかげで、パーツ探しが格段に楽になったし、レゴ作品を飾ったりもできるので、大満足の出来だったんだけど・・・

息子のレゴ熱はとどまるところを知りません・・・。さらには最近じゃ、夫までもがレゴの虜!!無趣味男だった夫に火が付くと、すごいねー。夫の加担のおかげで、レゴパーツは勢いを増して、増える一方です

これまでのレゴテーブルを、収納重視!パーツの探しやすさ重視!!でリニューアルさせてみたので、どんな風に改造したのか、ご紹介したいと思います。

大量のレゴを収納しきれなくなった初代Trofastレゴテーブル

これまでのレゴテーブルは、Trofastを活用していて、9個の収納ボックスにレゴを収納していました。でも、あまりに大量に増えたレゴブロック・・。例えば、「Medium」として分類していたこのボックス↓

IMG_0385

写真の陰からパーツの山の厚みが伝わるでしょうか・・。

こうなるともう、希望のパーツを探すのは至難の業というくらい。本と同じレゴ作品を作ろうと思っても、パーツ探しが大変すぎて、早々に断念する始末。そんな訳もあってか、息子はすっかりカスタム作品しか作らなくなりました。

レゴの仕分け重視でリニューアル!

さてさて、今回のレゴテーブル改造のテーマは、ピースをいかに分かりやすく仕分けるか、です。

追加購入する家具は、もちろん同じイケアのTrofast(トロファスト)。半年間Trofastを使ってみましたが、その使いやすさは太鼓判なので、これ以外の選択肢は一切無く。

さらに今回は、同じくイケアで、使いやすそうな仕分けボックスも発見!

IMG_0378

これは「ANTONIUS」というシリーズのワイヤーバスケットのインサート用なんだそう。でもこれ、Trofastの収納ボックスに合わせてみても、わりとピッタリなのです。

IMG_0381

今回は、細かくパーツを分けたかったから、この仕分けボックスを4つ購入してみました。

Trfofast収納ボックス18個を使ったレゴの仕分け方法

肝心の仕分け方法ですが、パーツの数が多くなると、前回のようにパーツの大きさ毎に仕分ける方法には限界があります。そのため、今回は、ブリックのタイプ別の他にも、乗り物、家、人、接続パーツ、テクニック系などのカテゴリーでも仕分けしてみました。

こんな感じでTrofastの収納ボックス合計18個を分類することに。

1FCI_sb_qm0cJyC1425812768_1425812836

ちなみにこれは、収納ボックスに張ったラベルの画像です。文字だけでなくパーツの絵も入れたほうが、パッと見て仕分けやすいと思って、頑張って絵付きにしました。

一つ、空のボックスがありますが、作りかけの作品を入れる用にしました。というのも、作りかけや、壊しかけの作品がやたら多い息子。。。作りかけがテーブルの上にあると散乱してしまうし、完成した作品を飾るスペースも減ってしまうので、専用の収納スペースが欲しかったのです。

そして実際に仕分けたボックスの中身がこんな感じ。ANTONIUSの仕分け用インサートがなかなか良い仕事をしてくれてます

IMG_1046 (1280x960) IMG_1047 (1280x960) IMG_1048 (1280x960) IMG_1049 (1280x958) (2) IMG_1050 (1280x960)

細かく分けたおかげで、パーツが本当ーーーに探しやすくなりました。Trofastの収納ボックスは大きめなので、このように中を仕分けるインサートボックスを使うのはすごくオススメ!!

レゴテーブル、リニューアル完了!

そして、進化したレゴテーブルの全貌がこれ。

IMG_1040 (1280x960)

なかなかの圧迫感ですよね。リビングがレゴに占領されていく(笑)

でも、テーブルトップが広くなったことで、飾れる作品数もぐんと増えました。日々増えていくレゴ作品たちなので、これはとても良かった点。

IMG_1026

また、今回新しく追加したテーブルトップには、基礎版は張り付けませんでした。というのも、レゴ作品を飾って、見て楽しむというよりは、乗り物や人を動かして、レゴの世界の中で遊びたい息子なので、基礎版に作品をくっ付けたままにすることがあまり無いのです。なので、今の3枚だけでも十分かなぁ・・。

また、前回同様、裏側には家具を滑りやすくするフェルトマットを張ったので、軽~い力ですいすい動かせて、移動は簡単。2つのトロファストを向い合せに設置して、正方形のテーブルとしても使うこともできるし、使わない時はデッドスペースに片付けてしまうこともできます。

大量のレゴには適切な「仕分け」が超重要!

使いやすく進化したレゴテーブル。改めて思うのは、レゴの仕分けがいかに大切かということ。

分かりやすく仕分けられたことで、パーツの探しやすさは格段に上がり、作る作品の幅も広がるし、今まで以上に面白い作品を作ることが増えました。

我が家の場合、今までがあまりにパーツが埋もれすぎていたせいなのですが・・。息子も「こんなパーツあったんだーー!!」なんて、自分のレゴなのになぜか再発見してます(笑)


以上、リニューアルしたレゴテーブルをご紹介しました。

レゴパーツが探しやすくなったおかげで、ますます息子+夫の制作意欲はかき立てられています。・・・・でも、もうレゴテーブルの追加はご勘弁願いたいw

レゴの収納にお困りの方、イケアのトロファストは子供にとってなかなか使い勝手が良い家具なので、収納付きレゴテーブルを用意する際に、候補として検討してもよいと思います!

2016年3月追記
半年後に再燃したレゴの悩み・・・。今度はレゴ作品の飾り棚を用意する羽目になりました。。


レゴ作品の飾り方どうする?IKEAウォールシェルフで飾り棚を作りました。

2016年8月更新
娘用にも、収納式の場所を取らないレゴテーブルを作りました!


IKEAのHEMNESで幼児向けレゴテーブルを手作り♪スッキリ収納式なのに遊びやすくなったよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA