カナダの学校で子供が怪我をした/させてしまった!学校の対応は?親はどうすべき?

カナダの保育施設や学校で、子供同士のケンカなどで怪我をした、もしくは、お友達に怪我をさせてしまった場合、学校はどんな対応をするのか?親はどうすれば良いのか??

日本でも戸惑うことですが、異文化では尚更のこと・・・

今回の記事では、小学校の校長先生から伺った話などを元に、子供同士のトラブルに対する責任の考え方、学校側の対応、親の取るべき対応などをまとめたいと思います。

日本とは異なることも多く、私自身、戸惑うことが多かったので、カナダで子育てしている方に共有できればと思います。

スポンサーリンク

学校で起きたトラブルは学校の責任

子供が怪我をした、怪我をさせてしまった時に、どうすればよいのかが一番気になるところですが・・・

まずその前に、今回のお話の前提となる、「子供同士のトラブルに対する責任所在」の考え方をご紹介したいと思います。

日本では、学校で子供同士が喧嘩して、ケガをさせてしまった場合、学校側にも監督責任はあるものの、基本的には親の責任として捉えますよね。即座に相手の親に謝罪するのが一般的ですし、自ら進んで医療費の負担を申し出たりもします。

でも、ここカナダでは、学校や保育施設で子供同士のトラブルが発生した場合、学校側の責任がより強く求められます。

学校側には安全な環境を用意する義務があるため、トラブルが未然に防げた可能性があれば、学校側が安全確保を怠ったと考えられ、学校が責任を問われるのです。

また、アメリカもそうですが、カナダでも、自分の仕事などには、明確な責任範囲を設けています。

それは私の担当じゃないので、担当者に聞いて

カナダにいると色々な場面で、こんな会話を耳にしますし、たらいまわしに合うことも多いです。この考え方が、学校での出来事にも及んでいるのです。

もちろん、状況によっては親の監督責任も問われるので、ケガをさせた側の親が全く関与しない、というわけではありませんが、日本よりも学校側の責任が強く求められる、と言えます。

子供同士のトラブルに対する学校の対応

このように、責任所在に対する考え方が異なることから、暴力行為に対する学校の対応や、親の対応なども、日本とは色々異なっています。

カナダの学校や保育施設などで、怪我を伴う子供同士のトラブルが発生した場合、学校は州政府が定めるポリシーに沿って対応します。(ポリシーは州政府毎に異なってはいますが、大まかな内容は似ているようです)

学校の責任が強く求められることから、日本よりも対処は厳しめです。

具体的にどのような対応を取るのかと言うと――

ケガをさせた子供はタイムアウトや自宅謹慎、さらに厳しい処分も

怪我をさせてしまった子供は、タイムアウトとして、その場から離れさせ、教室やオフィスなどで、何が悪ったのか、どうして悪かったのか、どうしなければいけないのか、先生とも話をして、じっくり反省させられます。

短時間のタイムアウトで済む場合もあれば、丸一日タイムアウトになることもあります

また、暴力行為の度合いによっては、すぐに自宅に帰宅させられ、自宅謹慎にもなりえます。

危険度が高いと判断されるケースでは、タイムアウトや自宅謹慎だけでなく、より厳しい対処もあり得ます。この辺は、後述する息子のケースの中でご紹介したいと思います。

怪我をした側、させてしまった側、両方の親に報告

怪我を生じるトラブルが発生した場合、もちろん、両者の親に報告が入ります。

怪我の度合いが軽い場合は、お迎え時などに伝えられることが多いですが、学校の怪我の具合によっては、即座に親に連絡が入ります。

また、口頭だけで報告を済ませる場合もあれば、状況によっては正式なレポートを発行します。

被害者側には、加害者側の子供の名前は伝えない

ケガの度合にもよりますが、学校としては、加害者側の親が許可しない限り、被害者側には加害者の子供の名前を伝えることは禁止されています。

ただ、加害者側の親には、誰をケガさせてしまったかは伝えるそうです。

ちなみに、この辺のルールはNS州の定めるポリシーで決められているものなので、他州では異なるかもしれません。

親同士のトラブルを避けるためとは言え、ケガを受けた側の親としては、相手が誰なのかが気になりますよね。相手を知ることで状況がより深く理解できるかもしれませんし。

意思疎通が取れる年齢になると、子供が自ら話してくれるので良いですが、まだ意思疎通の難しい、デイケアなどに通う小さなお子さんだと、誰かが分からないままで、すごくモヤモヤするのではないかと思います。

ただ、状況によっては、学校が間に入り、親同士の話し合いの場が設けられるケースもあるようです。

学校のデータベースや生徒記録に登録

ケガをするような暴力行為があった場合、学校のデータベースに情報として登録されます。

暴力行為の危険度によっては生徒記録にもレコードを残します。

ケガをさせてしまった場合の親の対応

次に、親側の対応を見ていきたいと思います。

日本の学校で子供が誰かにケガをさせてしまった場合、菓子折りをもって謝罪に行ったり、ケガの状態がひどい場合は、治療費の申し出もしますよね。

カナダの学校で怪我をさせてしまった場合、親はどのような対応をすべきなのでしょうか?学校の責任となるのなら、相手の親への謝罪は不要なのでしょうか??

学校の先生やカナダ人の友人に聞いてみたところ、たとえ学校側の監督責任が強いとしても、責任ある親の行動として、きちんと謝罪するほうが望ましい、と言います。

ケガの具合が軽い場合は、下記のような謝罪が一般的です。

直接顔を合わせた時に、謝罪する

連絡先を知っている場合は、電話して謝罪する。

連絡先を知らない場合は、子供に手紙を持たせて、学校で渡す

このように、謝罪内容の程度の差はあれ、何らかの形で謝罪する親が多いようです。

とは言え、実際のところ、謝るか謝らないかは、各家庭の判断によって異なり、必ずしも全ての親が謝るわけではありません。子供の起こした問題は親の責任とする日本とは、考え方が大きく異なり、戸惑いますね・・・

学校の監督下で起きたことに、わざわざ親が出て行って謝る必要はない、と考える人もいますし、また、アメリカほどではありませんが、カナダも訴訟が多い社会。今後の責任を逃れるためにも、非を認めず、謝罪しない人がいるのが現実です。

我が家の息子が被害にあった時のこと

少し前に我が家の息子6歳が、他のクラスの生徒に顔を蹴られる事件がありました。

校長先生から呼び出しの電話があり、学校に駆けつけると、泣きはらした目の息子。目と鼻の間に傷があり、青あざと腫れもありましたが、鼻の骨は問題なくて一安心・・・

でも、一体、何があったのか?

先生と息子、そしてクラスのお友達から状況を聞くと、休み時間に外で遊んでいる時に、他のクラス(息子と同じグレード1)の男の子A君に顔面を蹴られてしまったそう。

息子がB君と一緒に地面に座りこんで話していた時に、遠くからA君が走ってくるなり、いきなり顔を蹴ってきたというのです。

蹴ってきたA君は、B君と仲良し。A君とB君は、よくその場所に2人で座って遊んでいたそう。自分のお気に入りの場所に息子が座っていたこと、そして、自分と仲良しのB君を息子に取られてしまったような気持ちになり、暴力行為に出てしまったようです。

この時の学校側の対応ですが、学校に到着するや否や、校長先生から謝罪を受けるとともに

今後は学校の休み時間に、お子さんがA君と顔を合わすことはないようにする。二度とこのようなことは起こらないので、安心してほしい。

と言われました。

詳しく聞いてみると、学校として下記の対処を取ったとのこと。

A君の親に暴力行為を起こしたことを伝え、事件当日はすぐに自宅謹慎

今後、休み時間など、監督者の目が届きにくくなる屋外では、A君はグレード3以上の生徒用の、少し離れたプレイグラウンドで遊ばせ、息子を含め、低学年の子供とは完全に距離を取る

今回の暴力行為を起こしたことは、A君が高校卒業するまで、生徒記録に残す

今回のA君の暴力行為は危険性が高いとし、ポリシーの中でも、最も重い対処を取ったそうです。

特に2番目の、外遊びの時間にA君を息子や他の低学年の子に近づけないという処置は、とても厳しいですよね。A君自身もグレード1、つまり低学年の生徒なので、今後は同じクラスの友達とすら、一緒に外で遊ぶことが出来なくなるわけです。

ここまで厳しい対処になったのは、A君が過去にも何度か他の生徒に対して、危険行為を起こしていて、特別支援サポートも受けていることも理由かもしれません。

息子のケースでも相手の親からの謝罪はなし

学校側が厳しい処置をとる一方で、A君の親側の対応がどうだったかと言うと――

A君の親御さんからは、特に謝罪などはありませんでした。

幸い、息子のケガも跡になるものでもなかったですし、あまり気にもしていません。それでも、やはり、謝罪がないというのは、気持ちが良いものではありませんね・・・

実は最近、息子が再び学校でケガをすることがありました。

その時の相手はC君で、しかもわざとではありません。外遊びの時間に、C君が氷の塊を遊具に向かって投げて遊んでいたところ、ちょうど滑り台を降りようとした息子の目を直撃してしまったのです。

氷の塊が大きかったようで、上下のまぶたが切れてしまい、目の周辺も腫れ、目も充血していました。病院に行くほどではありあせんでしたが、明らかに前回よりも大きめのケガ。

たまたま当たってしまっただけとは言え、固い氷を投げること自体が危ない行為です。その後、C君は長めのタイムアウトとなり、先生ともみっちりお話しをしたようです。

でも、この時も、本人からだけでなく、親からの謝罪は無し。やはり、学校側の監督責任として捉え、謝る必要はないとしているのかもしれませんね。

もしくは、相手の親は息子のケガの状態を全く見ていないので、そこまで酷いケガだとは思っていないのかもしれません。そもそも、学校側もケガの状態を的確に伝えているかも不明ですが・・・。

いずれにせよ、わざと息子を狙ったわけではなく、不慮の事故だったことはよく分かってはいるのですが、、、ケガが酷かっただけに、そして、目と言う怖い場所なだけに、一言だけでも謝罪は欲しかったなと思います。それだけで、きっと、釈然としない気持ちは晴れていたと思います。

これも文化の違い、と思うしか、ないのでしょうか、ね・・・。

まとめ

以上、カナダの学校で子供同士のトラブルが起きた場合の、学校側の対応、親の取るべき対応などをご紹介しました。

学校で発生した子供同士のトラブルによる怪我は、学校の責任が問われるケースが多く、我が家の息子のケースでも当てはまるように、被害を未然に防ぐためにも、学校側は暴力行為に対いして厳しい対処を取ることがあります。

また、怪我をさせてしまった側の親は、責任ある親の行動として、相手の親に謝罪する人も多い一方、学校で起きたことは学校の問題として捉え、謝罪をしない親がいるのも現実です。

子供の非を認めて謝罪したほうが、今後もお互い気持ち良く付き合っていけるし、親としても「子供の模範」になるべきでは?!

――と思うのは、日本人的な考え方なのでしょうね・・・。もし謝罪がないとしても、文化の違いとして、受け止めるしかないのかもしれません。

なお、今回ご紹介した内容は、学校の校長先生から直接聞いた話しを中心にまとめましたが、下記記事の内容も参考にしています。

→参考記事:
What if your child is hurt at school?|The law firms of the Personal Injury Alliance
School Safety 101: Who is Liable for Accidents at School?|Conte & Associates Personal Injury Law Firm Whitby
Who’s Responsible When Your Child’s at School?|Lawyers.com

トラブルの状況や、怪我の具合などによっても、考え方や対応は異なってきますので、もしトラブルが起きて悩んでいる方は、上記の記事もご参考いただけたらと思います。