ペーパークラフトでクリスマスオーナメントを手作りしたら、寂しかったツリーが華やかに!

海外ならでは!クリスマスツリーを自分でカット出来る「モミの木狩り」が面白い
クリスマスツリーを自分でカットする「モミの木狩り」。今年は海外ならでは習慣を味わってみませんか?香りが良く、環境にも優しい生木ツリーの魅力やモミの木狩りについてご紹介です。

以前、上記記事でご紹介したモミの木狩り。

昨年に続いて、今年もクリスマスツリーをカットしてきました!

でも、欲張り過ぎて、大きすぎた・・・

昨年切ったツリーの2倍以上あるので、たちまち、オーナメント不足に陥りました(笑)

松ぼっくりを拾ってきて、白くペイントして飾ってみたけど、まだまだ足りない!

「・・・オーナメント、買いなよ」

という話なのですが、そこは、クリスマス明けのセールまでぐっと我慢(笑)

昨日は大雪で家に巣ごもりしていたこともあり、子供と一緒にオーナメントを手作りしてみました。

前回の手作りクリスマスDIYに引き続き、第二弾としてご紹介です!

お金をかけずに手作りクリスマスDIY&壁を水玉模様に!
木の枝ツリーや、木の実のリース、そして壁のデコレーションなど、身の回りにあるものを使って、簡単なクリスマス支度をしました。
スポンサーリンク

ペーパークラフトで「花のオーナメント」

使ったのは、このブログで何度も何度も登場している、スクラップブッキング用のパターンペーパー。

今回使ったのは、12インチ(約30センチ)四方のものです。

紙を半分に切って、長方形にしたら、ジグザグ折っていきます。

真ん中を針金で留めて、紙の端同士を丸くなるようにくっ付けました。

グルーガンなら、かなり丈夫に、そして簡単にくっ付きます。

でも、それだけだと、少し寂しかったので・・

真ん中に、ティッシュペーパー(花紙)で作った花も載せてみました。

ティッシュペーパーは息子の作品。なかなか上手にできています。

ちなみに、このティッシュペーパーで作った花は、照明カバーのリメイクにも使っています。簡単に作れるし、ふんわり可愛いので、デコレーションなどにすごくおすすめ!

照明リメイク第2弾!ラッピング用ティッシュでIKEA風に簡単DIY
賃貸住宅の気に入らない照明リメイク第2弾。今回は「お花紙」こと、ラピング用ティッシュペーパーを使ってみました。

あとは、オーナメントをひっかけるクリップをグルーガンで取り付ければ、完成!

所要時間は、一つのオーナメントあたり15分くらいだと思います。

クリスマスツリーに飾ってみると

早速、完成したオーナメントをツリーに飾ってみます!

だいぶ、華やかになったかな?!

このオーナメントを飾る前のツリーを想像していただければ、かなり寂しいツリーだったことが分かりますね(笑)

さて、今回のツリーのイメージカラーは黄色

クリスマスツリーに黄色はあまり選ばないカラーだと思うのですが、お気に入りのお花のウォールアートに合わせてみました。

黄色のツリーも新鮮!なかなか良い感じです♪

夜になって、ライトをつけてみて、また一人身悶え(笑)

ライトのおかげで、手作りオーナメントも引き立ちます!

クリスマスツリーって、ライトをつけると本当に心が和みますよね。

この癒しを一年中飾っていたい・・・

でも、ライトのコードがどうしてもきれいに隠せない私。

時間をかけて配線を工夫してみたのですが、全然きれいに付けれなくて。

どうしたらいいのでしょう?!

配線が下手な分、コードが目立たなくなるくらい、もりもりデコレーションすればいいのかなぁ・・。うーん、悩ましい。

でも、実はまだ・・・・

さて、手作りオーナメントのおかげで、ようやく華やかなツリーになりました――

と思いきや、実は、そうでもないのです(笑)

ここで種明かし!

裏側はこうなってます(笑)

後ろは、ほぼ拾ってきた松ぼっくり。

いや、松ぼっくりさえほとんどないな。

言わば、裸にエプロン的な(笑)

でもまぁ、置き場所的にも、今年はこれでいいかな。。

来年は、ライトのコードが隠れるようにモリモリと!そして、360度どこから見てもバッチリになるように、クリスマス明けのボクシングデーセールで、オーナメントとライトを買い込みたいと思います~

以上、今回も相変わらずのゼロ円インテリア(笑)、手作りのクリスマスアートをご紹介させていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!