Costcoは「4つの秘密」を知れば10倍お得に買い物できる!日本でも海外でも必見!

お買い得商品まんさいのCostco(コストコ)ですが、いつの間にか価格が変わっていたり、商品が入荷されなくなることが多いもの。

「この前買った商品が、値下がりしていた・・」

「買おうか悩んでいるうちに、商品が無くなった・・・」

なんていうことも、良くあると思います。

でも、そんなアンラッキーは、「値札」を読み解けば、防せげます!

今回は、Costcoの値札に隠された4つの秘密を大解剖!

この秘密を知れば、Costcoでのお買い物がもっともっとお買い得になること間違いなし。

日本でも、海外でも使える裏技なので、Costcoユーザーは必見ですよ~

スポンサーリンク

Costcoの値札

商品名値段が分かりすく表示されている、コストコのプライスタグ。

個数やグラム当たりの単価なども書かれているので、値段比較する際にも便利ですよね。

でも、コストコの値札はそれ以外にも、4つの秘密が隠されているのをご存知ですか?

いずれも、知っていないと損してしまう、とても重要な情報なのです!

値札に隠された4つの秘密

早速、一つ一つ、秘密をご紹介していきますね。

①「*」再入荷なし

この写真の場所に「*」のアスタリスクマークがあれば、この商品はもう再入荷されないことを意味します。

主に、季節商品などにこのマークが付けられていますが、中には定番人気商品でも、このマークがついていることがあるので、要注意!!

  • 買おうかどうか迷っていたもの
  • お気に入りでいつも買っているもの

こういった商品にこのマークがあったら、今が買い!

もうこの機会を逃すと、次回来た時には売り切れているかもしれませんよ。

実際に「*」マークがついていた商品

最近のCostcoで、実際に「*」マークが付いていたのは、下記の商品です。

季節商品であるクリスマス関連の玩具や、食器類などが多かったです。カメラの値札には、分かりやすく手書きで「Last One」と書かれていますね。

繰り返しますが、もしこのような「*」付き商品で、買うかどうか迷っていたものがあれば、もう次回入荷はなく、在庫限り。見つけた時が買いですよ!

なお、日本のCostcoでは「*」マーク以外にも、「+」プラスマークがあります。カナダ・アメリカでは私が今まで見た限りは見つからないのですが、あるのでしょうか!?

「+」マークは今後の入荷が未定なもの。再入荷するかもしれないし、しないかもしれない。

いずれにせよ、お気に入り商品などにこのマークがあったら、念のため予備で購入しておいたほうが良いですね。

②価格の端数で分かる値下げ情報

これはすごーーく重要、絶対に覚えてほしい情報です!

アメリカやカナダのCostcoでは、価格の最後の2桁で、通常価格か、値下げ価格かが分かるのです。

下記一覧をご覧ください。

.99 通常価格
.97 売れ行き不振による値下げ価格
.49 .69 .79 .89など メーカーからの特別オファー価格
.88 .00 店舗マネージャーの判断による値下げ

Costcoでは多くの商品が、「$49.99」のように、99で終わる価格で販売されていますよね。

実はこれらの99で終わる価格は、割引のない通常価格を意味します。(たまに例外あり)

つまり、99以外の値段は、基本的には割引価格なわけです!欲しい商品が99以外の値段だったら、買いのタイミングです。

よく、「今週のインスタントセービング」やクーポン対象商品として、数ドルオフなどになっている商品もありますよね?

それらは非常に目立つ、分かり易い値引きであるのに対し、これらの「.97」「.79」などの商品は、密かな値引き商品と言うことになります。

特に、97で終わるものには要注目!

これは、売れ行きが悪く、売れ残った商品を、大幅値下げして在庫処分していることを意味しているのです。

実際に価格が「.97」になっていた商品

では、最近のCostcoでは、実際にどんな商品が「97」で終わる値段になっているかと言うと――

食品コーナーでは、これが非常にお得でした!

ベリージャムが1Lも入って、しかもオーガニック

これで6.97ドルは破格!即買いしました(笑)

ナッツがこの価格になるのは、とてもお買い得だと思います。

このチップスもめちゃ安!

安いとなると、ついつい、買ってしまいました(笑)

このマグも3本セットで14.97ドルになっていました。以前は確か、21ドルくらいだったと思います。

しかも、この商品には「*」マークもあるので、再入荷しない在庫処分間違いなく最安値と言うことになります。

恐らく、新商品への入れ替えのため、このような価格になっているのでしょう。でも、旧商品になるとしても、contigoのマグは使いやすくて便利ですし、これはとてもお得ですね!

Tommy Hilfigerのニット帽とマフラーのセットもまさかの12.97ドルと超破格に!!

箱に入っているのでギフトにもピッタリ。

また、訪れた時期が12月初旬ということもあり、クリスマス関連商品が在庫処分になっていました。

例えば、ツリー。

こんなきれいなツリーも、

2本セットで49.97ドルです!

このクリスマスツリーも「97」価格で、且つ、「*」マーク付き。在庫限りの投げ売り状態ですね。

その他にも、やはり季節もののツリーが同じように投げ売りされていました。

実際に価格が「79」「89」などになっていた商品

価格の最後の二桁が79、89、49などで終わる商品は、メーカー側の特別オファーにより値下げされている商品。

最近では下記のような商品がありました。

中には、特別オファー価格からさらに、インスタントセービングが適用されている、ダブル割引商品もありますね。

この写真の中では、ファブリーズやペーパープレートなどです。

これらは、通常価格からは大幅な値引き価格になっていることになります。

欲しかった商品がこのような99以外の値段設定になっていたら、以前よりどれくらいお得なのかを考慮し、ぜひ購入検討してみてくださいね。

低価格の商品にはこのルールは当てはまらないことがある

ただし、低価格の食品などでは、価格が「99」以外だとしても、通常価格の可能性があります。

例えば、5.19ドルというこの牛乳。

私が知る限り、この2年間は、常にこの値段で売られています。

つまり、19という下2桁であっても、通常価格なわけです。

地域の競合店舗と価格競争を重視した価格設定になるため、低価格の商品の場合は「99=通常価格」のルールが適用されないのだと思われます。

日本のCostcoの値引き価格は「77」

日本のCostcoの価格にも、同じようなルールがあります。

77:売れ行き不振による値下げ価格

価格の数字に意味があるのは、77くらいのようです。

海外に比べるとシンプルですね。

⓷インスタントセービング(セール商品)の期限

これは気付いている方も多いと思いますが、値札中段の「EXP」で始まる日付は、クーポン価格や、インスタントセービングの有効期限が書かれています。

例えば、上記写真だとこの割引は12月11日まで有効。

この有効期限をしっかりチェックしておけば、買い逃しせずに済みますよ!

④価格変更日

「あれ、この商品、こんな値段だったっけ?!」

と思った時は、値段の右下にある日付をチェックしてみてください。

目を凝らさないと見えないくらい、非常に小さな字で書かれています。

この日付は、今の新価格になった日を表しています。

つまりこの日より以前は、値段が違っていたことに。

ただし、それが、以前より値上がりしたのか、値下がりしたのかは分かりませんので、この情報がお得なお買い物につながる、とは言えませんが、、、、知っていると役立つことがある、かも!?

年々物価の上がるカナダでは、

「やられたー!また値上げしてるーーー」

と言う、ショックな情報になることが多いですが・・・(泣)

まとめ

以上、Costcoでお得にお買い物するときに、絶対知っておきたい「値札タグの秘密」をご紹介しました。

ここまでの内容をまとめると、

「*」があったら、在庫限り
下2桁が99以外の価格は値引き可能性大
特に、価格が97で終わるものは、在庫処分の破格値
セールの有効期限は中段「EXP」でチェック
値札右下の小さな日付は、新価格設定日

このように、いつも何気なく見ている値札には、重要な情報が色々と隠されていたのです。

これからは、値札をよーーくチェックして、値下げ価格をお見逃しなく!そして、在庫切れになる前に、必要な商品をできるだけ買い込みましょう~