乳歯は屋根に投げるより、歯の妖精Tooth Fairyとお祝いしよう!親子で楽しめて、記念に残ること間違いなし!

子供の乳歯が抜けたら、どうしますか!?

日本の習慣では、丈夫な歯が生えてくるように、屋根や縁の下に投げたりしますよね。

でも、乳歯が抜けるという、大切な成長の証を、「投げておしまい」にするのは、すごーーくもったいない!!

せっかくなので、歯の妖精「Tooth Fairy」に来てもらって、子供にも親にも嬉しくて、記念に残るイベントにしませんか?

今回は、イギリスやアメリカ・カナダなどの欧米で伝わる「歯の妖精「Tooth Fairy」の習慣をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Tooth Fairyとは?

Tooth Fairy(トゥースフェアリー)とは、欧米で言い伝えられている歯の妖精です。

抜けた乳歯を枕の下に置いておくと、子供たちが寝ている間にやって来て、歯をコイン(お金)に交換してくれると言われています。

まるで、歯のサンタクロースですね。

歯が抜けるだけでも誇らしいことなのに、さらにTooth Fairyがお金までくれるのですから、子供たちは大喜び。歯が抜ける日を心待ちにしているわけです。

もちろん、歯をお金に交換するのは親の役目

「Tooth Fairyは白くて綺麗な歯を集めているから、ちゃんと歯磨きしようね」

と、親たちはこのストーリーを使って、子供たちの歯磨きを応援するのです。

また、我が子の乳歯が抜けるというのは、親にとっても特別な感情があると思います。赤ちゃんの時に生えてきた可愛い歯、そして、毎日膝の上で仕上げ磨きをしてきた歯ですもんね。

乳歯が抜けるという子供の成長の証を、夢いっぱいのTooth Fairyとともにお祝いすれば、より思い出に残る記念になること間違いなしです!

集めた歯は何に使うの?

でも、ちょっと疑問なのが、Tooth Fairyは子供たちの綺麗な歯を集めて、何に使うのか、ということ。

我が家の息子も、これをすごく不思議がっていて、先日2本目の歯が抜けた時、Tooth Fairy宛ての手紙に「何に使うの?」と書いていました(笑)

いろいろな説はありますが、よく言われるのが、「妖精の国のお城をつくるため」。

丈夫でピカピカの白い歯は、お城にぴったりなんだそうです。

他にも、「妖精の国でお金として使う」、「ピカピカの白い歯でお城を明るく照らす」、などなど、いろいろな諸説があるみたいですよ。

本当、夢いっぱいですね!

歯はいくらに換えてくれるの?気になる金額の相場

クレジットカード会社のVISAが2015年に行った調査によると、32%の親が1ドル紙幣(約100円)を、5%の親が20ドル紙幣(約2,000円)をあげているそうです。

そして、全体の金額平均は$3.19(約350円)だそう。

サンタさんと違って、少額でホッ(笑)

また、お金の代わりに小さな玩具をあげる家庭もあるようです。

ちなみに、我が家に来たTooth Fairyは、1ドルでした~

子供を騙しても、大丈夫・・・?

「子供を騙してもいいの?」

「お金に交換したのが親だったとバレたら、子供は悲しまない?」

そんな心配もあるかもしれません。

でも、よく昔の人が、「食べてすぐ横になったら、牛になる」「もったいないお化けが出てくる」「枕を踏んだら、足が腐る」などなど、いろいろな言い伝えをもとに、子供のことをしつけてきましたよね。

これらの言い伝えには何らかの由来はあったとしても、嘘には違いはありませんが、子供のことを思ってこそついた嘘。

「親にだまされたーー!」なんて怒る人は、まずいません。

Tooth Fairyの言い伝えも、子供への思いやり、愛情から生まれた嘘なので、子供がそれを悪くとらえることは少ないと思います。

実際、Tooth Fairyが本物じゃないと分かった時、子供たちはどう感じているのか、ある大学が調査した結果があります。それによると、

75%:この習慣が好き
20%:どちらでもない
3%:この習慣は嫌い、自分が親になってもやらない

このように、大多数の子供が、Tooth Fairyの習慣を好意的にとらえていることが分かりました。

→参考記事:https://en.wikipedia.org/wiki/Tooth_fairy

どんなふうにお祝いするの?

夢いっぱいで、思い出になるTooth Fairyの習慣。

どんな風にこの習慣を取り入れるかと言うと――

乳歯を入れる物を用意する

抜けた歯をそのまま枕の下に置くと、無くなるかもしれないので、箱やケースに入れます。

もちろん、どんな容器でもいいのですが、これから歯が抜ける度に使うものですし、箱を手作りしてみたり、かわいい市販品を利用するのもいいですよね。

1000円以下でも可愛いケースがいろいろ見つかります。

でも、乳歯が抜ける日は、ある日突然やってくるもの!我が家は事前準備が出来ていなくて、適当な箱になりました。。。

歯がグラつき始めたら、早めの準備が必要ですね(笑)

子供にTooth Fairy宛の手紙を書かせる

せっかくなので、Tooth Fairy宛のお手紙を書くのもおすすめ。

うちの息子にも手紙を書かせたのですが、歯が抜けたときの様子をTooth Fairyに伝えていました。

なんでも、学校にいるときに、ピザの箱をバックパックに入れようとしたら、箱が口にあたって、歯が抜けたとか(笑)

歯と一緒にこの手紙を保管しておけば、すごくいい記念になります!

Tooth Fairyになりきって、手紙を書く

Tooth Fairyからのお返事も用意しましょう。子供に喜んでもらえるよう、Tooth Fairyになりきって!

でも、一体何を書いていいやら!?戸惑う方も多いと思います。

下記のページで、Tooth Fairyからの手紙の文章付テンプレートや、歯の受領証明を用意しているので、ぜひご参考ください。テンプレートは無料でダウンロードできますよ!

サンタの手紙、表彰状、歯の妖精の手紙…子供喜ぶ無料テンプレート!
「子供に、サンタさんや歯の妖精からの手紙を渡してあげたい!」 「がんばった子供に、表彰状をあげたい!」 当サイトでは、そんな時に使える手紙や表彰状のフリーテンプレートを公開しています。 手紙の文章はあらかじ...

子供が寝ている間に・・・歯をお金に交換

子供がぐっすり寝たら、用意した手紙を添えて、こっそりお金に交換しましょう。

子供が起きないよう、細心の注意を払って・・・。

あと、子供が興奮してなかなか寝てくれないかもしれません。その間に、親が寝落ちしないよう、気を付けましょう。翌朝が悲劇です(笑)

ちなみに、交換してあげるお金ですが、硬貨の場合は、ピカピカのものを選んであげると喜びますよ~。

息子の時は薄汚れた1ドルコインしかなかったので、重曹で磨いたり、お酢に漬けて、ピカピカにしました!

回収した歯をこっそり保管

回収した歯は、子供に絶対に見つからない場所に保管しておきます。

こんなケースがあったら、全部の歯をきれいに保管できますね!

親にとっても嬉しいTooth Fairy!

子供が大喜びのTooth Fairyのご訪問ですが、親にとっても嬉しくて、ありがたいものですよ。

歯磨きを応援できる

Tooth Fairyはピカピカのきれいな歯が大好き!

子どもには『Tooth Fairyに喜んでもらえるように、しっかり歯磨きしようね』と教え、日頃の歯磨き習慣を後押しできます。

息子の一本目の歯が抜けた時、Tooth Fairyの手紙の中に、とても綺麗な歯ですごく嬉しい、とメッセージを残しておいたのですが、

「ピカピカの歯だったから、ピカピカの1ドルをもらえたんだ!」

と、息子は大喜び!すごく得意げにお金を見せてくれました。

そして、その後の歯磨きはやる気満々!自ら歯磨きを進んでやっていました。

親がうるさく言うよりも、こんな風に特別な存在から褒められたり、励まされたりすると、子供のやる気って一気に出るものですね。

Tooth Fairy、そして、重曹とお酢に感謝(笑)

歯を抜くのが怖くなくなる

すでに大人の歯が生えてきて、早く乳歯を抜かないといけない時もありますよね。

そんな時は、歯に糸を巻いて抜いたりもしますが――

なんせ、怖い!大人の私でも、怖いです(笑)

でも、そんな時でも、

「Tooth Fairyが来てくれる!」

このマジックが子供の背中を後押ししてくれるものです。

我が家の息子も、グラグラしている乳歯の後ろから、次の歯が生えていて、歯が当たって痛みも出ていました。

そこで、乳歯を糸で結び、糸の先をドアノブに結んで、ドアを思いっきり閉めるという、強硬手法に臨んだのです。

本人にとっては、かなりの恐怖だったと思いますが、Tooth Fairyが来てくれるかも、という期待のおかげで、「大丈夫!閉めていいよ!!」と、すごく勇敢。

いざ、ドアを閉めて、歯が抜けてみると、痛くて泣いてしまいましたが、、、それでも、泣きながらも大喜びでした。

子供の嬉し泣きって、初めて見たかも。

成長の証を保存できる

赤ちゃんの時から毎日見てきた子供の歯。これを屋根に向かって投げる(=捨てる)のは、なんだかもったい気もします・・・

その点、Tooth Fairyに来てもらえば、成長の証を捨てずに残しておけます!

また、一連の準備も全てが、とてもいい思い出になりますよ。

子供が純粋に喜ぶ姿が可愛い

親にとっては、これが一番うれしいことかもしれません。

Tooth Fairy来るかな?とTooth Fairyに手紙を書いたり、朝起きて枕元にTooth Fairyからのお礼を見つけて、大喜びしたり、その姿は本当に純粋で、可愛くて、心が温まります。

ビデオに撮って、ぜひとも残しておきたいシーンです。

まとめ

以上、欧米の歯の抜け変わりをお祝いする「Tooth Fairy」の習慣をご紹介しました。

「子供の成長の記念を思い出に残るお祝いにしたい」

「もっと子供を喜ばせてあげたい」

という方にはピッタリのお祝いの仕方だと思いますので、ぜひぜひこの習慣を取り入れてみてくださいね!

日頃から、下記のようなTooth Fairyの絵本を読んで、お子さんの気分を盛り上げてあげると、Tooth Fairyを楽しみにできると思います。

屋根に投げて、丈夫な歯の生え変わりを願うのも、日本の良い伝統ではありますが、狭小住宅やマンションが多い最近の住宅事情では、歯を投げることが難しい場合もあります。

そう考えると、今後は日本でもTooth Fairの習慣が広まっていくかもしれませんね。

こちらの記事も読まれています