海外ならでは!クリスマスツリーを自分でカット出来る「モミの木狩り」が面白い

今年のクリスマスはモミの木を自分でカットしてみませんか?

海外ならでは習慣、「モミの木狩り」についてご紹介します。

香りが良くて、環境にも優しい「生のモミの木」で、思い出に残るクリスマスを!

スポンサーリンク

モミの木狩りとは?

christmas_tree_farm_canada

欧米諸国では、本物のモミの木をクリスマスツリーとして飾るのが一般的ですが、アメリカやカナダ、イギリスなどの寒冷地では、モミの木を自分でカットできる「クリスマスツリー農園」が存在しています。

このツリー農園で、自分の気に入ったサイズや形のツリーを、自分でカットできるのが、「モミの木狩り」なのです。

ちなみに、ファームなどで自分で収穫できる「○○狩り」のことを、英語では「U-Pick(You Pick)や「Pick-Your-Own(P.Y.O)」と言います。

sanguinic_1306248633_strawberry2

出典:http://www.startribune.com/

fruit-picking-pyo

出典:http://www.shropshirestar.com/

それぞれの作物の収穫シーズンになると、農園脇や道路沿いなどに「U-Pick」「PYO」と書かれた看板を見かけますが、ツリー農園も然り。

Christmas tree U-Pick」や「Christmas tree Pick-Your-Own」と書かれた看板を掲げています。

本物のモミの木は香りが良く、環境にも優しい

本物のモミの木は、人口ツリーに比べると、ワンシーズンしか持ちませんし、水やりの手入れや、パラパラ落ちる葉の掃除も必要です。

それでも、本物のモミの木を選ぶ人が多い理由は――。

部屋中に広がるモミの香り

生木はやっぱり香りがいい!

特に、カットしたばかりのモミの木を部屋に飾ると、部屋にいい香りが広がります。森林浴しているような、リラックスできる香りです。欧米の人からすると、クリスマスと言えばこの香り、なんだそう。

また、モミの木は空気をきれいにしてくれる効果もあります。冬は窓を閉め切ったままで過ごすことが多いですが、モミの木が部屋の空気をリフレッシュしてくれるのはありがたいですね。

環境に優しい

世界中で何百万、何千万というという多くの家庭が、クリスマスに本物のモミの木を使っているとしたら、森林破壊になってしまうんじゃないか?!という疑問もあるかもしれません。

クリスマスに平和を祈る一方で、環境破壊が進んでいたら、本末転倒です。

でも、実際には、人口のモミの木を使うよりも、本物のモミの木を使った方が、環境には優しいのです。

というのも、ツリーに使われるモミの木のほとんどが、農場で生産されているもの。言わば、畑で耕している野菜と同じ

そのため、クリスマスの度に多量に伐採されても、問題はないのだそう。

また、モミの木は幼木の頃の成長は遅いですが、大きくなるにつれ、成長スピードがあがります。10~15年で2メートル前後にまで成長するそうです。

多くの人が買い求めるサイズが1.5~2メートルなので、約10年で収穫できることに。

栽培時間が長めの野菜」という感じですね!

一方、人口のプラスチック製ツリーは、古くなったり不要となって処分された時には、土に分解されないゴミとなります。

その点、本物のモミの木であれば、クリスマス後にはリサイクルされ、ウッドチップとして再利用されたり、腐葉土になるので、プラスチック製ツリーよりもよっぽどエコなのです。

出典:www.ornamentshop.com

香りも良くて、環境にも優しい本物のモミの木。お手入れは少し大変ですが、やはり魅力的ですね。

また、収納場所が要らないのも嬉しい!

特に、欧米では天井に届くくらい大きなツリーを部屋に飾るので、人口ツリーだと収納場所が大変ですが、生木だとワンシーズン毎にリサイクルに出せば良いので、お手軽です。

ツリー狩りの流れ

では、いざ、モミの木狩りに向かいましょう!

昨年我が家が訪れたクリスマスツリーファームの様子をご紹介です。

まずは、受け付けで、料金や仕組みなどの説明を聞きます。

christmas_tree_upick_price

訪れたファームでは、モミの木の高さによって値段が違いました

7フィート(2.1m)でも、35ドルと、スーパーなどで販売しているモミの木よりも、値段は安め。ちなみに、5フィート以下でも購入でき、1フィートごとに5ドルOFF。

ファームによっては、一律料金のところもあるようです。

christmas_tree_upick_hight

ツリーを選ぶ際に、高さ計る目安となる棒の貸し出しも行っていました。

christmas_tree_upick_saw

のこぎりも無料で貸し出してくれました!

christmas_tree_upick_outside-tree

こちらのファ―ムでは、すでにカットしているツリーの販売も行っていました。形が分からないけど、、、2本5ドルと超破格!この値段なら、庭にツリーを何本も飾ったり・・なんて、贅沢な使い方ができますね(笑)

説明を聞いたら、いざモミの木選びへ向かいます。

christmas_tree_upick_select_own

こんなにたくさんあると、どの木にするか、すごく悩む!でも悩むこの時間も楽しいものです。

希望のモミの木を見つけたら、農場から貸してもらったのこぎりでいざカットです!

手首ほどの幹も、案外あっという間にカットできます。

カットしたツリーを自分で運んで、お会計に向かいます。

子供は自分で選んだツリーがカット出来て大喜び。子供の喜ぶ姿を見ると、モミの木狩りの醍醐味だなぁと感じます。

でも、我が家が選んだツリーは2メートル位あり、重さもずっしり。男性でないと持ち運びは大変!

係の人に正確な高さを計ってもらい、値段を払います。

我が家のツリーの高さは7フィート(約2.1メートル)ほどありましたが、実際に計ってもらうと、6フィートとのこと。どうやら、枝がついた場所だけを計っているみたい。

お値段は6フィート分の30ドル!安いですよね!スーパーなどに並ぶモミの木よりも安いと思います。

christmas_tree_upick_tie1

カットしたモミの木は、この機械に通して、持ち運びしやすいコンパクトサイズにしてくれます。

5231652845_3e5ea6a54a_z

そして、コンパクトになったツリーは車の荷台に乗せたり、屋根に積んで持って帰ります。

カットしたばかりのモミの葉は柔らかいので、気を付けて載せれば、車が傷つくことはありませんが、ブルーシートなどがあれば、尚安心。

生のモミの木でクリスマス支度

さっそく家についたら、モミの木をセット。

大きくて子供は大興奮。

イルミネーションとデコレーションで飾ったら、クリスマスツリーの完成!

切りたて新鮮なモミの木は、とても青々としていて、葉っぱが柔らかいですね!日本では、毎年IKEAで本物のモミの木を買っていましたが、それとは全然違って驚きました。

また、ふんわり漂うモミの木の匂いも良いです。切りたての日は特に、部屋中に匂いが漂うっていました。

我が家の子供にとっても、この香りがクリスマスの思い出の香りになっていったらいいなぁと思います。

クリスマスツリー農園の見つけ方

私が昨年訪れたのは、カナダ・ノバスコシア州にあるScothorn Farmsという農園でしたが、クリスマスツリー農園はアメリカ北部やカナダ、イギリスなどでとても一般的です。

お住いの地域の名前と、「Christmas tree farm Pick your own」や「Christmas tree U-Pick」で検索すると、情報が出てくると思います。

ファーム情報がまとめて掲載されている便利なウェブサイトをいくつかご紹介します。

モミの木狩りで気を付けること

最後に、モミの木狩りに向かう時に、気を付けたほうがよいことも。

汚れても良い服と長靴
モミの木が生えている場所は湿地が多いので、汚れてもよい服装がおすすめです。特に靴。

モミの木は案外重い
1メートルサイズなら子供も軽々持てますが、さすがに2メートルくらいになってくると、男性でないと持ち運びが厳しいと思います。

ブルーシートや古シーツ持参
車の荷台や、屋根に乗せる場合、ブルーシートや古シーツなどがあれば安心です

まとめ

以上、欧米のクリスマスの習慣の一つである「モミの木狩り」をご紹介しました。

クリスマスツリー農園がある、海外ならではの習慣ですよね。

生のモミの木の一番の良さは香りですが、自分たちカットしたモミの木でお祝いするクリスマスは、より思い出に残ること間違いなし!

お近くにツリー農園がある方は、ぜひモミの木狩りをして、クリスマスを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

フォローする

こちらの記事も読まれています