照明リメイク第2弾!ラッピング用ティッシュでIKEA風に簡単DIY

light-cover-diy

先日、ご紹介したランプシェードのリメイク↓

気に入らない照明はリメイクしよう!ランプシェードの簡単DIY
賃貸住宅の気に入らない照明。簡単にリメイクしてみました。お部屋の印象もがらりと変わります!

簡単に出来る上に、印象もガラリと変わってすごく楽しかったので、さらに別の素材でも試してみました!

今回試した素材は「ティッシュペーパー」!

・・・・と言っても、「ちり紙」のほうではありません(笑)ラッピング用に使われるとても薄い紙で、卒業式や入学式などでよくお花を作った、あの紙です!日本では「お花紙」とも呼ばれていますよね。

img_20281

今回はこの紙を使って、照明をリニューアルしてみました。

old-light-shade

ちなみに、これがもともとの照明。私の中では、中途半端な古さを感じる「90年代」な照明です(笑)

light-cover-diy1-4

light-cover-diy1

こう見ると、すごく印象が変わりました。

前回のポップなカバーと打って変わって、エレガントな感じ?いや、モコモコしてるし、エレガントではないかな(笑)オフホワイトのラッピングペーパーを使ったので、すっきりシンプルに感じます。

light-cover-diy1-2

light-cover-diy1-3

明かりをつけると、柔らかい光になって、とても綺麗です。

前回のカバーはスクラップブッキング用のパターンペーパーで作っていましたが、素材的にあまり光を通さなくて、ちょっと部屋が暗めに。それはそれで雰囲気もあって気に入っていたのですが、今回のカバーのほうがより光を通すので、ずいぶん照明が明るくなりました。

ちなみに、今回の照明DIY。IKEAのMASKROSに憧れて、ティッシュペーパーでできないかな?!と思ったのでした。もともとのランプシェードの形も違うので、理想のようにはなかなかいかないけど、なんちゃってIKEA風ということで(笑)

でも、これはこれで、とても気に入りました♪

スポンサーリンク

How to make:作り方

照明のリメイク方法を簡単にご紹介です。

まずは、ラッピング用のティッシュペーパーで花を作ります。

tissue-flower-how-to-make1

  1. 長方形に切ったラッピングティッシュを3枚重ねる
  2. ジグザグに折る
  3. 真ん中をホッチキスで留め、両サイドを丸く切る
  4. 1枚ずつ開いていく
  5. 完成!

こんな風に花を作ったら、あとは照明のカバーに両面テープで張り付けていくだけ。とっても簡単です。

まとめ

以上、我が家の照明のリメイク第2弾をご紹介しました。

ラッピングティッシュは素材が薄くて、光をとても綺麗に通すので、照明カバーにはピッタリ。今回はシャンデリアのカバーをリメイクしてみましたが、テーブルランプやランタンのカバーのリメイクなどにも良さそうです。いろいろ試してみたくなってウズウズ。

元々の照明を取り替えることなく、カバーを変えるだけでも、かなり印象が変わるので、簡単にお部屋の印象を変えたい方や、賃貸住宅で照明を取り換えられない方などにも、とてもオススメ!ぜひぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする