子宮頸管わずか1cm、それでも入院は無し

今日は2週間ぶりの妊婦健診。いよいよ32週に入りました。

先生にはお腹の張りは相変わらず発生していて、頻度も増しているし、鈍い痛みがあるとも伝えましたが、前回同様、「良くあることだから、特に心配要らないわ」って。先生にそう言ってもらえると、不安も消える 🙂 でも、妊娠とは直接関係無いんだけど、他に気になる症状があったのでそれを伝えたら、念のため検査を。そして、ついでにってことで、内診もすることに。

すると、先生もビックリ、子宮頸管わずか1cm・・ 。切迫早産確定です。。あんなに張りが頻繁なことを伝えていたのに、”ついで”の内診で切迫早産が分かるなんて。。もし他の症状が無かったらどうなってたんだろう 😯 ?!「すぐに病院(出産予定の大病院)に行って、詳しく検査してもらって」とのことで、その足で大病院に直行し、検査を受けてきました。

子宮頸管1cmって、日本じゃ多分、即入院&トイレ以外は絶対安静っていう状態。前回の妊娠の時は2cm切った時点で入院だと言われていたので、とても不安だったんだけど・・・・・

でも、さすがここはカナダ。”念のための入院”っていう対応は無いみたい。検査の結果、赤ちゃんは元気に動いているし、子宮からの出血もないことから、自宅に帰ってよいことになりました。

でも、早産になった時に備えて、赤ちゃんの肺の成長を促すための筋肉注射を打ってきました。筋肉注射だけに痛かったーー。2回打たないといけないらしく、明日も病院に出向かなきゃです。

入院かもと思っていたので、良かったは良かったんだけど、念のための対応が、安静にすることや張り止めではなく、早産に備えて赤ちゃんの成長を促進する注射っていうのは、日本での妊娠出産を経験しているだけに、ちょっと引っかかる・・

安静にしたほうがよいか確認すると、「動きすぎはだめだけど、Take it easy. 」 で良いらしい。張り止めの薬も無しです。破水したり、さらに頻繁に張りを感じたり痛みを感じた時は、すぐに受診して、とは言ってもらったけど・・。

「Take it easy」であっても、それってあくまで自己責任な気がします。できるだけ安静にして、正期産の37週までは赤ちゃんにお腹の中で過ごしてもらえるようにしたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

『子宮頸管わずか1cm、それでも入院は無し』へのコメント

  1. 名前:chie 投稿日:2015/03/22(日) 00:14:37 ID:516253b6f 返信

    はじめまして。カナダへの家族移住を検索したどり着きました。
    カナダで2人目のお子さん出産するんですね。無事安産でありますように!
    私はカナダのwinnipegへ高校の時に留学したことがあり、それ以来カナダへは何度も行くくらい好きで、今3歳の息子がいるのですがこれからのことを考えていずれカナダに移民したいと思い色々と調べているところです。
    ほかの方のブログやコンサルタントとも話をしましたがハピバナさんはご自身で調べられたり各種の手続きをされてきているところにとても興味が湧きました。何か言いたいことが上手く伝わっていないような…笑。とにかくお聞きしたいことがたくさんあります!^_^
    出産間近でバタバタな中、もしかしたらもう出産されているかも。。と思ったのでひとまずはご挨拶と、出産からの翌日退院の激励を!!
    他のメールアドレスなど他連絡手段等ありましたら教えて頂くことは可能ですか?