子供の日に!おしゃれな工作アイデア「こいのぼりのモービル」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26

IMG_8453 (2)[1]あっという間にもう5月。「こどもの日」も近づいてきました。

男の子がいる我が家ですが、カナダには鯉のぼりは持ってきていないし、そもそも飾れないし、、、、ということで、せめて工作の鯉のぼりで雰囲気だけでも味わいたいな、と思います。

先日作ったモービルがとても気に入ったので、今回の鯉のぼりもモービルにしてみました。

子供とクラフト♪インテリアにもピッタリなモービルの作り方をご紹介~。
簡単なペーパークラフトで気球の形の「モービル」を作ってみました。作り方とともに作品をご紹介です。赤ちゃんがいる家庭だけでなく、寂しくなりがちな天井周辺のインテリアにもすごくおすすめです♪

飾る期間も短いものですし、子供と一緒に作れるように、先日のモービルに比べると簡単な作り方になっています。

棒につける一般的な鯉のぼりのクラフトよりも飾りやすいし、空を泳いでいるような鯉のぼりが可愛いので、モービルにして大正解!

作り方や型紙もご紹介しているので、ぜひぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

こいのぼりモービル作り方

完成作品を見れば、大体の作り方は分かるかもしれませんので、ポイントに絞って説明しますね。

材料・道具

  • 色画用紙(こいのぼり用)
  • 白い紙(雲用。我が家は印刷用紙を使用しました)
  • シールや色鉛筆、パターンペーパーなど(こいのぼり飾付用)
  • テグス、もしくは白い糸
  • のり、はさみ、テープ

色画用紙くらいの厚みがあった方が、きれいに仕上がりますが、おりがみでも大丈夫です。

ほとんど家にあるもので作れると思います。ペーパークラフトは思い立ったら即作れてしまうお手軽さがいいですよね。

こいのぼりの型を作る

IMG_8457 (2)[1]

平面タイプの鯉のぼりを3匹作るので、各色2色づつ、合計6枚用意します。お好みで鯉のぼりの数を増減してください。

型紙はEXCELで適当に作りました。載せておきますので、良かったらお使いください。こちらもお好みで大きさなどを調整してください。

こいのぼりを飾りつけ

IMG_8425 (2)[1]

飾りつけは、完全にお好みで!

私はパターンペーパーをうろこの形に切って貼ったり、ストライプ模様にしてみました。シールを貼ったり、キラキラをつけたり、お絵描きをしてもよいと思います。

ちなみに、こいのぼりの目は、大きさの違う丸いシールを重ねてみました。

IMG_8429[1]

雲を作る

IMG_8416[1]

大きな雲1つと、小さな雲を3~4つくらい作ります。紙を2枚合わせにして切って、同じ形の雲が2枚できるようにします。

大きな雲に、全てのオーナメントをぶら下げるようにします。棒にぶら下げる正統派モービルに比べると、あまり動きはなくなってしまいますが、その分作るのは簡単♪

オーナメントに糸をくっ付ける

IMG_8431[1]

テープで糸をオーナメントに取り付けていきます。糸を取り付けたら、同じ形のオーナメントで「ふた」をするように貼り合わせます。

糸を取り付ける際のポイント💡

  • オーナメントにくっ付ける箇所は玉結びする→外れにくくなります。
  • オーナメントとオーナメントの間の糸は少しねじる→オーナメント同士に角度が出て、立体的で動きのあるモービルになります。

すべてのオーナメントを取り付けたら完成

IMG_8458 (2)[1]

部屋に飾ってみた

IMG_8988 (3)[1]

我が家はカレンダーの横に飾ってみました。

季節感が出て、いい感じ。子供の日が来ることなんて、すっかり忘れていた私ですが、これでカレンダーを見るたびに、嫌でも思い出せますね(笑)


以上、五月の節句にぴったりなクラフトアイデアをご紹介しました。

小さなお子さんだけでは大変なところもあるけど、お母さんと一緒に楽しく作れて、可愛く飾れる工作になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする