州によって全く違う!カナダの大学・大学院の州別学費一覧【2017年版】

800px-Toronto_-_ON_-_Hart_House

※2017年最新データに更新済み

カナダには私立大学/大学院がほとんど無く、ほとんどが州政府が運営している公立大学・大学院です。

州が管轄していることで、どの大学も高い教育水準を保っており、大学間の教育レベルには大きな差はないと言われている一方で、どの大学/大学院も同じ「公立」であるにも関わらず、その学費は州によって大きく異なることをご存知ですか?

特に、海外からの留学生ともなると、州によって年間で170万円も異なるケースもあり、予算によって留学先の州を変える必要も出てくるかもしれません。

今回の記事では、カナダ統計局が発表している2017年最新データを元に、カナダの公立大学/大学院の州別学費をご紹介したいと思います。なお、授業料は留学生とカナダ人とで異なることから、それぞれ項目を分けてまとめます。

※記事内の日本円は全て、1CAD=82円で計算しています。

スポンサーリンク

留学生向け・大学の州別学費

まずは、州別の大学費用から見てみましょう。

カナダ全土の平均授業料は23,589ドル(約195万円)となっていますが、州毎に見てみると、かなり大きな差が見られます。

以下、全ての出典:Statistics Canada

留学先として人気のバンクーバーがあるBC州は平均的な学費です。

しかし、トロントのあるオンタリオ州は、突出して高くなっています。平均学費は年間で29,761ドル(246万円)と、4年間大学に通うことを考えると、その費用は本当に莫大ですね。

その一方、ニューファンドランド・ラブラドール州の学費は驚きの安さで、年間9360ドル(約77万円)。オンタリオ州の約1/3、値段にして約170万円の差です。留学生向けでこの授業料は、アメリカやオーストラリア、イギリスなどの大学留学と比べても超破格値と言えます。

その他にも、ノバスコシア州、ニューブランズウィック州、マニトバ州が学費が安く、約15,000ドル(約124万円)です。この額であれば、日本の私立大学の費用と大差がなくなるので、留学も検討しやすくなりますよね。

このように、州を変えることにより、1/2~1/3まで学費を抑えられることになります。

留学生向け・大学院の州別学費

続いて、大学院の費用を見てみます。大学に比べると、大学院の学費はぐっと下がります。カナダ全土平均でも年間15,009ドル(約124万円)です。

州別に見ると、ずば抜けて高額な州は、大学と同様、オンタリオ州です。その額は、年間20,673ドル(約171万円)です。

その一方、一番学費が低い州は、やはりニューファンドランド・ラブラドール州で、その費用は3169ドル(約26万円)と超激安。

サスカチュワン、マニトバ、アルバータの3州も、他州に比べると大学院の費用は低く、留学のハードルが低いと言えると思います。

大学費用は安かったノバスコシアですが、大学院の学費ともなると、オンタリオに続いて2番目に高額な州となり、17,528ドル(約145万円)かかります。

カナダ人向け・大学の授業料

次に、カナダ人向けの学費を見ていきます。

大学のカナダ全土平均は、年間6,373ドル(約52万円)。日本の2017年度の国公立大学の平均授業料が約54万円であることを考えると、日本の国公立とほぼ同じくらいの進学費用と言えますね。

日本では全国どの国公立大も、学費はほぼ一律ですが、カナダでは州別の学費の差は大きくなります。

このように、オンタリオ州が8,114ドル(約67万円)と最も高額な一方、ニューファンドランド・ラブラドールやケベックでは、2,759ドル(約22万円)まで下がります。

それにしても、留学生向けの学費に比べると、カナダ人向けの学費は半額~1/4程度と、ずいぶん料金が下がりますよね。

この学費はカナダの市民権をもつ人だけでなく、永住権を持つ人にも適用されるため、永住権取得で、大学の費用が大幅に抑えられることになります。

カナダ人向け・大学院の授業料

次に、カナダ人向けの大学院の費用です。

留学生向け授業料では、大学に比べて、大学院の学費はかなり低めに設定されていましたが、カナダ人向けでは、大学と大学院の費用にはほとんど差はありません。

カナダ平均で年間授業料は6,703ドル(約55万円)です。日本の国公立大学院の授業料が約53万円なので、日本と同じくらいですね。

学費が高い州は、オンタリオの9,416ドル(約78万円)、ノバスコシアの8763ドル(約72万円となっています。

学費が安い州は、ニューファンドランドの2,733ドル(約22万円)、ケベックの2,904ドル(約24万円)となり、費用面での大学院進学のハードルが低くめ。

まとめ

以上、カナダの公立大学/公立大学院の州別の授業料について、ご紹介しました。

同じ公立なのに、州によっては全く学費が異なるというのは驚きですね。

留学先として人気のバンクーバーがあるBC州は平均的な学費でしたが、カナダ最大都市トロントがあるオンタリオ州は、最もお金がかかる留学・進学先となっており、生活費の高さを考慮しても、金銭的な余裕がなければ厳しい州だと言えます。

しかも、この高い学費も、年々さらに上昇しています。

今回の記事では、学費の推移が分かるよう、過去3年分の学費を表示していますが、ほとんどの州で学費が年々上昇していることがお分かりいただけると思います。来年以降はまた学費が上昇することが見込まれます。

学費を工面するためにも、『住みたい州』というより、『学費が安い州』を選ぶ、というのも進学・留学先の決めての一つかもしれません。

しかし、州を選ぶ以外にも、まだ注意いただきたい点もあります。

それは、学部。

日本の国公立大学/大学院は、どの学部であっても学費はほぼ一律である一方、カナダでは学部により授業料が異なるのです!

長くなるので、学部別の平均授業料は、また次回の記事にてご紹介したいと思います。