アメリカとカナダの「布おむつ」の始め方を徹底解説!日本より簡単で便利ですよ~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26

娘が生後4ヶ月になった頃から、布おむつを使い始めました。

息子は「日本」の布おむつで育ち、娘は「カナダ」の布おむつで育っています。日本とカナダ(実際はアメリカ製が多い)、両方の製品を使い比べてみて思うのは、カナダのほうが値段は高めだけど、便利だし、使いやすい!

ただ、布おむつの種類が日本とは違っていて、私自身、戸惑うことが多かったので、アメリカ・カナダの布おむつの種類や使い方、お手入れ方法などをまとめてみたいと思います。

なお、布おむつを使う良さなどは以前の記事に書いているので、よかったらこちらもご覧ください。

メリット色々!カナダで「布おむつ」と「おむつなし育児」のススメ。
布おむつで赤ちゃんもお母さんも快適育児!布おむつを使うメリットや、赤ちゃんの頃からトイレに連れていく「おむつなし育児」についてもご紹介します。 布おむつを始めるかどうか悩んでいる方にぜひご一読いただければと思います
スポンサーリンク

アメリカ・カナダの布おむつの種類

英語で布おむつは「Cloth Diapers(クローズダイパー)」。アメリカ・カナダの布おむつの種類はだいたい下記4つに分類されると思います。

  • All in One
  • Pocket Diaper
  • All in Two
  • Prefold

この4つのタイプを詳しく見ていくと・・。

①おむつも、カバーも一体型:「All in One

aio_banner_2

出典元:GroVia

All in Oneは「AIO」とも略されます。このタイプは「おむつ」と「カバー」が一体化しているので、紙おむつと同じ感覚で使えます。

これはかなり手軽。ただ、おしっこの度に交換が必要なので、かなりの枚数を用意しておく必要があります。そして値段も高い。便利と言えど、コストパフォーマンスが悪いです。

また、お洗濯しても、中までしっかり乾きにくいのも難点。ただ、最近のAll in onesは、上記画像のように、乾きやすさを考慮して設計されているものが多いです。

【長所】一番手軽!

【短所】値段が高い、洗濯量が多い、物によっては乾きにくい

「Thirsties」というメーカーの商品も↓、おむつがカバー本体に縫い付けられているものの、片側しか縫われていないので、乾きやすそうです。

Thirsties Snap One Size All in One, Woodland

②インサートをポケットの中に入れる:「Pocket Diaper

41zpKC-UBlL

背中側にポケットが付いているので、ここからインサートを中にいれて使います。たぶん、アメリカやカナダでは、これが一番一般的な布おむつだと思います。販売数も多く、上記All in Oneに比べると、価格も低め。

また、カバーとおむつが分かれている分、洗濯しても乾きやすいです。おむつをポケットの中に入れるのが多少手間ではありますが、セットしてしまえば、ズレないし、紙おむつのように手軽に使えます。

しかし!

おむつを中に入れてしまうと、先ほどのAll in Oneタイプと同様に、おしっこの度に全交換となってしまうので、ある程度の枚数が必要に。そこで、おむつを中に入れるのではなく、カバーの上におむつを載せて使う人も多く、私もそうしてます。

IMG_6855

おむつを上に載せて使う場合、セットで付いてくる成形おむつ以外にも、後ほど紹介する「Prefold」という、いわば、さらしで作られた日本の「輪おむつ」のようなものを載せて使うこともできます。

【長所】All in oneより安価、インサートだけ追加購入可能、好みの使い方ができる

【短所】おむつのセットが少し手間

通常、おむつカバーとインサート(成形おむつ)が下記のようにセットで販売されています。

③インサートが固定できる:「All in two

3in1-illustrated

出典元:Diaper Junction

All in two(AI2)このタイプは、インサート(成形おむつ)を中に入れず、カバーの上に置いて使います。

おしっこをしても、おむつだけ交換すればよいので、洗濯物が減ります。「Pocket Diaper」でも、同じような使い方ができると紹介しましたが、違っている点は、「All in two」だと、おむつとカバーがスナップボタンなどでくっ付けられるようになっていること!そのため、激しく動いても、おむつがずれることがなくて安心です。

ただ、スナップボタンでくっ付けるためには、洗い替えの成形おむつは、専用のものを購入しなければなりません。専用おむつは通常のおむつより、多少値段が高くなるのがネックです。

【長所】洗濯量が減る、動いてもずれにくい

【短所】成型おむつは専用のものが必要、Pocket Diaperより値段が高め

下記の「Best Bottom」のTwo in Oneは簡単に取り付けられて、インサートの吸収性が良いと、評判が高いです。

④低価格で吸収性も高い:「Prefold

IMG_3520

これは、昔ながらの布おむつという感じ。「Prefold(プレフォールド)」は、日本の輪おむつと似ていますが、名前の通り、「あらかじめ折りたたまれた状態」で縫合されています。輪おむつの使い方と同じように、おむつカバーの上にPrefoldを載せて使います。

Prefoldは、インサート(成形おむつ)より、比較的低価格なので、この種類でそろえるのが一番お手軽ともいえます。

機能的な面でいうと、成形おむつに比べるとPrefoldのほうが吸収力が高く、大量のおしっこでも割と安心です。ただ、予め縫合されている分、洗濯しても乾きにくいのが難点ですし、成型おむつに比べると、おむつを付けるのが多少面倒です。また、インサートよりもかさばる分、ピッタリしたズボンなどは履かせにくくなります。。

Gerber Birdseye 10 Count 3-Ply Prefold Cloth Diapers, White
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする