コストコ「エグゼクティブ会員」徹底調査!一般会員とどっちが得?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26

costco_executive_membership_top

アメリカやカナダのコストコに存在する「エグゼクティブ会員」。

一般会員よりも会員費が高く設定されていますが、2%のキャッシュバッグや割引クーポンなど、特典が色々。

一般会員とエグゼクティブ会員はどちらがお得なのか、詳しく解説します。エグゼクティブ会員特典を使いこなせば、コストコでの買い物がますますお得になりますよ!

スポンサーリンク

アメリカとカナダのコストコ会員種類

member

参照:http://www.costco.ca/join-costco.html

日本のコストコには、ビジネスメンバー(法人会員)とゴールドスターメンバー(個人会員)の二種類しかありませんが、アメリカ・カナダのコストコには、もう一つ、エグゼクティブメンバー(Executive Membership)というものが存在します。

名前からすると、一部の人しか加入できないような印象も受けますが、もちろん会員費を払えば、誰でも加入できるカードです。

エグゼクティブ会員の特典

年会費は、通常の会員よりも55ドルも高いエグゼクティブ会員なのですが、なにが違うのかというと・・・。

メンバー限定のサービス割引

キャプチャ

コストコで提供している旅行保険や生命保険、医療保険などのサービスが5%引きになったります。

あと、コストコが提供している旅行プラン「Costco Travel」にて、朝食無料や割引などの特典が付いたりもします。特典は全てのプランに付いているわけではありませんが、これを狙って予約するとお得かも。特に、Costco Travelは通常の旅行会社のプランよりもお得なことが多いですし、旅行好きの方には嬉しい特典です。

Costco Connectionという雑誌が定期的に郵送される

cmagazine

Costco ConnectionやCostco Onlineという雑誌が定期的に送付されてきます。

と言っても、特段ステキな情報は載っていませんし、この雑誌はオンラインでPDF版がだれでも閲覧可能です。

正直、これはあまり魅力的な特典ではありません。

メンバー限定クーポン

IMG_8155[1]

年に2~3回くらいの頻度で会員限定クーポンが郵送されてきます。通常のクーポンと違って、「For Executive Members Only」との記載があります。

よく購入するような商品が割引になるので、これはとてもありがたい特典!!

なお、このクーポンを使うには、レジにて提示する必要があるのでご注意ください。

<更新情報>
2016年8月、2017年1月のクーポンを公開しています。

コストコのエグゼクティブ会員限定クーポンってどんな?2016年9月に使えるクーポンはコレ!
アメリカやカナダのコストコに存在する「エグゼクティブ会員」。買物額2%のキャッシュバックが付くほかにも、エグゼクティブ会員限定クーポンが発行されるメリットもあります。限定クーポンってどれくらいお得なのか!?昨日届いたクーポンの中身をご紹介!
コストコのエグゼクティブ会員限定クーポン!2017年1月に使えるクーポンはコレ!
アメリカやカナダのコストコに存在する黒いカードの「エグゼクティブ会員」。2%キャッシュバックの他にも、年に数回発行される会員限定クーポンも嬉しい特典です。昨日届いたクーポンの中身をご紹介!

2%のキャッシュバッグがある

一番大きいなメリットは、なんといってもこれですね。

Costcoでの買い物額に対して2%のキャッシュバックが付きます。買い物額によっては、エグゼクティブの年会費55ドルも取り戻せるし、Costco会員費の全てが取り戻せる可能性だってあります。

最大のキャッシュバック額には、750ドルの上限が設定されているものの、毎月約3000ドル(30万円)、年間37500ドル(3,750万円)も買い物をしないと、この上限には引っかからないので、商業目的のユーザー以外はあまり気にしなくてもよいレベルですね。

ゴールドスター会員とエグゼクティブ会員、どっちがお得?

では、一体いくら買い物すれば、エグゼクティブ会員費55ドルがペイできて、一般会員よりもお得になるのか。

Costcoのサイトで、使用金額に応じたキャッシュバッグ額が分かりやすく計算されています。

reward

これによると、毎月250ドルCostcoで買い物すれば、年間で60ドルのキャッシュバックとなり、55ドルのエグゼクティブ会員費が取り戻せます。

つまり、毎月平均して250ドル以上(約2万5千円)、年間では3000ドル(約30万円)買い物する人であれば、エグゼクティブ会員の方がお得ということになります。

さらには、毎月平均で500ドル使っていた場合、120ドルのキャッシュバッグとなり、Costco会費110ドル全額を取り戻せるという計算です。

ということで、エグゼクティブメンバーになるかどうかは、毎月平均250ドル以上、年間にして3000ドル以上使うかどうかがポイントです。それ以下の買い物額であれば、一般会員(ゴールドスター)のほうがお得ということになります。

買い物の仕方にもよりますが、Costcoは単価が高いですし、食品・日用品だけでなく、家電に季節商品などなど、色々なジャンルを扱っているので、案外250ドルの壁は超えやすいのではと思います。

オンラインの通販サイトでは、さらに大物家電や家具など、いろんなものを取り扱っていますし。

なお、毎月250ドル以上使うかどうか、きわどいラインにいる方は、思い切ってエグゼクティブ会員になることをオススメします。

キャッシュバック以外にも、年に2~3回届く、エグゼクティブ会員向けのクーポンを使えば、年間10ドル以上はお得になる可能性が高いですし、旅行特典なども使えば大きな差になりますよ。

2%キャッシュバック対象外のもの

ちなみに、2%のキャッシュバックには下記の対象外商品がありますので、ご注意を。

  • 処方箋
  • たばこ
  • フードコートの食事
  • ビン、缶、ボトル等のデポジット
  • コストコサービス(保険、旅行、宅配サービスなど)
  • 眼科診察
  • タイヤ取り付け費用、タイヤ処分費用
  • コストコギフトカード
  • ガソリン
  • 切手
  • アルコール飲料

さらにカナダのケベック州とノバスコシア州だけは、なぜか、牛乳やコーヒー用ミルクなどの乳飲料が、キャッシュバック対象外です。

我が家のキャッシュバッグ額は・・・?

さて、この2%のキャッシュバッグ。メンバー会員の更新時期が近づくころに、自動的にクーポン券として郵送されてきます。

我が家にもこのクーポンが先日郵送されてきました。気になるキャッシュバック額はというと・・。

92ドル!

エグゼクティブ会員費55ドルも軽くペイ出来て、さらに37ドルもお得になったことに。入っておいてよかったです!

約10か月くらいの使用期間でしたが、なかなか高額のキャッシュバック額にビックリしました。つまりは、この10か月間、Costcoで4600ドル位、お買い物したことに。月換算して平均で460ドル。

この10か月は、カナダに移住してきたばかりで、テレビやプリンター、ルンバなどの電化製品、調理器具やお鍋類などの生活用品などなど、新生活にあたって色々揃えたのも大きかったと思います。

それでも、予想以上にCostcoを大活用している我が家。

日常の食品や生活必需品はもちろん、誕生日やクリスマスなどのギフト、ブーツや洋服などの身の回りの品などなどなど、色々なものを購入しています。Costcoは品質が良いものがお買得になっていますし、取扱品目が幅広くて、季節ごとに必要なものを入荷してくれるもんだから、ついつい・・・(笑)

まとめ

以上、アメリカやカナダのCostcoにある会員種類、「エグゼクティブ会員」についてご紹介しました。

毎月250ドル以上はCostcoで買い物しているという方は、エグゼクティブ会員をぜひ考慮してみてくださいね。エグゼクティブ会員向けの割引クーポンや、キャッシュバッククーポンが待ち遠しくなりますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする