レゴ新刊「すごいアイデア」レビュー:マネしやすいし、アイデアが本当にAwesome!

少し前にこんな本を買いました。

IMG_3929

「LEGO AWESOME IDEAS」、日本語版では『レゴ すごいアイデア』という本です。

レゴ公式本の「レゴ アイデアブック」や「レゴ プレイブック」と同じシリーズで、Daniel Lipkowitz(ダニエル リプコーウイッツ)著作の第3弾ですね。

レゴ アイデアブック」は、以前のブログ記事でも紹介していますが、レゴの天才たちが作ったオリジナル作品の数々と、作り方のヒントを記載してくれています。

特に乗り物系が充実しているので、息子も、車、飛行機、電車にロケットなど、色んな乗り物のアイデアをこの本からもらって日々制作に励んでいます。

→関連記事:「レゴ プレイブック」はテーマある世界観を作るのに最適!「アイデアブック」との違いも色々。

「AWESOME IDEAS」はこの「アイデアブック」の第二弾のようなものかな?

と思って買ってみましたが・・・、ちょっと、いや、かなり違ってました!

しかも、すごく良い意味で!!

スポンサーリンク

Lego Awesome IDEAS ブックレビュー

本の内容は、宇宙、都市、西部開拓時代、ファンタジーランド、現実世界の5つの世界観を作るための作品たちが紹介されています。

この点は「アイデアブック」と似た構成です。

目次はこんな感じ。

IMG_3930

では何が違うのかというと、まず、「AWESOME IDEAS」のほうが、アイデアを取り入れやすい!

車のバンパーのサンプル、お家の屋根のサンプルなど、花や木など、特定の部位・物の作り方のアイデアが色々掲載されています。

しかも、そのアイデアが、この通り、本当にAWESOME!!

IMG_3938

IMG_3937

IMG_3933

花や、車のバンパーのアイデアは、息子はかなり参考になったみたいで、同じような作品をどんどん作っています。

また、ステップバイステップの作り方は載っていませんが、拡大写真だけでなく、細かな展開写真や、別の角度からの写真が掲載されています

アイデアブックにも拡大写真はありましたが、この本の方が一つの作品に対する写真の数が断然多め

作り方がより分かりやすく、初心者や子供向けでも十分楽しめる内容になっていると思います。

IMG_3935

IMG_3942

IMG_3949

また、「レゴアイデアブック」は乗り物系が多くて、どちらかというと、男の向けかなと思える内容でした。

その点、この「AWESOME IDEAS」は、ファンタジーワールドのカテゴリで紹介されている作品などは、どれもカラフルで可愛い!!女の子でも絶対楽しめる内容だと思います。

IMG_3934

IMG_3936

本を参考にして作ったレゴ作品

今までレゴの本は5冊以上買っていますが、息子5歳はこの本が一番気に入っていて、日々活用してくれています。

実際に、この本を参考に、息子が作っていた作品をご紹介しますね。

まずは、花や木の数々から。

イスやタイヤカバーをお花にするアイデアとか脱帽!

IMG_3894

これは本の完コピのスペースシップ。

IMG_3946

そしてお次はこれ、すごく面白い!

IMG_4194

まさにペンそのもの!

本からもらったアイデアを活かして、自分の持っているペンに似せて作っていました。

まとめ

以上、レゴの新刊「レゴ すごいアイデア」をご紹介しました。

レゴ公式本の中で、息子の一番のお気に入りの本になったようで、毎日本を見て、作品を作っています。

また、アイデアの取り入れやすさや、アイデアの素晴らしさや工夫と言った点で、私自身もレゴ公式本の中で一番良い本だと思います。

大人のレゴマスターの方はもちろんですが、初心者でも分かりやすくなっている分、お子さんや女の子のレゴファンには、ぜひともお勧めしたい一冊です!

なお、日本語版は2016年10月に発行されたばかりですが、このシリーズの本は毎回英語版のほうが値段が安くてお得!2016年11月現在、日本語版が3880円に対し、英語版は2382円と、1500円もの差があります。

まだまだ1人では字が読めない息子も大活用してるくらいなので、英語が苦手な方でも問題ないと思います。

<追記>
レゴ公式本4冊の違いを下記記事で紹介していますので、どの本を買おうか迷っている方は、ぜひご参考ください。

レゴ公式本4冊の違いは?アイデアブック、プレイブック、すごいアイデア、365レゴ、買うべきはコレ!
レゴの作り方や遊び方を紹介しているレゴ公式本は全部4冊。似てるけど、何が違う?どの本がおすすめ?自分にピッタリな本はどれ?4冊の内容を比較解説します。
スポンサーリンク

フォローする

こちらの記事も読まれています