PTFE/PFOAフリーの安全なストーン加工フライパンを購入♪

以前、記事に書いたこともありましたが、カナダに来てからのお気に入りのフライパンはもっぱらグリーンパンでした。購入してからすでに8ヶ月以上経ちますが、まだまだ現役。日々、愛用しています

テフロン加工フライパンは危険!安全なフライパンは?
くっ付かなくて便利なフッ素加工フライパン。でも使い方によっては、とても危険!フライパンの危険性をまとめるとともに、海外のフライパン事情にも触れながら、どんなフライパンが安全なのかもご紹介したいと思います。

でも、1本のフライパンじゃ不便!2本目も欲しいわぁ・・ということで、新しいフライパンを買いました今回購入したのはグリーンパンじゃななくて・・、ストーン加工されたセラミック製フライパンなのです!

スポンサーリンク

こびり付かず、安全性も高いストーン加工フライパン

お店で見かけて以来、すごく気になっていたストーン加工フライパン。安全性や使い勝手を色々調べていたのですが、全然こびり付かないらしいのです。ストーン加工のフライパンは、こちらのHPでも健康的なフライパンとして紹介されていて、ますます興味しんしん

ネット検索していると、検索結果に沢山出てくるのが、ストーンバリアというフライパン。最近、テレビ番組の「月曜から夜更かし」で紹介されたようで、大人気の品薄商品とのこと。ふむふむ、やっぱり今はストーンが熱いのね!!

ケミカルフリーなストーン加工フライパン「THE ROCK」

私が購入したのは、Starfritというカナダの会社が作っている「THE ROCK」というセラミック製のフライパンです。本当は上記HPで紹介されていたフライパンが気になっていたんだけど、すぐに試してみたくなる性分な私。。。しかも、店頭で見かけたこのフライパンもなかなか良さそうなので、迷わず購入!

IMG_0761 (1280x960)  IMG_0763 (1280x960)

なんといっても、大前提となる安全性もばっちりクリア。ゼロケミカルをうたっていて、有害なフッ素化合物PTFEやPFOA等は一切含まれていない、安全性の高いものです。高温で熱しても有毒ガスは発生しません!

そして、焦げ付きにくさですが、レビューを見ても、全然くっつかない、完全なるノンスティックとの高評価。そしてストーン加工されたその表面は超硬質!フライパンには3年の保証も付いています。

購入したポイント

  • 発ガン性の可能性が指摘されているPTFEおよびPFOA未使用
  • ゼロケミカル
  • ストーン加工で、通常のセラミックフライパン3倍もこびり付かない・・・らしい
  • 高温にも強く、熱伝導の高いセラミック製
  • オーブンにも使える

いざ、ウキウキで使ってみたところ・・・

こ、こ、これは!!

本当にくっ付かないです

オムレツを作ってみたんだけど、チーズなんかも入れたのに、なんとまぁ綺麗に剥がせること!!感激でした見た目があまりきれいじゃないですが、あまりの感動に写真にも収めました!目玉焼きを作っても、ツルツルと目玉焼きが勝手に移動するくらい。

IMG_0786 (1280x960)

このくっ付かない感じ、フッ素加工フライパンを愛用していた頃以来かも~。これでPTFE/PFOAフリーなんて、嬉しすぎる

安全性も高くて、焦げ付かない、と、ここまでは素晴らしい。あとは、耐久性の問題のみです。保証期間も付いているので、メーカー側は自信があるようですが・・・、このノンスティックの状態がどれほど続くのか、また数か月後に記事にしたいと思います。

ちなみに、私が買ったフライパンの保証期間は3年でしたが、ストーン加工フライパンの中にはもっと耐久性のあるものも発売されていて、ネットで調べていると、12年保証なんていう商品もありました

安全性を求める場合は、PTFE/PFOAフリーと記載されていること

なお、安全性についてですが、全てのストーン加工が安全かというと、そうではないようです。商品によっては、コーティングの仕方が違うようで、安全性を重視する場合は、必ずPTFEやPFOAフリーと記載されている商品を選んだほうがよさそうです。

実際、私が購入した「THE ROCK」のシリーズの中にはセラミック製ではないフライパンも発売されているのですが、それらにはPTFE/PFOAフリーの表記が無かったので、要注意です。


まだまだ出回っている数が少ないストーン加工フライパンですが、もしお店でお見かけしたら、ぜひぜひフライパンの候補の一つにどうぞ~