かれこれ10年、スキンケアは手作りコスメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26

今日はちょっとスキンケアのこと。

ハピバナのスキンケアは25歳くらいの頃から手作り化粧品中心です。かれこれ、10年以上にもなるのね・・。それ以前はランコムがとにかく大好きで、スキンケアシリーズからお化粧品まで一通りそろえ、月3~5万は化粧品に使っていたと思います。

でも、この頃、体の不調が続いて病院にかかることが多く・・。結局大した病気ではなかったんだけど、もともと、子どもの頃から痛みにめっぽう弱く、病気になることも人一倍恐れていたので、何が体に悪くて、何が良いか、色々調べるようになりました。添加物も気になりだし、出来る範囲ではあるけど、なるべくは気を付けるようにしました。

その時、食品だけでなく「経皮毒」という存在も知ったんです。経皮毒というのは、有害物質は皮膚からも吸収されるということ。しかも、食べ物には消化されて排出されるルートがあるけど、皮膚から吸収されたものは排出されないっていう恐ろしい事実。

いくら食べ物に気を使ってもダメじゃん、と気づき、それまでの化粧品やシャンプーとかも見直しました。香水も使わなくなった。

そういえば、市販の化粧品って数年経っても、しかも炎天下の夏の屋外で売りに出されてても、全然平気。腐らない。すごいいい香りだけど、これって肌にいい訳がない?成分表の成分を一つ一つ調べてみても、不安になるものばかり・・

しかも、高価なスキンケア化粧品なんて、その内訳の殆どは広告費。実費で見たら、数十~数百円とも言われてるし。

そんなこんなで、手作りコスメの存在を知り、安全で自分がいいなと思える材料から手作りするようになりました。インターネット上には肌質タイプに合わせたレシピも沢山あります。面倒くさがりな性分なので、決して凝ったものは作らないけど・・。

ドクダミ化粧水、ローズヒップ化粧水、そして、ホホバオイル+みつろう+シアバターで作ったオイル。

基本のスキンケアはこれくらい。そして洗顔は米ぬか、クレンジングはホホバオイルとポリソルベート80を混ぜた手作りクレンジング。

かれこれ10年以上は手作りコスメでスキンケアをしているけど、トラブルもなく、むしろお肌がプリプリって褒められたり。(単に顔が丸まるしてるだけ?)自分自身も今の肌質に満足してます。化粧品にかけるお金も、昔の10分の1以下、いやもっともっと少ないか。

時々、アンチエイジングやらホワイトニングやらの機能化粧品のCMを見ると、こんなのを使ってれば、もっと肌がきれいになってたんじゃない?!って不安になることもなるけど、やっぱり体のことを考えたら、今のスキンケア方法から離れられません。

カナダに来てからも、手作りスキンケアを続けていくつもりだけど、日本のようにオンライン通販も充実していないし、ここはノバスコシアの田舎町。手に入りにくい商品も多そうです。早速私が頼りにしてたクレンジングの材料も手に入らなそうなことが分かって、ココナッツオイルに頼り始めたところ。

少しづつ新しい材料も開拓しつつ、乾燥するカナダの環境と、硬質のお水にも耐えられるスキンケアが出来ればいいなぁと思います。紫外線の強さにも負けないようにしなきゃ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク