16キロ増えてもOK?!日本とカナダでは妊娠中の望ましい体重増加の範囲が異なる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26

妊娠したら一体何キロまで体重は増えてもいいのか?何キロ位に抑えるのが望ましいのか?!

これ、妊婦さんならとても気になるところですよね・・・

もちろん、産院やお医者さんによっても考え方が違うし、妊婦さんの元々の体重や健康状態によっても違いはあります。

日本とカナダの両方で妊娠出産を経験したハピバナですが、そもそも、日本とカナダでは適性とされる体重増加の範囲自体が異なっていることが分かり、ビックリしました。

スポンサーリンク

12キロがギリ?一般的にも10キロまでと言われる日本

まず、日本で適性とされる体重増加はというと、こちら↓

WeightcontrolJP

出典元:公益財団法人母子衛生研究会HP

標準体型だと、体重増加の望ましい範囲とは、7~12kgとのこと。確かに、雑誌や周りの友人に聞いても、だいたい10kg前後だと言われてたなぁ・・。

カナダでは16キロ増えてもOK!

そして、こちらがカナダで適性とされる体重増加の範囲。

arrow-weight-gain-pregnancy-graph-en

出典元:Similac

比較のため、日本と同じ「BMI18.5-24.9」の紫の欄にご注目ください。

なんとカナダでは、日本と同じBMI 18.5-25の標準体型であっても、11.5~16キロまでが適性とのこと!!念のため政府機関のHealth CanadaのHPでも確認してみましたが、やはり同じような数値でした。

日本では12キロまで、カナダでは16キロまで増えてOK!!

同じ標準体型、同じ人間なのに、日本とカナダでは、推奨増加体重に4キロもの差があるってビックリしました。

日本で出産する際に、16キロ増えたなんて言ったら、ええーーーって周りにビックリされてしまいます!!だって体重管理に厳しい病院が多いですし、妊婦さん自身もみんな、常に何キロ増えたかってすごく気にしてますもん。例え12キロ増だとしても、「やばい」扱いは必須です

でも、この適性体重の数値の違いだけでなく、日本とカナダでは病院やお医者さんの体重管理に対する捉え方も大きく異なると感じます。

日本の産院で経験した、妊娠中の厳しい体重管理

日本で産んだ第一子の時は、特に体重管理に厳しい産院で、「10キロ超えるなんて、とんでもない!!」という先生でした。健診の度に医師の目の前で体重計に乗り、1週間あたりの適性増加範囲をグラム単位でちょっとでも超えようものなら、チクチク、チクチク、、、散々嫌味を言われたり、恐怖を煽るようなことを言われる始末

おかげで、赤ちゃんの成長を感じられて楽しみなはずの妊婦健診が、憂鬱でしょうがないものになりました。

まるでダイエッターのように食事制限したり、健診の前日&当日は食べる量を極端に減らしたり。寒い季節だったのに少しでも体重が軽くなるよう超薄着で健診に臨んだり今思い出しても、本当にストレスフルな妊婦生活だったな・・・

その医師が特別体重管理に厳しい方だったせいもありますが、赤ちゃんの状態や私の体調を考慮するというより、あくまで『10kg』という適性範囲の中でしか見ていなかったように思います。もちろん、適性範囲を守るのが、赤ちゃんの為にも、そして私の健康管理にも大事なのはわかりますが・・。

体重にも大らかで、妊婦の体調重視のカナダの妊婦健診

それに比べると、今回のカナダでの妊婦健診は、本当に極楽そのものです。

今回はツワリが酷いわ、長引くわで、臨月の今でも7キロくらいしか体重は増えてないので、カナダでいう適性体重増加を下回っている状態。それでも、先生に何か言われることもありません。むしろ、先生も看護婦さんも「Perfect!!」「Awesome!!」「Beautiful!!」と、様々な言葉を使って褒めて?くれます

それでも一度、2週間で2キロ増えたこともありました。

増えすぎたーー、やばいなぁと思っていたけど、いつものように褒めてくれる先生や看護婦さんたち。なので、心配になって私から「体重増えすぎてるけど、大丈夫かな?」って聞いてみたんですが、「あなたの体調が良いいんだったら、なんの問題もないわー。」と言ってくれました。

先生にとっては、『適性』とされる数値はあくまで机上の目安でしかなく、個人個人違っている状態、目の前の患者さんをちゃんと見てくれているんだなと感じて嬉しかったです。

先生のおおらかな対応は体重管理に限ったことではなく、先生は妊婦にストレスを感じさせたりするようなことは決してせず、全てのことに対して「Take it easy」でここまでやってきました。切迫早産になった時でさえも、Take it easyだったので、逆に心配させられましたが・・

ちなみに、先生から体重のことをうるさく言われないためか、妊婦さん自体も体重なんて気にしてない方が多いように思います。日本の妊婦友達とお互いの近況を話すと、毎回必ず体重の話題になって「やばいよ、もう何キロ増えた!!」という感じで盛り上がります。でも、こちらの妊婦さんと話しても、体重の話題になったことが一度もないです。


この日本の産院とカナダの産院の違い、どちらも良し悪しはありますが、私にとっては今回のカナダで送る妊娠生活は全くストレスがないのは確か!!前回に比べると天と地の差。本当に幸せな妊娠生活を送ることができています。いつも笑顔でおおらか、いろんな言葉で励ましてくれる先生や看護婦さんに感謝感謝です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする