コストコで売ってる「プレスンシール」活用術|子供の家庭学習にも使えたよ!

プレスンシール(Press’n Seal)、使ったことありますか?

日本のCostcoの大人気商品ですよね!私も友人におすすめされて以来、かなり気に入って使っています♪

プレスンシールはご存知の通り、真空密着がウリのラップのようなもの。高い密着性を活かして、色々な使い方が出来ます。

私自身の使い方はと言うと──

  • 飲み物を入れたコップの蓋代わりに
  • お肉や野菜を冷凍保存するときに
  • 出先に料理を運ぶとき、汁もれ防止に

こんな感じ。まぁ、言ってしまえば、超ベーシックな使い方しか出来ていません(笑)

でもね、この度、これぞ「プレスンシール活用術」と言えるんじゃない?という使い方を発見!

それは、

子供の勉強用!

どんな風に使っているかと言うと、子供に覚えてほしい漢字を印刷して、プレスンシールでダイニングテーブルに張り付けるだけ。

このように、まるで、漢字プリントのランチョンマットになっています(笑)

プレスンシールで貼っているので、もちろんテーブルには傷もつかないし、来客時にはパッと剥がせる点がお気に入り。

テーブルを拭くときは、端がめくれないように、少しだけ気を付ける必要はありますが、さほど時間もかからず、いつも通り拭けます。あと、テーブルにお水をこぼしても、大丈夫。完全密着になっているので、中の紙が濡れることはありません。

スポンサーリンク

日常に「復習のきっかけ」が生まれた!

こうやってプレスンシールで漢字プリントを張り付けて、2週間くらいになりますが、これ、本当いいですよ!

何が良いって、子供が漢字をちょくちょく見直すきっかけができたこと。

カナダ在住の我が家ですが、子供はいくら週1回日本語学校に通っているとは言え、そして、いくら私たちが日本人夫婦だからと言え、日常生活には漢字を使う機会なんて、まずありません。家庭学習をしたり、日本語の本を読まない限り、漢字を見ることもなければ、書くこともない。

そうなると、今週のテストに出てくる漢字を一生懸命覚えても、使う機会がないもんだから、テストが終わって、しばらくたった頃には忘れてしまうわけです。

でも、こうやってダイニングテーブルに漢字プリントを貼っておくことで、ご飯を食べる時、宿題をする時、レゴを作るときなど、一日に何度も目がいくので、復習の良いきっかけになっています。

壁に貼るではなく、ダイニングテーブルってのいうのが、ポイントです。なんせ、座るたびに否応なしに目に入ってくるので(笑)インテリア的にも、邪魔にならないのも嬉しい♪

ちょっと注意点もあり

先ほど、「来客時など、ぱっと剥がせる」なんて申しましたが、ちょっと注意点もあります。

数日間貼っておくだけならいいんですが、1週間くらい貼りっぱなしにしておいた時は、プレスンシールの粘着性がテーブルと紙にも移り、ベタベタになりました。

そのため、紙は使い捨てにしていいものだけ、挟むようにしています。大切なプリントや、一枚しかないようなものにはおすすめしません。

テーブルに付いたベタベタは、消しゴムでちょっとこするだけで綺麗になるので、こちらは心配ご無用です。

・・でも、プレスンシールの活用術として、よくリモコンに貼る方法も紹介されていますが、剥がした時ベタベタになりそうな気がします。1週間テーブルに貼りっぱなしにしただけでも、ベタベタですもん。

以上、プレスンシールで家庭学習の活用術をご紹介しました。

我が家は今、漢字プリントを張っていますが、小さなお子さんには、ひらがなやカタカナ。大きなお子さんだと掛け算のプリントなんかもいいですよね。

もしプレスンシールお持ちでしたら、ぜひぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする

こちらの記事も読まれています