ミキサー・フードプロセッサーで人参ジュースの作り方。工夫次第で酸化も酵素破壊も防げます!

ミキサーで作る人参ジュースも効果的でメリット大!低速ジューサー以外NGとする根拠へ疑問をぶつけます。
人参ジュースは低速ジューサーで作らないと効果がない?!その根拠に疑問あり!しかも、ミキサーで作るジュースならではのメリットもありますよ。

前回の記事では、ミキサーやフードプロセッサーで作る人参ジュースだって、工夫次第で酵素も残せるし、酸化も防げることをご紹介しました。

今回は、そんなひと工夫をした、具体的なレシピをご紹介です。

スポンサーリンク

材料

出来上がりの量:コップ2杯分、約400cc

  • リンゴ:1個
  • 細めの人参:2本
  • レモン汁:大3(45cc)
  • ココナッツオイル:小1
  • 塩:一つまみ

割合はお好みで

人参、林檎、レモン汁の割合はお好みで大丈夫です。ジューサーで絞るタイプと違い、粒々のピューレ状になるので、飲みにくさを解消するためにも、林檎の割合を多めにしています。

塩、レモンは必須

ミキサーの弱点は素材が酸化しやすいこと。でも、前回の記事でご紹介した通り、ごく少量の塩を追加することで、酸化防止が劇的に防げます。実験結果ではほぼ100%酸化が防止できていました。塩は必ず入れましょう。

また、レモンも酸化防止に効果的ですが、それ以上に、レモン汁を入れるとジュースがぐっと美味しくなるので、欠かせません。

カロテン吸収率UPのために、オイルも

脂溶性のベータカロテンの吸収を良くするために、少量のオイルも入れましょう。

一般的なにんじんジュースのレシピだと、あまりオイルを入れるものは見かけませんが、これはぜひともおすすめしたい。生のにんじんのカロテン吸収率は10%程度ですが、油と一緒に摂取することで70%程度まで吸収率が上がります。

緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロチン(ビタミンA)は、脂溶性ビタミンで、油と一緒に食べることで吸収率が大幅にアップします。

出典: 日清オイリオ

私は好みでココナッツオイルを入れていますが、匂いが苦手であれば、他のオイルでも。

材料はできるだけオーガニック

人参もリンゴも皮付きで使用するため、出来るだけ無農薬・オーガニックのものを使います。オーガニックが手に入りにくい場合は、このような農薬を洗い落とせる洗剤も便利です。

ちなみに、カナダ在住の方にはスーパーマーケットの「Farm Boy」がおすすめ!なんせ、オーガニックの林檎が種類豊富ですし、しかも、しょっちゅう見切り品コーナーにあって、お得(笑)ジュースにするので、見切り品でも十分です。

また、レモンも本当はオーガニックの本物レモンを絞るのが理想、、、なのですが、私はレモン汁は手軽に市販品に頼っています。

人参ジュースの作り方

では、実際の作り方をご紹介します。

ミキサーの場合

  1. 人参とリンゴをよく洗い、皮付きのまま一口大くらいにカットする
  2. 全ての材料を投入し、数十秒
  3. すぐに飲む!

ミキサーの場合、一気に作れるので簡単ですね。

フードプロセッサーの場合

  1. 人参とリンゴをよく洗い、皮付きのまま、一口大くらいにカットする
  2. 人参、塩、レモン汁を入れて、数十秒
  3. リンゴ、、ココナッツオイルを加えて10秒~数十秒
  4. すぐに飲む!

フードプロセッサーで作る場合、ミキサーほど細かくなりにくいので、ちょっと工夫が必要です。まず、人参だけ先に投入し、ある程度細かくしてから、リンゴとお水を加えています。

ちなみに、我が家のフードプロセッサーはKitchenAidのものですが、モードが「Low」・「High」とあり、「High」を使っています。

注意点

もしお使いのミキサー・フードプロセッサーが熱を帯びる場合(特にブレード部分)、氷を一粒入れましょう。機種が「氷」に対応していない場合は、使う水を冷水にしてください。

これにより、熱で酵素やビタミンが破壊されることを防げます。

出来上がり

そして、完成したジュースがこちら!

粒々ピューレ入りなので、スムージーと言うべきか。

粒々が残るので、スプーンですくって、しっかり咀嚼しながらお召し上がりを。でも、この咀嚼がすごく大切で、唾液の消化酵素が分泌され、栄養素がしっかり吸収されるようになります。また、満腹感も得られるのも嬉しいところ。

人参ジュースを飲むタイミングですが、食前がおすすめ。栄養の吸収が高まりますし、満腹になるので、その後の食事量が抑えられます。むしろ、朝食代わりにすると良いそう。

私はいつも朝食前に飲んでいます。その後、30分~1時間くらい時間を空けて、軽く朝食をとっています。

まとめ

以上、ミキサーやフードプロセッサーで作る人参ジュースの作り方をご紹介しました。

高価な低速ジューサーじゃなくても、少しの工夫で、酸化させることなく、そして、酵素も破壊することなく、効果的なジュースが作れます。ぜひ自宅にあるミキサーやフードプロセッサーで手軽に試してみてくださいね。

さて、私も夫も、今年で39歳。健康に不安を覚えるお年頃。いよいよ来たねー。さすがに現実から目を背けられず始めた人参ジュースです。でも、5分くらいであっという間にできるので、ずぼらな私でも、この4か月、毎日欠かさず続けられています。

人参ジュースで、夫も私も、目指せ、生き生き40代!

でも、健康って言ったら、アレもしなきゃねぇ・・。私のめちゃくちゃ苦手なやつ。

そう、運動・・。

スポンサーリンク

フォローする